FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.03.05 (Mon)

初めてのバードツアー

こんばんわ~
茶々です。

chachadesu~

随分と古い画像ですが、先日の吹雪で
庭にはこのくらいの雪が積もりました。

onakamakkro.jpg

物置への道をつける前に、降った雪がガチガチに凍って、
梅がのっかっても、松の実がのっかっても、大丈夫です。
日中はプラス気温。
道路がビチョビチョで、
散歩をすると梅のお腹は真っ黒に。
足元の黒い模様は、梅がここで伏せをしたので、
お腹の汚れが付いたのです。
松の実はどうせなら、ゴロゴロすりすりして
泥を全部落としてくれると良いのに…と言っています。

ohinasamnohi.jpg

お雛様の日の昼食です。
出来合いのちらし寿司と桜餅です。
自分では鮓飯が作れない松の実は、
出来合いのもので十分満足しています。


飛んでいく

emihanaさんご夫妻が釧路に「再見!」した翌日、
松の実の勤め先が関係者を対象に「初めてのバードウォッチング」と称しての
モニターツアーを実施し、松の実も参加しました。

飛んでいく2

8時半にタンチョウのねぐらを観察できる音羽橋→伊藤タンチョウサンクチュアリ→カヌー体験→
細岡大観望→村田公園、と言うスケジュールをS氏のガイドで周るというものでした。

tondeiku3.jpg

音羽橋では、丹頂が次々と給餌場に向かって飛んでいく姿を
観察することができました。
画像は松の実がスマホで撮ったものです。


この日一日で見ることのできた鳥は、丹頂・オオワシ・オジロワシ・ノスリ・カラス・
アオジ・アカゲラ・オオアカゲラ・シジュウカラ・シマエナガ・マガモ・ホウジロガモ・
トビ・ヒガラ・ハシブトカラ・ヒヨドリ・ドバト・クロヅル・カワアイサ・ゴジュウカラ等
23種類でした。(あと4種類ほど思い出せない松の実です)

タンチョウ以外の鳥さんを撮ろうなどと、
無駄なことは思わなかった松の実、
画像は丹頂だけです。
他の参加者の方々もやはり他の鳥さん達を撮るのは、
スマホでは、ムリがあったようです。
松の実はバートウォッチングに興味があるわけではありませんが、
それでもやはり、いろんな鳥さんに出会えるのは楽しいことでした。

ハイジさん、羨ましいでしょう?と松の実が申しております。


hinatabokkodeneru.jpg

梅はバードウォッチングに興味はないようです。
私は庭にカラスが鳩が来ると追い払っておりましたが、
梅は気にしないようです。

彼女のお昼寝を妨げる存在でなければ
どうでもよいのでしょう。

mizutamari.jpg

大雪の2日後、少し気温が下がった朝の水たまりの氷です。
氷がこんな風な模様を描くのって面白いですよね。


ここはわんこブログでしょう?
鳥の話には興味ないわ!という方は梅の動画を
ご覧くださいませ。






自分ではドアを開けられなくて、
松の実に開けるようにアピールしていた梅ですが、
最近、自分で開けることを覚えてしまいました。
ヒトがやってくれないなら、
自分で何とかするのみ!の梅、
なかなか良い根性していると思います。
00:10  |  東北海道  |  コメント(12)

Comment

こちらも、雪がとけて、乾いていても足の裏が真っ黒です。
あれ?梅さんは足長なのになぜ?
それと、黒いというよりは茶色ぽくないですか?
こちらは、路肩の雪も、本当に真っ黒になってます。

丹頂の翼の先の、、、指?じゃなくて、、、
でも手のひらのように見えるところまで、くっきりと~美しいお写真ですね。スマホでもこれだけ撮れるなんてすごいです。タンチョウは、モデルのように飛んでくれるのでしょうか。

ところで、小梅さん。ドアを開けて~の、ノックが、なまら賢いですね。ガリガリとやみくもでなく、まさしくノックですね!
いまや、ノックをやめて自力で開けられるのですね。これは、ちょっと困ったことになりはしませんか。次は、閉めるの会得していただきましょう。
つま |  2018.03.05(月) 23:28 | URL |  【編集】

今持ち歩いているコンパクトカメラは
かなりの望遠がきくので
遠くの方に居る姿も 捉えることができます
その分 ターゲットを絞り込むのには
コツが要るようですが…
鳥撮りは 難しいですが 楽しいですよね

梅さん おうちの中でのバリアフリーエリアが
どんどん増えてきたのでしょうね
橋ちゃんが マズルで引き戸を開けて
宗さんと連れ立って出て行ったのを
思い出していました(^^)
かりん |  2018.03.06(火) 07:14 | URL |  【編集】

梅さん すごい! 賢い !
さすが 松の実家のワンコさん達は
レベルが違います。
我が家小型犬なので 歴代ワンコ達が付けた 茶色のドアに縦に伸びる何本もの白い筋。記念に残してあります。

よく聞くバーダーさんには 垂涎のツアーでしょう。真冬だからこそのツアーでしょうか。
emihanaご夫妻の宿。満室で諦めた宿でした。佐呂間と阿寒の ◯雅の宿にしましたが 今イチでした。
鳥さんとこの宿がセットなら そして釧路のご馳走があるなら‥‥‥
欲を言えば 流氷ソフトもあるなら
一番に手を挙げたいと思いました。
三匹の母 |  2018.03.06(火) 10:49 | URL |  【編集】

先日は有難うございましたm(_ _)m
ドアを開ける梅ちゃん、さすが賢い♪
末っ子は上の子を見て要領が良くなると聞きますが、梅ちゃん、松の実お姉ちゃんを読んでる(^-^)!?それとも茶々お姉ちゃんからの陰の声が聞こえてるのかな!?
クロ |  2018.03.06(火) 12:04 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々さん、小梅さん、ネイホウ。

スマホで撮られたんですか?
凄いですね。
私はタンチョウさん、うまく撮れませんでした。
景色なんかは素晴らしく撮れたんですけど。
それにしても、鳥の種類の多さ。
ハイジさん、地団駄踏むんじゃないでしょうか。

梅さん、賢いです。
なんて言うのか、実地に強いタイプですね。
臨機応変、状況判断ができる。

ただ、うちのお父さんに動画を見せたら
「何ですぐに開けてあげないのかー!」と言うはず。
甘やかして子供の可能性潰すタイプですね、こっちは(笑)
emihana |  2018.03.06(火) 17:57 | URL |  【編集】

すっごーーーーい!!
梅ちゃん!!!
自分でドアを開けることを学んだ!!!
賢い子だよ~

我が家の居間のドアは傷だらけだよ(-_-;)
ヒメの跡でさー(笑)
今は新たに亜斗夢が傷を付けてます。。。

ボビーまま |  2018.03.06(火) 21:41 | URL |  【編集】

丹頂の写真、スマホで撮っているとは
思えないです。羽を広げた姿がとても
美しいです。朝の水たまりの氷、とても
不思議な模様となって、抽象画みたいですね。

小梅さん、ドアを開けてくださいとお願い
する顔が可愛くて・・・私ならすぐに「はい、はい」
と言って手を貸してしまいそうです。私も↑
甘やかして子供の才能を潰すタイプです(笑)
賢い小梅さんは、もうドアを開ける技を
習得したのですね。次は何を?楽しみです。
黒松の姉 |  2018.03.06(火) 21:57 | URL |  【編集】

う・ら・ま・や・しぃ、羨ましい!
タンチョウの2枚目のお写真、風切羽が美しく撮れていますね。
Sさんのツアーだと鳥見三昧だったことでしょうね。
朝8時半に音羽橋だとお食事を終えたタンチョウさんたちを見る。
と言うことでしょうか?
あぁ、音羽橋でごっちゃり居たタンチョウさんたちを思うと
今すぐにでも飛んで行きたいです。
今日、カード会社から届いた冊子が釧路を特集していました。
釧路湿原、カヌーツアー、トレッキング、鶴居村の安藤さんのガイドです。
ヒッコリーウィンド、オーベルジュSoRa、フレンチのガストーラさん、
炉端は煉瓦さんでした。
次回はお土産に『摩周湖の夕日』を買って帰りますわ。

梅さん、賢い!
ドアをご自分で開けられるなんて凄い!
家はドアノブなのでましろは開けられません。
レバーだと開けられるのかしら?
いんや、きっとましろは開けられないでしょう。
ハイジ |  2018.03.06(火) 22:03 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
梅は茶々より足長ですが、
いかんせん日本犬、柴ですから・・・
それにまだ9歳の梅は元気よく
タッタタッタと足をリズミカルに運ぶので
泥も砂も撥ねるのです。
音羽橋の丹頂は、ごはんを食べに行くことに夢中なので、
人がいてもお構いなしに頭上を飛んでいきます。
モデルのようとはいきませんが、
距離は近いと思いますよ。
梅は基本的に自分のことしか考えていないワンコなので、
ドアを閉める、と言う発想は絶対に
ありえないでしょう。
居間にいて、ドアが開いていて「寒い!」思いをしたら、
閉めることも考えるかもしれません。
by 松の実



かりんさんへ
スマホでもかなりの倍率で望遠となるのですが、
ピントをしっかり合わせてうまく撮るのは
至難の技です。
出来上がった画像がいかにもわざとらしいか、
ボワボワにピントがずれている・・・
梅は自分で道を切り開くタイプのようです。
橋ちゃんもそのタイプで、
兄貴分の宗さんがちゃっかり後をついていっていたのでしょうか?
大阪は梅が咲いているんですね。
釧路は気温は少しずつ高くなってはいますが、
まだまだマイナス気温の朝です。
by 松の実



三匹のお母さんへ
梅、すごいですよね。
ここでドアを自分で開けたら
怒られるかもしれないとは、
全く想像しないようです。
こういう時、茶々はひたすらじっと
お願いの視線をヒトに送るのみだったのです。
茶々は自分のお願いが拒否されることは
あり得ないという自信があったのかもしれません。
阿寒湖そのものを楽しむにはやはりあのホテルは良いと思います。
流氷ソフト!美味しいですよね。
あそこに連れて行った外国のお客様すべて、
一番印象に残ったのはあのソフト、と言います。
by 松の実



クロさんへ
こちらこそ、お忙しい中お付き合いいただき
ありがとうございました。
茶々は囁いていないと思います。
茶々は、こういう時、ひたすらじっとヒトの顔を見て
「開けてください」と無言の圧力を
かけていました。
茶々の静かな無言の圧力はすべてに優先され、
茶々も自分のお願いが拒否されることは
ありえないと信じているようでした。
なので、自分で何とかする!なんてことを
梅には囁きませんね。
やはりこれは梅の性格或いはこの1~2年の環境の所以でしょう。
by 松の実


松の実 |  2018.03.06(火) 22:30 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

emihanaさんへ
「何ですぐに開けてあげないのかー!」?
もちろん、梅の可愛いカシカシというノック音を聞くため、
振り返って「ドア、開けてくださいな」という顔を見るためです。
可愛い顔を飼い主に見せることよりも、
早く居間に入ることを優先させた梅ではありますが・・・
2個目の動画の後、何故か私の苦手な
ニョロが出るのは私だけでしょうか?
もう自分のブログなのに、
自分で貼った動画が見られな~い。
そうなんです~
頭上を飛んでいくので、スマホで撮れました。
他の鳥は全くダメでしたが。
鳥のように動きのあるものをうまく撮るのは
相応の年数やら技術が必要なのかもしれません。
by松の実



ボビーままさんへ
いつものことですが、なかなか冬は終わらないですね。
梅、学習することはできるようです、
ただし、自分のためだけですが。
ヒメさんなら悠々と開けられそうですね。
亜斗夢さんはジャンプでもしないと・・・
茶々は、ヒトが自分のために開けてくれるものを信じていました。
でも、今、ふと思ったのですが、
茶々は足が短かかったんで、
はなから届かないとあきらめていたのかもしれません。
賢い子だったので。
by松の実


黒松のお姉さんへ
氷、きれいですよね~
いつもいつもこういう模様を描くわけでもなく・・・
私もすぐにドアを開けてあげますよ。
ただし、梅の可愛い、カシカシとなるノックと
開けてくださいな~という可愛い顔を見てからですが。
梅・・・そろそろお家でシッコを自分のために
学習してほしいです。
タンチョウは頭上を飛んでいくので、
バシャバシャと撮っていたら、
何枚かは良いのがありました。
ワンコもですが、動くものは難しいですよね。
by 松の実


ハイジさんへ
これは、S氏のツアーではなく、
当協会が企画したツアーで、ガイドをS氏にお願いしたのです。
これが商品として成り立つかどうか、
商品化するにはどこを改善していく必要があるか?等を
これから話し合っていくところなんです。
次の冬、もし商品になっていたら、
ハイジさんお客様になってくださいね。
8:30頃の音羽橋、
あの日の出の幻想的な丹頂ではありませんが、
さ~これから給餌場に行くぞ~と飛び立ていくようです。
なので、鶴見台方面にいく家族、
おそらくサンクチュアリに行くであろう家族、と
方向が3方向くらいに分かれてとんでいきます。
安藤さんのガイド、一度経験してみたいものです。
摩周湖の夕日ってマンゴーのことだったのですね。
高そう~
私は台湾のマンゴーで十分です。
by 松の実
松の実 |  2018.03.06(火) 23:44 | URL |  【編集】

あれ?
摩周湖の夕日って いつか松の実さんが
お土産でもってきれくれたのじゃないんですか?
小さい箱に入ったやつ。
あれ パッケージも味もとっても上品でした。

釧路の商品は 中身は素材が良いから
美味しいのはもちろんですが、
パッケージも色々考えているな~と
思ってます。
もっと浸透してもいいんじゃないかと
も思います。

私は、鳥にはあまり興味がなく
羨ましいとは思いませんが
ハイジさんにくっついて 札幌江別の
フクロウがいると思われるところに行った
ときは  ハイジさんの後ろをただただ
静かについていっただけですが、あの時は
こんな自然がそばにいあるっていいなと
フクロウみたいな と単純に思いました。
一人だったら絶対ない 時間をもてたのは
いまでもハイジさんに感謝しちょります。
だから 丹頂の給餌場? なんとかセンター?
のバズーカ砲の列には ちょっとひきました。
すんません 連れて行ってもらったのに~

梅さん
ちょっと おまぬけなところが好きって
いってごめんなさい。
訂正して
おまぬけそうな お顔が好きです。
またいつか リードを持ちたいです。
そして 2人で おまぬけな私と
おまぬけそうなお顔の梅さんとでお散歩
してください。
こ |  2018.03.08(木) 08:43 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

こさんへ
それは・・・単に釧路の「夕日まんじゅう」ではないでしょうか?
オレンジ色の?
摩周湖の夕日、弟子屈町で栽培を始めた
マンゴーの事だと思うのですが。
釧路のお菓子、美味しいです。
でもパッケージはどうでしょうか?
やはりパッケージは六〇亭にかないません。
北海道開拓150周年記念のお菓子のパッケージもさすが、
と思わせてくれました。
私も鳥見にはあまり興味はありませんが、
先日のようにちょっとしたガイドのアドバイスと
手助けがあると、自分でも鳥をみつけられるんだと
それなりに楽しかったです。
こさん、いいんですよ、ムリしなくて。
梅は間抜けな顔なんですから。
そして性格も愛すべきお間抜けです。
by 松の実
松の実 |  2018.03.08(木) 23:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |