FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.06.25 (Tue)

復活なるか?お父さん

おばんです~



私、梅ですが、
覚えておいででしょうか?

すっかりご無沙汰してしまったので、
お忘れかもしれません・・・・



5月30日朝、お父さんが熱が8度出て寝られなかった、と言い、
病院に行きましたが、「風邪でしょう」と言われて帰ってきました。

でも、松の実は年寄りがボッと8度以上の熱を出すなんて、
ただの風邪ではないと思っていました。

その夜は9度台の熱がでて
翌日またもお父さんは病院に行きました。
結果は、白血球が恐ろしく高く、どこが炎症しているのかわからないから
週明けに詳しい検査をするというもの。

でも、その夜中に9度7分、そして6月1日土曜日の午後40度まで熱があがり
痙攣をおこし、救急車で搬送されました。
この日、松の実は留守番勤務だったので、
お父さんのガールフレンドKさんがお父さんの面倒をみてくれました。

私は、何が起こっているのかわからず、救急隊員さんに吠えまくり、
隊員さんから怒られました。

幸運なことに釧路市内でも信頼のおける総合病院「労災病院」に搬送され、
検査の結果、肝膿瘍と診断されました。
この時お父さんは41度3分の熱だったそうです。

私は一人お家で震えていました。

松の実は勤務終了後、まず私を迎えにお家に帰り、
それからたたこさんのおうちに私を連れて行きました。
たたこさんという方が釧路にいてくださってよかったです。
松の実がまず私のことを考え、たたこさんを頼ってくれてよかったです。
ご自分も忙しく体調も万全ではないのに、
私を歓迎して、やさしくしてくれたたたこさんに感謝です。

DSC_4224-1.jpg

病院についた松の実は、
Kさんから話を聞いて「ダメかもしれない」と思ったそうです。
熱の高さもですが、何よりもお父さんが脱糞したことに驚きました。
入院病棟に移ったお父さんが何故か、
今いるのは「釧路町の○○老人施設でしょう」と繰り返すことも衝撃でした。
高熱で脳細胞が破壊されたと松の実は思ったそうです。


この日から丸1週間、お父さんは点滴で栄養をとる寝たきり状態、
意識はあるものの、あのお父さんがおむつにウンチをし、
あきらかに、昼なのか夜なのかもはっきりしない、
現実と想像の世界をごっちゃにしているような話っぷり。
松の実は、ここでたとえ命が助かっても、
もうお家には連れて帰れない・・・施設を探さなきゃ・・・と
考えたそうです。

お父さんがお家からいなくなった日も恐怖でしたが、
その後もお家で一人にされる時間が圧倒的に多く、
私は強いストレスを感じてイライラの極致でした。
家に帰ってきた松の実に吠えまくり、
普段は良い子で散歩の後の足洗をさせるのに、
奇声を発し威嚇し、時にはかみつく始末。

DSC_4215^1
四つ葉見つけていますよ~

86歳でも食欲があり、チョイ太だったお父さん、
お医者さんも「年齢よりも体力があるようなので」と認めるほど。
一週間を過ぎる頃、自分でトイレに行き、
口から栄養を取ることが許されたあたりから、
ぐんぐんと良くなってきました。
病院に入った時は白血球の値が2020だったそうですが、
正常値に戻ったそうです。

炎症を起こしているのに2020という値の低さは、
じつはとてもアブナイ兆候なのだそう。
普通は炎症がひどければ、何とか炎症を抑えようと白血球が増えて
数値が大きくなりますよね?
でも、あまりにもひどい炎症だと、骨髄がもうあきらめてしまって
白血球を作り出さなくなるのだそう。
やっぱりお父さん、松の実が感じたように、危なかったんですね。

5日ほど前にお父さんはめでたく退院してきました。
まだ本調子ではないようですし、
お父さんの肝膿瘍、全部なくなったわけではないので、
繰り返す可能性も高いそうです。
それでも、少しずつ以前のお父さんに戻りつつあるようです。
お父さん、完全復活できるでしょうか?


DSC_4228-1.jpg


病院食って面白いですね。
お父さんは、一週間絶食していたので、
おかゆ食でした。
けど・・・おかずが普通のご飯の同じおかず。
こんな普通のおかず食べさせるのだったら、
おかゆの意味ないと思う松の実でした。

DSC_4271-1_20190622230110ac5.jpg
大きくして私が見つけた四つ葉を探してみてください。

お父さんもお家に帰ってきたし、
私の生活も元に戻り、
私もいつもの優しい聞き分けの良い、
お間抜け顔の「可愛い梅」に戻りました。

松の実は、お父さんの次の入院に備えて
入院セットを準備しています。

では、今週もがんばりどころの水曜日ですね!


22:41  |  その他  |  コメント(17)

Comment

ずいぶんブログ更新されてないな~と
思ってたのですが、こういう事情だったのですね。

お父様退院されて何よりです。
梅ちゃんも安心したことでしょう。
完全復活されること祈ってます!
こたつ |  2019.06.26(水) 02:19 | URL |  【編集】

お父上さま くれぐれもお大事に
松の実さんも 梅さんも
ご自身のリズムをキープして
ご家族みなさんの 普段の暮らしが
どうか安定しますように
昨年の四月末に 義母が入院したことを
思い出しました
退院してから ほぼ一年
すこぶる元気です(我々よりも^^;)
かりん |  2019.06.26(水) 06:18 | URL |  【編集】

高齢の親と一緒に暮らしていると 緊急事態を避けられないことがあります。
同時に 長い留守番をさせてしまうワンコをどうしよう‥ って。
私は 動物病院ホテルに 泊めてもらいました。

日頃 お元気そうなお父様でしたのに びっくりされたことでしょう。
今は 松の実さんが 一家の大黒柱です。
お父様と梅さんとの暮らしが 少し変化するかもしれませんが まずは松の実さんがご自分を大切になさってくださいね。
三匹の母 |  2019.06.26(水) 10:27 | URL |  【編集】

梅さん、大変でしたね。
落ち着いた毎日にもどれて、ほっとしました。
たたこさんがいらして、本当によかったです。

我が家も、先週は病院へ。病室で、安楽死したいとか、葬式には~~とか、ぺらぺらしゃべり続け、そのうち楽になったのかうとうと。そんな義父の姿に、まだ大丈夫と確認して、手を握って帰宅しました。まもなく退院の予定です。年齢的に、いつ何があっても。。。と思いますが、自分たちも若くはないので気をつけないとです。松の実さんも、お疲れでしょう。ご自愛くださいね。
つま |  2019.06.26(水) 13:23 | URL |  【編集】

何か大変なことが起きたのでは、と思っていました。
私たちの世代はそう思ってしまいますよね…。
私も先月は舅が似た状態でしたが、
おかげさまで復活、退院いたしました。

梅さん、さぞかし不安だったことでしょう。
大黒柱の松の実さんだって、
不安なことには変わりなかっただろうとお察しします。
退院すれば万事元どおりというわけでもありませんし。

とにかく、気をゆるめる時間をできるだけ作ってくださいね。
そして利用できるものは何でも余さず利用してください。
さと |  2019.06.26(水) 13:57 | URL |  【編集】

お父様いかがでしょうか?
ビックリされた事と思います。お元気なお姿で梅ちゃんの相手をされてたし。うちの両親も薬を飲みながらなんとか生活してますが、いつ何がおこるかわからないです。その時自分は落ち着いて行動できるかなと不安になります。
とにかく退院されてホッとされましたね。梅ちゃんも普段の梅ちゃんに戻りましたか?
松の実さんも体調に気をつけて下さいね。
お父様が少しずつ復活される事を祈っています。
ゴン太 |  2019.06.26(水) 15:37 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々さん、梅さん

大変でしたね!
さぞかしご心配されたでしょう。
梅さんも、いつもとは違うことばかりで
とても不安だったと思います。

41度を超える高熱だなんて。
私も、インフルで39度台に上がった時は
意識朦朧、幻覚まで出てもうダメかと思いましたよ。
インフルでさえ、そうですから
お父様、お苦しかったはずです。
このまま無事快方に向かわれますように。
そして、松の実さんもどうぞご無理のないように。

心からお祈りしております。
emihana |  2019.06.26(水) 17:42 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

こたつさんへ
お久しぶりです。
そうなんです~
こういうことになっておりました。
でも、無事に退院しましたし、
病院からもなるべく普通の生活を、という指示が
でているくらいです。
年齢から言って、いつ何が起きてもおかしくありませんから、
仕方ありませんね。
梅は仕方ないでは済まされない!
と思っているかも!
by 松の実



かりんさんへ
仕事、家、病院の生活リズムを作りかけたところに
退院しましたので、この5日間は、
以前とは同じ生活のできない父との
生活リズムを模索しておりました。
ただし、少しずつ元通りに戻ってきていますので、
あとは、なるべく長く以前の生活リズムを続けて、
再発しても、早期で手際よく入院!と運びたいところです。
お義母さま、お元気でなによりです。
かりんさんとご主人もご自愛を!
by 松の実


三匹のお母さんへ
今回、一番気の毒だったのは梅ですね。
何が何だかわかっていなかったことでしょう。
一時は、梅が梅じゃなくなったようでした。
ただ、梅のようにストレスを
はっきりとわかる形で表せるワンコ(人も)は
ある意味最強かもしれません。
動物病院がホテルもペットホテルを経営しているのですか?
梅は、2泊以上のお泊りの時は、
やはり実家のワンコ屋さんでしょうか・・・
私は、このひと月近く流石に梅を置いてバレエに行くのは忍びなく、
レッスンをお休みしていましたら、
しっかり50肩が再発いたしました。
トホホ・・・
by 松の実




つまさんへ
つまさんのところも大変だったのですね。
我々の世代、皆が同じような状況を抱えていますね、きっと。
おっしゃるとおり、しっかりしなくてはいけない我々も若くなく、
体力・気力ともに限界が早くにやってきます。
喋っているうちは大丈夫です。
父は基本的にいつも具合が悪くて仕方がない人で、
いかに具合が悪いかを滔々と説き、
入院となった暁には、
アレ持ってきて、コレ持ってきてと、
毎日毎晩電話をしてくるのがいつものパターンですが、
今回はそういった元気は一切なかったようです。
お義父さま、どうぞお大事に!
by 松の実




松の実 |  2019.06.26(水) 22:32 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

さとさんへ
お久しぶりです。
さとさんのところも同じような状況だったのですね。
退院されて何よりです。
86歳という高齢者なので、
病院が、ある程度の認知症、
又は介護支援を受けていることを前提としている
話しっぷりが驚きでした。
受けられるものなら介護支援、
受けてみようよ~と父にも言ってみたのですが、
却下されました。
で、まだもう少し、大丈夫かな?と思った次第です。
梅、父が帰ってからは、全く以前の梅です。
一番先に元通りの生活になったのは梅ですね。
by 松の実



ゴン太さんへ
父は昨日あたりから、かなり以前の生活に近くなりました。
庭いじりも始めています。
車の運転は私が禁じているのでしていませんが、
お向かいのスーパーにでも自分で行くようになったら、
ほぼ元通りです。
と言っても、ほぼ確実に再発するようですので、
その時は早期にさっさと手際よく入院し、
短期間で退院してまた普通に生活して、
また入院して~を繰り返していくのでしょう。
年齢が年齢なので、仕方がありませんね。
皆が通る状況なのでしょう~
by 松の実



emihanaさんへ
好久不見!
心配というよりは、やっぱり~と思いました。
ただ、肝臓というのは意外でしたが、
これは昔胆嚢を取ったことの後遺症ともいえるかもしれないとの説明に、
人間の臓器、不要なものはないんだな~と改めて思いました。
以前は胆嚢はそれほど重要じゃないから~と
結構胆嚢を取っている人って多いようです。
梅は可哀そうでした。
でも父が帰ってきた日からは、
以前の梅です。
梅が一番早く元通りの生活しています。
高熱は怖いですね。
40度以上をこの短期間に4度ほど出した父です。
よく、生還したな~と。
体力があるってこういうことか、と。
by 松の実
松の実 |  2019.06.26(水) 23:01 | URL |  【編集】

ビックリしました。
でも、お父さまが今は退院され、かなり回復されたと知り、安堵しました。
ずっとお元気でいらしたお父さま、体力がお有りだったのですね。
良かったです〜 (^o^)v
とにかく、自力でちゃんとご飯を食べられるということは底力となりますから・・・

梅ちゃんもいっぱい頑張ったのですね。
どれだけ不安だったのだろうと想像すると辛くなります。
でも、お父さまが退院されるとすぐにいつもの梅ちゃんに戻ったとのこと、
本当に何よりでしたし、梅ちゃんの逞しさを思いました。

松の実さんもお疲れさまでした。
これからも色々と大変だろうとは思いますが、どうぞご自愛くださいね。
お父さまの復活を心から願っております。
milleco |  2019.06.27(木) 13:51 | URL |  【編集】

お父様 退院されて良かったです~
梅さん よく頑張りました!
なんだか父が救急車で運ばれた時を
思い出しました。
私も 先にデヴィの所へ(笑)
ヒトはお医者様が 付いて下さっていますから(笑)

一時的な認知症のような症状
せん妄 という らしいですね。
知識として知ってはいましたが
父の最後の入院時には 救急車内で
せん妄で 大変だったと知り驚きました。
入院しながら徐々に回復しているようでしたが
やっと普通の話を出来たのは 最後の日でした。
せん妄だった為に 父の姉達に 入院を内緒にしてて
今 申し訳なかったなあ~っと 反省中です。

お父様~食べて歩いて出してですよ~(笑)
BOSS母 |  2019.06.27(木) 19:57 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

millecoさんへ
今日は退院してから初めての外来通院でした。
白血球の値はすこぶる良かったようです。
ただ疲れやすいようで、
お風呂も入らず寝る~と言っています。
ま、病院は健康な人間でも疲労困憊しますから、
病気持ちであれば、致し方なしでしょうか?
ミルさん、19歳6か月おめでとうございました。
のどを鳴らしながら一生懸命食べる姿に
感動でした。
梅は本当に可哀そうでした。
私や茶々とちがって孤独に弱い、
一人が苦手な梅、地獄の日々だったに違いありません。
by 松の実



BOSS母さんへ
あはは~一緒ですね!
私もとりあえず父は病院で、
しかもその辺の個人病院じゃなくて、労災病院だし、
Kさんもついてくださっているし~と。
認知症なような症状・・・
父の場合は、場所、時間がちゃんと
把握できていないようでした。
それは、今でも入院初期のころの出来事の時系列は
ぐちゃぐちゃのようです。
高熱のせいといえばそうなのかもしれませんが。
退院後の家での生活の時系列は
問題ないようですので様子見です。
今日は退院後初の外来、
とりあえず白血球の値は良かったようです。
私もそろそろ歩いたほうが良いのでは?とおもうのですが、
そこは自分が大事、自分は具合が悪い!の父が復活して、
歩くのはまだ早い!そうです。
by 松の実

松の実 |  2019.06.27(木) 22:40 | URL |  【編集】

お互い、親の今後を心配する年齢になりましたね(-_-;)
お父様の今はどうかな?
きっと少しは弱っちゃってるかもしれないけど
”いつものお父さんに近い”って感じかな?

私の両親も今日、介護認定審査を受けたのよ。
姉が立ち合いで・・・

最近はお風呂掃除とかが苦痛らしく
介護認定1なら風呂掃除や買い物代行とか
出来るらしい・・・とか???

ボビーまま |  2019.07.03(水) 21:43 | URL |  【編集】

ご無沙汰いたしております。
松の実家も大変だったのですね。
本当に80、50問題の真っ只中にあります。
お父様が順調に快復されて同年代の親を持つ身と
いたしましては嬉しく思います。
まだ介護が必要にならなくてよかったですね。
梅さん、良く頑張りましたね。
いつも居るはずのお父さんが居なくて不安になって
松の実さんに対して怪獣になったのですね。
もう大丈夫ですね?
梅さんはこれからもお父さんの見張り?監視?などを
お昼寝しながらお願いしますね。
たたこさんが釧路に居てくださって羨ましいです笑
母の病院食はたいへん美味しいお食事だったようです。
昔と違って今の病院は綺麗で快適ですね。
https://www.kuwanacmc.or.jp/
仕事でも関わった病院です、お世話になるとは思いませんでした~
四葉のクローバー、見つけたわよ!
合っているのか不安・・・
ハイジ |  2019.07.04(木) 16:52 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ボビーままさんへ
梅のこのブログにコメントをくださる方、
ほぼ皆さま同じような状況のようです。
お義父さまだったり、お母さまだったり、
お家によって様々ですが・・・
父の入院時、父に関する聞き取りがあり、
「介護認定は受けていますか?」
「認知症はありますか?」と真っ先に聞かれました。
介護認定は受けていないと伝えると、
今回退院したら、受けてみた方が良いですね。
と言われましたが、まだ受けていません。
父はほぼ以前と同じ生活をしています。
ゴミ出し、食器洗い、買い物を自分でしています。
入院前に始めた、ボランティア活動はまだ再開していないくらいです。
私もお風呂掃除、掃除機、苦痛です~
by 松の実


ハイジさんへ
お互い大変でしたね、ホント。
最近話題の8050問題のように、
引きこもりになってしまえたら、
楽なのに~と思いました。
職場の異動があって、
新しい事業の準備と重なって、
けっこう追い詰められました。
梅の怪獣ぶりは私の精神状態も影響したのかもしれませんね。
父も病院食に満足していました。
なんたって一週間絶食の後の食事でしたら、
とっても美味しい!と喜んで食べていました。
四つ葉のクローバー、
実際に探しに来てくださいな。
♂さんと一緒にいらっしゃる?
お母さまによろしくお伝えください。
by 松の実

松の実 |  2019.07.04(木) 23:10 | URL |  【編集】

久しぶりにブログ巡りをしていたら…大変な1ヶ月をお過ごしでしたね。高齢の親と暮らす事、いつ何が起きても不思議ではありませんが〜身につまされる思いがしました。

梅さんも動揺が大きかったのでしょうね。ご自宅にお父様が戻られ、誰よりホッとしているようにお見受けしました。これからはお父様の見守りが任務でしょうか。梅さん頑張れ!
黒松の姉 |  2019.07.05(金) 11:31 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

黒松のお姉さんへ
頑張れのエールは梅にだけですか?(笑)
ここにコメントをくださる方々、皆さま
似たり寄ったりの状況のようで、
皆が通る道なのだな~と実感しております。
父はおかげさまで、ほぼ復活しました。
ただ、死にかけた状況になったことが
自分でもびっくりなようで、
(父の歳でびっくりできることが幸運と言えば
幸運ですよね)
慎重にはなっているようです。
梅も一時の狂暴さはなくなりましたが、
明らかにわがままになっています。
梅も立派なシニアですから、
自制が利かなくなっているのかもしれません。
by 松の実

松の実 |  2019.07.05(金) 13:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |