2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.14 (Fri)

初めての病院

昨晩、松の実が私を病院に連れて行こうとしていることを察知した私は、
寝るまでの間一度も頭振り振りはしませんでした。
イズイのが直った振りをして病院行きを阻止しようとしたんです。

尻尾も写して~

松の実も「あれ~茶々直ったの?」と一瞬騙されていましたが、今朝になって
すっからかんに病院行きを忘れていた私は、頭振り振りを再開してしまいました。

いつもの病院はお盆休みです。
電話をしたら、私のことは診てもらえるとは思うものの、先生にとっても大事な
お休みですし、耳がちょっとヘンなだけ、と松の実は開いている病院を探していました。

初めての病院に私を連れて行く松の実は恐くて緊張していました。
私にもその緊張が伝わり、待合室でギャオ~と叫んでしまいました。

耳の中に薬

先生は私の顔を見てくれるわけでもなく、松の実に「どっちの耳?」と聞いてました。
「左だと思います」と松の実。
耳をギュウッと見て「ただれているね」と言うや否や、ピッと薬をいれました。
「右耳もただれているよ」と又ピッと。
松の実がふと気がつくと、すでに注射を構えている先生。
「それは抗生物質ですか?この子は心臓が悪いんですけど」と必死の松の実。
「消炎剤です。心臓には関係ありません」と言いつつ、聴診器をあてながら
「それにこの子、そんなに心臓は悪くないよ。咳はしている?」と先生は言いながら
1本目の注射をチク!間髪いれず2本目もチク!


注射2本


目がテンになった松の実。
初めての患畜なのですから、注射の前にもう少しそのワンコの様子なりを聞いてくれる
べきではないでしょうか?
或は、注射をする前に、これこれこういう注射をしますけど、良いですね?等と
飼主に聞いてくれてもよいではありませんか!
と、ワナワナと怒りつつ、今でもこういう病院があるのかと妙な感心をした松の実です。

2本の注射のうち1本は「ステロイド」ではなかったかと松の実は疑っています。
私の動悸がとっても激しくて、凄い勢いでゼイゼイ言いながらも、ウロウロし、
水をガバガバ飲んでいるからです。

さすがに薬が効いているのか耳の調子は良く、頭振り振りはしていません。

コワイです

ま~ちょっと体がコワイかな?

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
21:38  |  茶々のこと  |  コメント(9)

Comment

松の実さん、こんばんは~

茶々ちゃんは「ステロイド」を注射されたのでしょうか?
お水をガバガバ飲むと言う事は・・・・
先生によって何も言わず注射を打つ先生がいますよ(怒)

茶々ちゃん、早くお耳が治りますように。
コロリン |  2009.08.14(金) 21:53 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009.08.14(金) 22:55 |  |  【編集】

あそこ行ったのね ももっちも最初そこ通っていたのよ 喧嘩した私 ハハハハ
原因も解らないのに 注射やら 薬やら出しまくるよね 飼い主を不安がらせるような病名並べたてて あ~~言い出したらきりがなくなってきた もう辞めますわ(笑)
早く良くなりますように
たたこ |  2009.08.14(金) 23:02 | URL |  【編集】

腹が立つ話です。
時々、そういう獣医さんの噂を聞きますが・・・
ひどいな~、ホントに。
言葉を話せないわんこに、そんないい加減な!
飼い主にとっては、人間の家族と変わらないのに!
茶々さん、早くつらい症状が消えますように!
松の実さん、お疲れ様でした。

広州の生活あれこれ・はなのことなどを「emihanaさんのブログ」と言うのにボチボチ書いてます。
良かったら、覗いてみてください。



emihana |  2009.08.14(金) 23:38 | URL |  【編集】

ひどいお話ですね
患者やその家族との信頼関係がなければ
どんなにウデのよいお医者さんでも
症状は良くならないのではないでしょうか
初めてだからこそ こちらの不安に対して
よりいっそうの心遣いが欲しいですよね
茶々殿のイズイのが これでもうおさまりますように
トモ(宵待) |  2009.08.15(土) 05:07 | URL |  【編集】

ふんぬっ!たとえ、どんなに腕のいい獣医さんだとしても、ちゃ~ちゃんに、なんの断りもなくちくちくなんて、許されないわ!耳は良い感じなのかしら?それなら、我慢してあげるけど・・・・。

私の飼い主が「先生、つめが伸びたから切ったほうがいいと思うのですが・・・」って、病院で、いきなり言いだしたとき、あせる私を見て先生が「あら、まだ、大丈夫よね♪」って、言ってくれたのよ。話せる先生で、よかったわ。
ぶうこ |  2009.08.15(土) 10:11 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

コロリンさんへ
わたしは絶対ステロイドを注射されたとにらんでいます。
確かに、先生はワンコの病気のプロでしょうが、
飼い主に何か一言あっても良いですよね!
茶々は水飲んで、ゼイゼイハアハア言って寝ています。
by松の実

たたこさんへ
う~ん、喧嘩に乗ってくるような雰囲気ではなかったな~
とにかく、私があっと思う間もなく注射されていた・・・・
この私が「待って!」「注射は必要ない!」と言うことができないくらい。
かかりつけの先生とは何度も言いあいもしたし、
泣きもしたけど、だからこそ昔も今もこれからも
通い続けると思います。
動物病院って難しい~
by 松の実

emihanaさんへ
さきほどお邪魔してきました。
はなさん、可愛い~
ザ・柴ワンコですね!

ワンコニャンコはしゃべらなくても、先生と同じ
言葉を話すを飼い主っていうものをもう少し
信用してほしいですね。
きっと飼い主も色々な飼い主がいるから、
飼い主不信に陥っちゃっているのかもしれません。
それに、普段は別の病院に通う茶々ですしね。
先生も面白くないことは確かかも・・・
by 松の実



トモ(宵待)さんへ
私は子供を持ったことがないのですが、例えば乳幼児を小児科に連れて行ったら
先生は母親に対して、症状・治療の説明等はしますよね。
何も言わず注射なんてしませんよね?
「しょせん動物」と思われているとは考えたくありませんが、寂しいことです。
茶々には可哀そうなことをしたけど、良い勉強になりました。
by 松の実

ぶうこちゃんへ
耳はネ~正直なところわかんない~
きっと薬による興奮状態と脱力感で耳まで神経が言ってないんだと思うわ~

それはK子先生?
いいな~先生はぶうこちゃんにもちゃんと話しかけてくれるのね?
おまけにぶうこちゃんの味方してくれたんだ~

いつもの私の先生もたまには話しかけてくれるけど、味方してくれたことはあったかな?
あ、あったあった、松の実が歯石取りをお願いしたら、やめましょうと言ってくれたわ。
by 茶々


松の実 |  2009.08.15(土) 13:16 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは~
ずいぶん乱暴なお医者様ですね!
注射って、そんなに簡単に打つものじゃないですよねぇ。まして既往症を聞かずに。。

耳と聞くとウチのチャチャ丸を思い出して心が痛みます。
ururu |  2009.08.16(日) 00:06 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ururuさんへ
私もびっくりでした。
今時こういうタイプも珍しいな~って思いました。
息子さんとチャチャ丸さんのお話、とっても
良いお話でした。
18年一緒だったということは、まさしくお子様方と一
緒に育ったのですね、チャチャ丸さんは。
耳は人も軽く見てはいけないようですね。
明日はいつもの病院に薬を貰いに行く日です。
茶々にとってストレスのたまる一日です。
by 松の実
松の実 |  2009.08.16(日) 21:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |