2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.01.30 (Fri)

休日

今日は松の実の休日でした。
朝から、松の実は買い物に出かけたと思ったら
こんなものを買ってきました。  
  
       今度からはこれで

私は、だいたい20日おきに松の実の運転する車で動物病院に行きます。
若い頃は助手席で運転に合わせてバランスを取って、窓から顔をだして、
風を楽しみましたが、今は、体力、気力、筋力も衰え、車に乗ると「フーンフーン」
と鳴き、支えがないと、カーブ、ブレーキのたびに転げ落ちます。
前回の動物病院まではこのダンボールで運ばれていました。

       コレで運ばれました


あまりだとおもいませんか?頓着がないにもホドがあります。
(この写真はもうダンボールに入るのも最後かもしれないから、と
わざわざ撮ったものです)
前回、このダンボールの中で私はコケまくり、恐ろしさのあまり
高いほうの壁を越えて運転する松の実にダイブしました。
この季節、この地域の道路はアイスバーンとなっていて、
細心の注意が必要です。
いきなり私が飛び込んできた松の実は慌てふためき
もう少しでハンドルさばきをあやまるところでした。
で、一枚目の写真の、助手席に固定でき(?)且つ、
箱の中で固定できる(?)ものを買ってきたというわけです。
月曜日に病院に行くのでうまく働くか見ものです。
念のため、ダンボールもまだとっておくそうです。
この入れ物も病院に行くのもイヤです。
薬くらい松の実一人で貰ってきてほしいです!



先日、ルナたんお母さんのみどりんさんから、段差のあるベッドに
乗れるなんて、と言っていただけたので、調子に乗ってベッドに登る私です。

朝は、頭も体もまだ眠っていて一度に上がれないこともシバシバです。

        
朝は体が重たい


普通はこのとおり、ひとまたぎです。(ホント!?)


       
ひょいっと上がれます


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

         
21:05  |  茶々道具  |  コメント(4)

Comment

ちゃーちゃん、こんばんは☆
ほんと、車でバランスとるのは大変ね。
固定型のボックスかぁ、ウチも必要かしらん。。。

ウルルはこの間、私のブレーキで助手席から転がり落ちて
どこにもぐりこんだか分からず、
私もパニックになっちゃいましたから^^

今、おんぶ紐かなにかで
私の身体にくくりつけようかと思ってるんですけどね^^^
ururu |  2009.01.31(土) 00:16 | URL |  【編集】

固定できるボックス良いですね!
小春は車が苦手なので、これは良いアイテムかもv-344

ちょっと寝ぼけ気味の茶々ちゃんも可愛いですねv-398
けめちゃん |  2009.01.31(土) 17:23 | URL |  【編集】

茶々ちゃんすごいですね~
ベッドに簡単にポン出来るなんて偉いですね~

老犬になると固定しないとブレーキを踏んだら
危ないです。
転がっていきますよ~

先代コロちゃんはチャイルドシート(ワンコシート?)にもなり
乳母車にもなりキャリーバッグになるもの3種類使えるのを使っていました。
乳母車は良く乗せてお散歩行きました(笑)
コロリン |  2009.01.31(土) 19:46 | URL |  【編集】

ururuさんへ
ウルルちゃんは小柄なので、くくりつけることも可能かも
しれませんね。
茶々も転がって下に落ちた時は、足でも折ったのでは?と
真っ青になりました。
小さいワンちゃんで若いと転がってもあまりダメージは
ないようですが、年をとってから、受けた衝撃の後遺症が
でることもあるようですから、やっぱりくくりつけましょう。

けめちゃんさんへ
月曜日に使い心地の結果をご報告します。
私の感想と茶々の感想は違うかもしれませんが。
茶々も車は好きではないのです。
猫のようにお家から離れてどこか行く、ということを嫌います。

コロリンさんへ
3タイプで使用できるなんて優れものですね。
特に、乳母車にもなる、というのがすごい!
新聞に折り込みで入ってくるフリーペーパーの
リサイクルコーナーで乳母車が掲載されていると
一瞬考えます、譲っていただこうか、って。
老犬のための色々な用品を買うまで、生きていて
くれていると思うと出費もなんのその!ですよね。
松の実 |  2009.01.31(土) 21:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |