FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.12.11 (Mon)

チャンレジャー

こんばんわ~
茶々です。

東北海道の冬はこんな風に青い空と白い雪と氷が売り物なのに・・・・


つららがきれい~

昨日はどんより鉛色の空から、
重たいみぞれが降り注ぎ、
すぐに雨に変わってしまいました。

雪を食す

ずぶずぶと雨をいっぱい含んだ雪道の散歩は疲れます。
梅も疲れたのか庭に着いて、雪をぱくぱく~
嘘でしょう?!
お家でお水を飲めば良いじゃない!!汚~い!!!

あっ、梅の顔がいつにも増して変な顔ですが、
みぞれで濡れてしまったからです。
決して、松の実に「汚~い」と言われたのを不服に思っている顔ではありません、
と思います。


さて、松の実は、2週間ほどの間に4泊5日の日程で台北に2度行ってきました。
1度目は出張でした。帰ってきて3日出勤して今度は有給休暇で
「また、行ってきま~す」と台北へ。

2度目は釧路日台親善協会の会員として、
阿寒湖のまりも(特別天然記念物)が台北市の台湾国立博物館で
展示されるその開始式に出席のためでした。

台湾国立博物館のまりも

小ぶりなまりもが10個、コロコロ~ぷかぷか~
このうち3個は、この日のうちに台北市動物園に移されそちらでも展示開始となりました。

松の実は会員として、粗品配布などのお手伝い。
粗品には、ベタではありますが、懐かしい「まりも羊羹」が入っていました。
台湾人の方の多くは、「これもああやって水に入れとくの?」と聞いてきました。
そして日本おば様方の団体は「まりも羊羹?昔食べたことあるわ~」と。
まりも羊羹、ご存知ですか?
楊枝でプチっと刺していただきます。

いつもは一人旅の松の実の台北ですが、
今回は数少ない松の実のお友達の一人、そみさんと一緒でした。
そみさんにとっては初めての台北。
松の実も張り切って松の実のいつもの行動範囲をご案内。

キンモクセイ

公園で開花前のキンモクセイをみつけて、
とても喜んでいた埼玉出身のそみさん。
続けて、山茶花に椿にも歓声をあげていました。
キンモクセイも山茶花も椿も北海道にはありませんからね・・・

けっこう肌寒く感じる台北でしたが、
やっぱりこんな花をつけた木があちらこちらに。

DSC_6263.jpg

若い頃は台北に住み、何度も台北を訪れながら、
タピオカミルクティー(珍珠奶茶)は飲んだことがなかった松の実。
日本でも一時流行ったらしいタピオカミルクティ-、今回初めて
そみさんと、釧路日台親善協会のおじさまお二人といただきました。

taipioka茶

寒かったので一人ホットをオーダー。
甘い甘いミルクティの底にタピオカがたんまり沈んでいました。
なかなか美味しかったそうです。

高尚、且つ知的欲求の高いそみさん。
食においてもかなりチャレンジャーでした。

松の実がその存在は知っていたけれど、
臭豆腐は食べれてもそれは無理!といまだかつて口にしたことのないものを
いとも簡単に何の抵抗も口していたそみさんでした。

一日目~
豚の新鮮な血をもち米とともに蒸した猪血餅。

猪血餅

確かに臭みもなく、何のことはないものだった・・・とは松の実の感想。

2日目~
フードコートで、今度は豚の新鮮な血だけを固めてスープに浮かべた猪血湯。
お店の方が「大丈夫か?食べられるか?」と2度ほど聞いていました。
そみさん「OK」、そして完食。
そみさん、えらい!
次は絶対に臭豆腐を食べましょう!

猪血湯

猪血餅に猪血湯、食べてみたいと思う方、
是非、一緒に台北に行きましょう、と松の実が言っております。

そして、明日の今頃は誰かさんと二人忘年会だそうです。

最後はひと月ほど前に、松の実の職場近くで、
ひたすら泣いていたにゃんこさん。
とても人慣れしていたので、道に迷ってお家に帰れなくなって泣いていたのでしょうか?



今は温かいお家でのんびりしていますように。
23:19  |  その他  |  コメント(8)

Comment

雪を食べる小梅さん、濡れた顔は柴犬あるある
ですね。何とも言えない感じになります(^^)

まりも羊羹、私も子供の頃よく頂きました。
懐かしい~。名前は知りませんでした・・・。

台湾に一緒にいらしたご友人は本当に
チャレンジャーですね(笑)食べようと思う
だけでなく、食べきるのがすごいです。

路上で見かけた猫、寒い時期だけに家に
辿り着けたが気になります。
黒松の姉 |  2017.12.12(火) 21:58 | URL |  【編集】

小梅さん、なんともお気の毒です。そんな雪は、釧路の雪ではないですね。新潟の雪です。
そういえば、ぶうたも、最初の冬に、雪を食べてびっくりでした。散歩しながら、パクパクパクパクと。庭の雪ならまだしも、道路の雪を・・・。初めてだから~と思ったら、翌年も、その翌年も!あれ?今年はまだ食べてません。

まりも羊かんといえば、ぴゅ~っと、はじけてどこかへ飛んでいったこと数知れずです。今は違うのですね。苦労して食べました。

松の実さんが驚かれるチャレンジャーとは!
それは楽しい台湾でしたね。

最後の猫ちゃん、、、あぁ~再生しないでおきました。涙。
つま |  2017.12.12(火) 23:32 | URL |  【編集】

つらら、、、小さい頃
青森県八戸市で育った私には
なつかしい映像です!
朝 両親が つららを 折ってからじゃないと
家から出られませんでした。
あ、家? アパートだったなあ~(笑)
最近は 建築資材が良くなったので 
つらら 出来ないのだと 教わりました。
越後のお姉様に~(笑)

台北は大好きな都市です。
また 温泉に浸かりたい~!
いつか 熱海温泉 って 看板のホテルに
泊まりたい(笑)
BOSS母 |  2017.12.12(火) 23:41 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々さん、小梅さん
早上好~

小梅さんの濡れそぼった眉間。
すごく懐かしい!
ごしごしタオルで拭くと、犬の匂いがするんですよね。
思い出しました。

ミシガンのとき、我が家の軒下に下がったつららは
一番大きいので、1メートル以上あって、それが夜中に
どさっと下の雪の上に落下する音は初め何だかわからず不気味でした。

「猪血湯」だなんて・・・
私、ニョロもワニもカエルも平気ですが
やだ~!レバーが苦手だからでしょうか。
無理だと思います。あ、臭豆腐は食べられましたよ。

こちらも冷えた朝ですが、2月の釧路を思い
気を引き締めております(笑)
emihana |  2017.12.13(水) 08:20 | URL |  【編集】

チャレンジャーですね!
私は 漢字を見ただけで パスする物が多かった。
寒い北海道を脱出して 暖かい台北へ行くから、と 張り切って薄着にしました。ホテルの設定温度を上げようとしたけど 全然上がらずに 1月の台北は寒かった。初心者の感想です。
でも雪景色から一変の 色とりどりのお花 雑草さえイキイキとした緑には 見とれてました。

まりも羊羹は懐かしいですね。子供の頃の お土産の定番でした。
今や ホッケの開きや 牡蠣を直送してもらうのが 一番の贅沢になりました。
三匹の母 |  2017.12.13(水) 08:23 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

黒松のお姉さんへ
そう、柴犬あるあるですね~
そして、タオルでごしごしすると、
emnihanaさんがコメントくださったように
わんこの匂いがします。
私は昔のセーターの匂いと感じていました。
まりも羊羹は一体いつ頃からあるのでしょう?
私が子供の頃にはありました。
食べて美味しいとは思いませんでしたが、
あの、プチっと刺すのが楽しかったのです。
そみさん、ちゃんと食べるのは本当に偉い!と
感心いたしました。
お料理好きなので、好奇心が勝って食べられるのかもしれません。
by 松の実


つまさんへ
おっしゃる通りです。
この雪は東北海道のものではありません。
ただ、12月初旬で、すでに根雪?と思わせるような降雪量そのものが
今年は異常です。
年越しに積雪ゼロも珍しくない釧路です。
そうそう、昔のまりも羊羹、あのビニールの皮の
はじけるスピードが速く、羊羹を落としてしまうことが度々ありました。
最近のは、あのビニールの皮が昔と比べると
ゆっくり~じんわりはがれていきますので、
昔のようにびゅ~っと飛んで行ってしまうとか、
ボタっと落とすことも少なくなりました。
一人旅では味わえない経験をさせてもらいました。
by 松の実



BOSS母さんへ
そうですね~軒下は危険なものでした。
グズグズにしないですぐに入る、すぐに出る、と
言われていました。
建築資材でつららができる、できない、が決まるのですか?
我が家はつらら出来ますよ~
もっとも安い建売ですからね。
雪を食べる梅をキタナイ、と書きましたが、
うんと子供の頃つららを舐めて遊んでいました。
キタナイ・・
by 松の実


emihanaさんへ
emnihanaさんがニョロもカエルもOKなのは存じておりますが、
今回、ニョロもワニもカエルもOKとされたのは
食材としてのこれらがOKということでしょうか?
ブルブル~
私は見るのも食べるのもNGです。
ワニ肉は重篤なアレルギーを持った方の
強い味方だと聞いたことがあります。
猪血湯とニョロの肉、どちらをとるか?
猪肉湯でしょうか?
つぶした豚さんのすべてをいただく、
とても大切なことだと思います。
臭豆腐、大陸にもあるのですね。
あれは下手に距離があるほうが臭く感じます。
近くによってしまえばそれほど気にならない・・・
口に入れてしまっては、あの匂いも感じず、
深い味わいの豆腐料理というイメージです。
濡れたわんこは昔の母が編んでくれた
古毛糸のセーターの匂いでした。
by 松の実



三匹のお母さんへ
「血」という字が入っていると
ハードルが高いですよね。
余すところなく、血までも料理されたら、
つぶされた豚さんも心置きなく成仏できることでしょう。
台北の冬は、じ~んと寒いのです。
いつでも、どこでも寒くて温まる場所がないので、
北海道人のように温かな屋内に慣れている人間には
つらいところがありますね。
11月~2月の台北行きにはホッカイロや厚手の靴下は必須アイテムです。
次回は3月から5月くらいにいらしゃってください。
過ごしやすい頃だと思います。
by 松の実
松の実 |  2017.12.15(金) 00:24 | URL |  【編集】

ああ、もう台北での日々は10日も前の事となってしまったのですね!
松の実さんのおかげで台北の5日間満喫しまくりました!本当にありがとうございました。

私はいのしし年ですし、昔、羊の血のプディングを食べて免疫ができていたので大丈夫でした!そんなにフードコートの女性が心配して聞いてくれていたんですか!笑
私は豆花のデザートが忘れられません~
麹のデザート、食べられなくて残念でした。次回は目的達成できますように。

滞在中一緒だった親善協会の皆様は、本当に気が利いてフレンドリーで素晴らしいと思いました。

地下街を一駅分?着物で歩く松の実さんを必死に追うという出来事も忘れられないと思います!

あちこち話が飛びましたが、書き足りない位です。
ぜひまた、機会を狙っていきたいと思います。
そみ |  2017.12.15(金) 21:19 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

そみさんへ
ホント、もう半月前の話なんですよね~
私は、今年の海外行がすべて終了したので、
この時とばかり、パスポートの更新手続き中です。
あと半年の有効期限だったので。
私も初めてのお友達との台北、
いろいろと新しい発見があり、
とても楽しく有意義にすごせました。
ありがとうございました。
心残りは、そみさんに臭豆腐を食べ頂く機会を作れなかったことです。
豆花は、けっこう市内で美味しいと言われるところが何か所かあります。
次回是非、又試してみてください。
あの日歩いたのは結局は、ダラダラと台北駅から歩き始めたので、
3駅分歩いたことになります。
台北→中山→雙連→民権東路です。
せっかく着物だったのだから、
もっとゆっくり見せびらかしながら歩くと良かった?
by 松の実

松の実 |  2017.12.16(土) 19:40 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |