FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.10.26 (Thu)

東北海道にいるもの

こんばんわ~
茶々です。

台風・・・ひどかったですね。
今週末も台風、来るのでしょうか?

10月26日

私の住んでいた東北海道は、松の実が子供の頃からそう変わっていない大自然がいっぱいです。
野生の動物たちもたくさん一緒に暮らしています。

雨降り後は虫がたくさん

代表的なところでは何と言っても丹頂さん。
日本の、北海道のタンチョウさんは渡りをしません。
一年中この北海道で暮らしています。
「鶴」というのは渡りをするものだけを言うそうで、
渡りをしない北海道のタンチョウは丹頂鶴ではなく
丹頂が正しいのだとバスガイドさんが教えてくれました。
 
ヒトの世界と同じで、独り身のタンチョウさんもいれば
仲良しカップルもいます。

カップルのタンチョウさん

雨が上がった後は、虫さん達をみつけやすいのでしょうか?
こうして道路わきの牧草地で出会います。


雌鹿さんたち

北海道から狼さんが絶滅したせいで生態系のバランスが崩れて
エゾシカさん達が増えすぎたという説があるそうです。

雄鹿さん

雄鹿さんはたまにしか会えませんが、
雌鹿さん達はけっこう頻繁に出会います。
北海道をドライブするときは一年を通して
鹿さん達に衝突しないように、気をつけましょう。

アメマスだかヒメマスもうようよ

阿寒川や阿寒湖にはアメマスだかヒメマスだかがうようよいて、
フライフィッシングの聖地とおっしゃる方も。

キツネもいる

一時期、観光客の与えるヒトの食べ物が原因で皮膚病が蔓延して
激減したキタキツネさん達、少し復活してきたようです。
可愛い!と言っておやつをあげないようにしましょう。
キツネを私のいる世界に送ってしまうことになります。
又、可愛いキツネさん、たまに恐ろしい寄生虫を持っていることもありますから、
近づかないで、頑張って生きていくんだよ、とそっと見送ってください。

ヒグマもいる

ヒグマさんもいます。
こちらはお会いする機会はめったにありませんが
(お会いしたくありませんが、)
アイヌ語で「キムンカムイ」と言って、山の神と言う意味だそうです。
ちなみに丹頂はサルルンカムイで湿原の神です。
松の実はヒグマが目撃されました~等のニュースを見るといつも
熊さんに「頑張って逃げるんだよ~絶対にヒトに見つかれないようにするんだよ」と言ってます。

可愛い柴もいる

可愛い柴わんこも東北海道の釧路という街にいます。

そして我が家には可愛い柴の仮面をかぶったライオンがいます。







お父さんが「梅ちゃん、ライオンになれるの。シュゴイネ!」と甘やかすので
ライオンになっている時間がだんだん増えてきている柴わんこです。




*キツネさんとヒグマさんの画像は松の実のお仕事先の個人利用が認められているサイトからお借りしたものです。
23:49  |  小梅  |  コメント(14)

Comment

茶々さん、丹頂、エゾジカ、ヒグマ、キタキツネ、・・・東北海道の動物せいぞろいですね。

先日、車両にシカがぶつかって、電車が遅れたという話を聞いて驚きました。そんな事態いにまでなっているとは。

おっと、東北海道に梅さんを忘れちゃだめですね。
久しぶりに、ライオンの声を聞くことができました。梅さん、絶対、若いですよ!うらやましい。
つま |  2017.10.27(金) 13:07 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
まだまだ東北海道を代表する生き物はいるんですよ~
蝦夷フクロウにシマフクロウ、エゾタヌキ、オオワシ、オジロワシ。野生じゃないけど、ホルスタインとドサンコも。
エゾシカと列車の衝突はけっこう頻繁です。
私も2度ほど、石勝線で遭遇したことがあります。
エゾシカと衝突したので、列車が遅れます・・・て
車内アナウンスが入って・・・
きっと鹿さん死んじゃったのだろう・・・と
乗客として乗っていて後ろめたい気分になりました。
梅、若いですか?
ありがとうございます。
父と二人いつまでこうやっているかな?と話します。
by 松の実
松の実 |  2017.10.27(金) 22:32 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々さん、小梅さん、早上好~

つい先日、テレビで「丹頂さんたちを追い払う」仕事をされている
男の方を見ました。
本当に,文字通り追い払うんですね。大声上げながら。
変な機械やロボットを使うより、ずっと理にかなったやり方だと思いました。

野生の動物たちがたくさん暮らす北の大地ですが
やはり私は今日の小梅さんの動画にくぎ付けです。

はなも全く同じ。しっぽぶんぶん振りながら
唸って、あれくれ~とアピール。
そして最後はお座り。ぴしっと。
あんまりそっくりでちょっとはなの奥がツンとしました。

主人がもし、小梅さんにお目にかかったら
本当に連れて帰っちゃうかもしれません。
emihana |  2017.10.28(土) 07:38 | URL |  【編集】

たたこさんちで会った時と 今回の動画では
大きさが随分違うように感じます。
気のせいか? ろーがんのせいか?

父上
雪割していた 背筋がピッとし
どこか 難しそうとの印象でしたが
どんどん変わって行きます。
もし 次会う機会があったら
私 ニヤニヤしてしまうかも。


つまさん 電車ではなく 汽車です。
JRの人が言ってました。
シカを片付けるのは 運転手と車掌で
慣れてもイヤだと。
シカは群で行動するから 家族のシカは
どんな気持ちになるんだろう
と 私は思いました。

先日 ツイッターで台湾の家庭の
常備薬的存在と言われているとい
白花油 が話題になっていたので買いました。
肩凝りにきくと書いてありましたが
ちっとも効きません
でも 頭痛には効くかも
こ |  2017.10.28(土) 15:38 | URL |  【編集】

梅さん すでに わがまま娘ですね(笑)
女子は多少わがままで良いと思います。
優しい女子だと ダメ男に ひっかかるから(笑)

こちら関東では 動物の進入でニュースになったのは
先日のスタンダードプードルの空港の脱走かな?
線路には絶対とは思えないけど フェンスあるから
踏切からじゃないと 入れないですね。
動物より ヒトの事故が ビックリするくらい多いですよ。
私が子供の頃には そんなに人身事故で止まる電車
無かったような気がする。
BOSS母 |  2017.10.28(土) 18:34 | URL |  【編集】

あ、こりゃまた失礼いたしました。
電車じゃなくて、汽車!
八高線もそうでした。
最近、新潟の在来線が、ステンレス車両になったのですが、どうしても南武線に見えてしまいます。

線路に侵入といえば、車?
雪が積もると、交差点と間違えてしまうようです。
こちらでも、人身事故増えてきました。
鹿も人も、せつないです。

つま |  2017.10.28(土) 20:28 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

emihanaさんへ
丹頂を追い払うのが仕事なのですか?
丹頂たち、自分たちは保護されているって
わかっているところもあるんですよ。
阿寒国際ツルセンターは冬季間、
200羽ほどのタンチョウがあつまりますが、
ここ数年白鳥も集まるのです。
エサの問題のと鳥インフルの問題で、
空砲を鳴らしたりして追い払うのですが、
丹頂たちはこの威嚇は自分たちに向けられたものではない、
と知っているかのように、
逃げて行かないそうです。
白鳥たちはばたばたと飛び去って行くようですが・・・
はなさんは茶々タイプの柴わんこさんかとおもっていましたら、
梅との共通点があったとは!
梅、連れていきます?
by 松の実



こさんへ
動画のほうが大きいですか?
あの時とそれほど変わっていませんよ。
少しだけ痩せたかもしれません。
父は梅にじっと見つめられるのが怖く、
又、ヒトの心を何とかして読み取ろうと
じっとひたすらじっと見つめる梅を不憫だと思っているのです。
で、絶対に叱りません。

そうそう、電車ではありませんね。
汽車です、最近汽車が通じない方が
たまにいらっしゃいます。
そうか・・・運転手さんも車掌さんも
それはイヤでしょうね。。
釧網線や花咲線だと、鹿や丹頂を避けるための
突然の減速ってけっこうあります。


「白花油」、私は使ってこと、ありません。
あれは、なんとなく「効く」気がする、っていう程度のものでは?
スーッとするからなんとなくすっきりしたような気分になる、
そういうものだと思っていました。
でも日本でも売っているんですね。
知りませんでした。
by 松の実


BOSS母さんへ
わがままなところと妙に物分かりの良いところと
二面性を持っていますね。
やはりもらいっこだからでしょうか?
ダメ男にひっかかる?
う~んそれも良いかもしれませんよ。
私はひっかかってみたかったかな?
優しくないからひっかかなかったのか?
人口密度低いので、
ヒトはあまり列車とぶつかりません。
釧網線や花咲線の運転手さんはお気の毒です。
頻繁に鹿やら丹頂が出てきますので。
by 松の実



つまさんへ
電車ではありません。
汽車です。
お客様のお問合せに「汽車で」と言うと、
「えt?」聞き返されることが多いです。
「電車じゃないの?」と聞かれて「違います、まだ電車ではありません」と言うと「???」と困惑されている雰囲気がわかります。
都会の方には「汽車」って何?っていうくらいに珍しいものなのでしょうか?
人身事故はそうそう起きていないと思います。
冬になると釧網線の線路上で丹頂が散歩していることもあり、
特別天然記念物のタンチョウ様に自らどいていただくまで汽車は停車します。
by松の実
松の実 |  2017.10.29(日) 00:46 | URL |  【編集】

東北海道にいるもの・・・で
一番会いたいのは
小梅ちゃ~ん!

お父様の「しゅごいね!」となってしまう
言葉遣いよくわかります(^^)

小梅ライオン、最強!無敵!
こたつ |  2017.10.29(日) 02:20 | URL |  【編集】

丹頂、エゾシカ、キタキツネそしてヒグマ。
人間の勝手で増えたり減ったり・・・。ヒグマの
ニュースを見るたびに、私も人間に見つからず
山へ逃げて!と思います。

ライオンに変身する小梅さん。こんなライオン
ならば我が家にもいて欲しいです。お父様の
「シュゴイネ!」と言ってしまうお気持ちが
わかります。どんどん松の実さんの家の子に
なっている小梅さんですね。
黒松の姉 |  2017.10.29(日) 21:41 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

こたつさんへ
では、ぜひ、東北海道へお越しくださいませ。
梅がお出迎えいたします。
「ヒトが変わる」のはおばさんや、おばあちゃんより、
おじいちゃんのほうが激しいかもしれません。
私には一切いわゆる幼児語や赤ちゃん言葉を使わなかった父がです。
梅、吠える犬は怖くない、の言葉通り、
物凄いビビりなんです。
なので、最強でも無敵でもないのです。
無敵で最強なのは家の中だけ。
by 松の実


黒松のお姉さんへ
もともと北海道はアイヌとヒグマをはじめとする
野生動物のものだったのに・・・
和人が入ってきて荒らしまくってしまいました。
梅は何かと言うとすぐ吠える、唸るのです。
でもものすご~いビビりでして、
吠える犬ほど怖くない、の言葉の見本のようなわんこです。
足を拭くと唸り、顔をきれいにしようね、
と言うと、ライオンになり、タオルに食らいついてきます。
吠えて唸るけどお話はしません。
たまにいますよね、ゴニョゴニョ、うにゃうにゃいうわんこ。
梅も何かおしゃべりすると良いのに~と思うのです、
11月は又梅にとって落ち着かない月となりそうです。
by 松の実
松の実 |  2017.10.30(月) 22:43 | URL |  【編集】

ご無沙汰しております。
梅さんの菩薩のようなお顔に、
毎回とても癒されております。
動物に対して「でしゅね」言葉になるのは、
中高年男性が多い気がしませんか?
女性は意外とならないような…。
男性の方が「愛玩心」が強いのでしょうか。

私もメディアで野生動物出現、遭遇などの報道があると、
同じことを思います。
早く逃げろ!ヒトに近づくな!
できることなら食べる物がたくさんある、
ヒトがいっさい足を踏み入れない場所で、
一生を過ごしてほしい。
ヒトと遭遇しても、
動物の側には良いことなんて一つもないですから。

先日、静岡県の伊東というところへ行きましたら、
道の駅で「伊豆鹿丼」というのがあり、
松の実さんのジビエの話を思い出しました。
伊豆エリアは鹿が多く、
その肉を使った料理を出す店が結構あるようです。
鹿肉といえば蝦夷鹿、というイメージでしたが。

ちょうど食後だったので、
伊豆鹿丼は食べませんでしたが、
いずれにしても店は厳選しないと危険ですよね~。
松の実さん太鼓判の釧路のレストラン、
早く行ってみたいなあと伊東で思ったのでした。

さと |  2017.11.01(水) 19:44 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

さとさんへ
お久しぶりです、
お返事が遅くなり大変失礼いたしました。
自分のブログにつながらなくなる、
かの国に出張に行っておりました。
梅の顔が菩薩?
あの~今回の梅のライオン振りをご覧いただけていないのでしょうか?
梅、飼い主バカで、それなりに整った顔立ちだと思いますが、・・・
菩薩のようだとは・・・
どちらかと言うか堕天使とか・・・
伊東の鹿さんたちは、
ヒトと共生できる範囲の頭数を維持しているのでしょうか?
北海道はエゾシカが増えて過ぎてしまっての、
鹿肉を食べましょうキャンペーンなんですね・・・
単に駆除ではなく、いただきましょう。。。と。
静岡、かの国では旅行先として、認知度抜群で、
どこの旅行会社もキャンペーンを張っていました。
静岡空港を何としても維持しなくてはならない静岡県がかなりお金をかけて
かの国からの誘致に本腰を入れているようです。
おっしゃるとおり、何故か幼児語になるのは
中年以降の男性に多いと思います。
女性はその点は冷めていますよね。
エゾシカ、食べに来てください!
by 松の実
松の実 |  2017.11.05(日) 20:08 | URL |  【編集】

え~っと、、この中で食べたことのあるものはエゾジカだけかな?
ヒグマはトマト煮とか大和煮になって売っていませんね?
アザラシはみやげ物店で売っていますよね?
エゾジカの串焼き美味しかった~
女将さんはお元気でしょうか?
梅さん、ライオンになるの?
ウチのましろは飼い主の顔色を読んだり先を読んだりします。
そういう時「ああ、保護犬なんだな・・・」と思います。
まいるのように飼い主のようにわが道を行く!ふてぶてしさは
ましろにはないのです。
梅さん、宿題は出来そうですか?
ハイジ |  2017.11.07(火) 17:14 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
ヒグマはトマト煮になっていませんが、
中国の人は熊さんの右手だか、左手だったか、
エサをよくつかむ手が美味しいと言うと聞いたことがあります。
試してみたいとは思いませんが。
女将さん、元気だと思いますよ。
是非、又行ってあげてください。
梅はひたすらじっと顔を見て、
ヒトの気持ちを探ろうとします。
が、彼女はふてぶてしさは持ち合わせていないかもしれませんが、
大胆さは持っていると思います。
大体もらいっこなのに、ライオンになって飼い主に吠えかかる・・・・
美味しものをよこせとテーブルに足をかける、
食べているヒトの手に邪魔をする・・・
これを大胆不敵と言わずとして何と言いましょう?
宿題はできそうにもありません。
彼女は追いだされないように、
この家のルール(そんなものはないとも言えますが)を
遵守しようとは思わないようです。
どこまでも茶々とは正反対。
これぞ正反対のわんこと暮らす醍醐味?
by 松の実
松の実 |  2017.11.08(水) 22:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |