FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.05.13 (Sun)

初LCC

こんばんわ~
茶々です。
ゴールデンウィークも終わり、
けだるい気分の1週間も終わり、明日からまた新しい1週間が始まります。

ゴールデンウィークも終わった

3泊4日の国内出張と2泊4日の上海行で、
ヘトヘトになった松の実でした。

移動、観光商談会、そして移動、又商談会の繰り返しで、
仕事の後にどこかに出かける気力もなかった松の実ですが、
最終日の東京でホテル近くをお散歩している際に見つけたのが
下の画像です。

enishida.jpg

これ、エニシダですよね?
以前にもここに松の実が書きましたが、
子供の頃から松の実の憧れの花です。
我が家のお庭にもありましたが、お父さんが枯らしてしまいました。
エニシダを好きになるきっかけとなった漫画の中のように、
まるで木のようになったエニシダを見つけました。
雨上がりだったら、まるで漫画そのようものだったのに、と
思った松の実でした。
ちなみに漫画とは太刀掛秀子さんの「ほろほろ花の散る中で」です。
ずーっと以前、同じようなことを書いた時に
あの頃コメントを下さっていたeikoさんが教えてくださいました。

出張から帰った翌日、松の実初めての経験、
LCCで新千歳空港から上海に飛びました。

ボーディングブリッジではなく歩いて機内に入り横を見ると、
懐かしの中華航空です。
当然のことながらちゃんとボーディングブリッジです。

横はCI

松の実はアレヨアレヨと言う間に急成長した中国のLCC春秋航空です。

私は春秋

LCC,しかも中国大陸の航空会社ということで、
かなりドキドキの松の実でしが、春秋航空、大昔の中華航空のようで
なかなか良かったそうです。
ちょっと迫力のある女性客室乗務員とは正反対に
イケメンの若い男性客室乗務員がにこやかに
乗務にあたるところなどそっくり~だったとか。
面白いなと思ったのが、機内アナウンスで、席を離れている際に乱気流にあったら、
すぐにどこかにつかまるように、と具体的に指示をしていたこと。
最近の航空会社は、乗務員の安全を確保するあまり、
ほんのちょっとの揺れでも「機長からの指示により私共客室乗務員も
着席いたします。ご自身で安全ベルトを確認してください」なんて
保安要員としての役割を放棄しているよう。
もっとも今の客乗は昔と比べると薄給だから、
仕方がないのでしょうねー。
春秋の名物となっているそうですが、
フライトの真ん中くらいで突然、
体操が始まるのも面白かった!
エコノミー症候群予防のためでしょうが、
いきなり音楽がかかって男性クルーがお手本を示しつつ体操って
笑えますよね。
本当は写真を撮りたかった松の実ですが、
松の実の席があまりにも客乗のお兄さんに近すぎて、
パチリとする勇気がなかったそうです。
出張の疲れで、ひたすら寝ていた松の実を
わざわざ起こして「食事は?」と聞く、
「いらない」と答えると「では、飲み物は?」と聞く、
それもいらないと答えると「どうして?何も食べず何も飲まず、
お腹もすくし、のどが渇くだろう!?」と余計な心配をしてくれるところも
昔の中華航空のようだったそうで、
機会があったら又乗ってみたい春秋航空となったようです。

LCC.jpg

上海から新千歳空港へは成田経由でこちらのLCC。
こちらはできるならもう乗りたくないそうです。
LCCっていろんな意味で、体力と気力がある人ではないと、
利用できないと感じた松の実。
「安い航空運賃で乗せてあげているのだから、
こちらのルールを100%守ってね!」というスタンスにげんなりし、
機内では、安っぽい服地でシワシワの制服に、
たとえLCCでもその髪型はないでしょう?という客乗の姿に
殺伐とした気分になった松の実でした。

昨日12日、釧路の桜の開花宣言がでました。
今年も日本一遅い開花となりました。
日本一涼しい釧路の面目躍如というものです。

水仙に挨拶

一足先に咲いている水仙です。
水仙にご挨拶する梅。
あら、梅、可愛いね~とパチリ。

その挨拶はいらない

次の瞬間、別の挨拶に移った梅。
キャーっ!梅、その挨拶はいらない!ダメ!と小さく叫んだ松の実でした。
23:32  |  その他  |  コメント(9)

Comment

松の実さん、茶々さん、小梅さん、早上好〜。

お疲れ様でした。
かなりタイトなスケジュールだったのですね。

やはり松の実さんには、フライト関係のあれこれで
気になる点が私より多いのかも。
私はもっぱら大陸の乗客の動向の方が気になります(笑)
あと、CAさんって、主人と乗ってると優しいのに
私1人だとやや雑な扱いに感じるのは僻みでしょうか?
ちなみに主人は週に何度も大陸で飛行機に乗っていながら
機内食のあの大陸米の匂いが鼻について、嫌なのだとか。
一体何年住んでるんだ、と思います。

小梅さんたら、すっかり乙女な一枚にニンマリしていたら
そこからまさかの・・・
さすが、最強天然乙女だけのことはあります。
そう言うところ、大好きです!

emihana |  2018.05.14(月) 07:57 | URL |  【編集】

またまたすみません。

茶々さんのお手々くいっとお鼻むぎゅが
あんまり可愛らしくてお伝えしたくなりました。
大好きな一枚です。
emihana |  2018.05.14(月) 09:29 | URL |  【編集】

↑emihanaさんの ご主人様は
いっつも飛行機に搭乗してくださる
良いお客様ですから~(笑)
お連れ様も 良いお客様ですよね~

私は面倒で時間もかかりますが
バス移動でタラップを が 好きなんです~
旅心が なんだか ワクワクするのです。
アップダウンクイズの影響もあるかもしれません(笑)

LCCは 高齢者には難しいかなあ?なんて
最初から思っていました。
空港内も かなり歩きますし タラップもね~
私も いつまで利用できるか?(苦笑)

BOSS母 |  2018.05.14(月) 21:46 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

emihanaさんへ
晩上好~
今日、私は打ちひしがれました。
今年の我が職場のターゲット地域は広州なのですが、
上海と同じくらいの航空時間及び運賃かと考えていたら!!!
遠いんですね~高いんですね~
予算オーバーです・・・・
大陸中国ど素人が下手に何かやろうとしたのが
まちがいでした。
CAの態度が変わるかどうか?
う~ん、私、主人と呼べる人と乗ったことないので
わかりません。
きっとここにコメント下さる
こさんもハイジさんもゴン太さんもたたこさんも
わからないと思います、と無理やりお仲間に
引き入れてしまいました。
あっ!やっぱり大陸のお米、香りますよね?
私、最初の一口は抵抗あったのですが、
食べ進むうちに「美味しい!」と思いました。
梅・・・・もっと低い目線で水仙と梅を、と
しゃがんだら、別のご挨拶をはじめてしまいました。
一応、人さまの土地の外ということでお許しいただきたく・・・・
私もこの茶々が好きなので、
何度も使ってしまいます。
老犬だけど、元気な老犬の茶々が寝姿ながら
出ていると思っています。
by 松の実


BOSS母さんへ
BOSS母さんは、私やこさんやハイジさんやゴン太さんとは違い、
ご主人と一緒の時と一人の時のサービスの差を
くらべられますよね?
いかがですか?
私もタラップは好きなんですよ。
でも、バス移動は好きではないですね。
LCC、2時間前からしかチェックインは開始しないけど、
保安検査が込んでいて、決められた時刻に搭乗口に来れなくても、
お客様の責任とみなし、ご搭乗いただけません、と
平然とアナウンスしているのにびっくりしました。
又、2時間前からしかチェックインできないので、
〇〇便と▽△便のお客様はお並びいただいても
手続きできません、というアナウンスにも驚いた。
ゴールデンウィークだったので、
私のように初めてLCCを利用するお客様もいたでしょうに。
LCCは慣れていないと、そして年配者にはハードルが高いと思いました。
もう乗りたくないLCCですが、今年は最低あと一回乗らなくては・・・・
あのピンクのLCCが釧路に就航するので。
by 松の実



松の実 |  2018.05.14(月) 23:13 | URL |  【編集】

鮮やかな黄色の花、ミモザだと思ったら、
エニシダという花なんですね。

太刀掛秀子懐かしいです。
松の実さんもリボン購読してました?

小梅ちゃんの2通りの水仙へのご挨拶、
可愛すぎます!
茶々ちゃ~ん、お鼻つぶれてますよ~
苦しくないですか~?
こたつ |  2018.05.15(火) 03:02 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

こたつさんへ
エニシダだと思うのですが・・・・
ミモザはお花が丸いイメージがあります。
私、漫画は少コミが最初です。
タイトルは忘れたのですが、
小室しげ子(だったお思う)と言う方の
フィギュアスケートの漫画から始まりました。
上原きみ子の「天使のセレナーデ」とか・・・
萩尾望都の「ポーの一族」等々~
りぼんは後からです、読み始めたのは。
田淵由美子さんが好きでした。
随分と漫画、読みました。
たまにあの頃の漫画を読んでみたいな~と
思うことがあります。
梅、可愛いんですよ~
茶々も可愛いんですよ~
by 松の実

松の実 |  2018.05.15(火) 23:47 | URL |  【編集】

小梅さんの鼻むぎゅ~は愛らしい
ですね。安心しきった寝姿に癒されます。

春秋航空は、途中で体操のデモがあるの
ですか。ちょっと面白そうで、搭乗して
みたくなりました。まだLCC未経験ですが
中国はとても航空会社が多いですね。
一昔前にも沢山あった気がしますが・・・
LCCが出来て、更に増えた気がします。

黒松の姉 |  2018.05.16(水) 22:27 | URL |  【編集】

LCCで中国。
勇気有るなぁ~、です。
あだす、中国は行ったことないんで、怖いなぁ、、、
今回、それはお仕事だったのかな?

格安航空でも、飲み物も御飯も出るのですか?
そして、それは運賃に含まれているのかしら、だったら凄いサーヴィスいいのねぇ。

20年位前にUKに居た頃、ライ◯ンエアーで愛用でした。(笑
最初、その素晴らしく適切な?待遇にびっくりで、『純粋に白い人以外と、アンタみたいな不法移民みたいなのは此処に黙ってお座り!!!』な感じで、最初はかなり怒ったけど、しゃあない格安だもんなぁ、と回を重ねる内に諦めたりでしたっけ。

大分月日が経って、10年近く前に我が街からバルセロナ(近郊ね)迄、就航することになりましてね。
ネット予約の時、アホ旦那があだすの名前の綴りを間違えて、また同じ席を買い直さなきゃなかったけど、それでも往復たったの1人分5000円ですよ!!!
激安便だと、近郊のヒロナ空港からバルセロナ市内迄の1時間のバス代より安くて、往復で1000円もしないの。
ハンバーガーより安い国際便って、なんなの?って思いました。

でも、帰りが早朝の3時30分にホテルを出なきゃ間に合わなくて、やたら疲れましたっけ、、、
早朝の空港では、バッチリの厚化粧のロシア人が沢山居て、この人達何時に起きたんだ?って思ったり。

あっ、中国のLCCも機内で、いきなりファンファーレが鳴ったり、お土産販売とかしますか?
アイリッシュの客室乗務員は、全くニコリともしないけど、スペインの乗務員はやたらと愛想が良かったです。

しかし、松の実さん、激忙ですよね。
体力温存して下さいね、梅ちゃんの力で。
ほぼ北極圏の人はお洗濯中 |  2018.05.16(水) 22:33 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

黒松のお姉さんへ
一枚目の鼻むぎゅで寝ているのは
先代茶々でございます。
もう十分老犬だったけど、
まだ元気なころの茶々です。
大きな空港だと、
知らない機体が多すぎて、
昔からある大韓航空や中華航空を見かけると
ホッとします。
春秋はLCCだけど、いろんな意味で個性的で
面白かったです。
でも、う~んと安いか?というと
そうでもないので、通常期だったら
やっぱりANAかJALに乗ると思います。
by 松の実


ほぼ北極圏の人はお洗濯中さんへ
お洗濯は終わりましたか?
笑いましたよ、そう、私もある方が春秋を使ったと知り、
「勇気ありますねー」と言ったのです。
そして自分が乗る羽目になったと。
中国上海行は仕事と言えば仕事です。
でも出張ではないんですよ。
中国は「有縁」の世界なので、
ヒトの繋がりを無視すると後々仕事にも響くので、
プライベートで行ってきたのです。
なんたって初LCC,私もご主人同様、
ネット予約の際にきちんと確かめもせず、
推奨される運賃(たかだかやすい方の運賃とは4千円くらいの差)
を購入したら、いわゆるビジネスクラス扱いの席だったようで、
こちらは食事(お弁当方式のカレー)も飲み物も
運賃に含まれていたのかもしれません。
だからわざわざ「食べないのか?」と起こされたのかもしれません。
ライオ〇エアーって知りませんでした。
最大のLCC且つ、驚くほど安い運賃で有名なんですね。
ライオンがあれば、タイガーもアリってことで。
台湾タイガーが北海道旭川空港に就航しています。
こちら、あまり安くないです~
春秋もファンファーレは鳴りませんでしたが、
アナウンスで、「春秋スペシャルの~」とか
「春秋だけの〇〇」とPRがすごかったです。
機内販売のカタログを見ると、
「日本製」の文字が主に化粧品のページで踊っていましたが、
どの化粧品も知らないメーカーばかりでした。
もう一つの日本製は・・・と「なんだコレ?」と
よくよく見ると避妊具でした。
機内販売で避妊具にもびっくりでしたが、
日本製がこんなものまで重宝されているとは!と
またまたびっくりでございました。
私の忙しさなんて、ひと頃のほぼ北極圏~さんから比べたら、
なんのことはないです~
by 松の実



松の実 |  2018.05.16(水) 23:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |