FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009.09.18 (Fri)

解き放たれて

既にしつこいほど、私が小さい頃からイタズラもせず、無駄吠えもせず、
人に抵抗することもなく、ましてや牙を剥くこともなく、いかに理性的で
自制心の効いたワンコだったかは紹介してきました。

ベッドを占領して
松の実のベッドを占領しています。

オシリの始末も抜群でした。
シッコシートの意味も一回で理解したし、ウンチもシッコも、たまに
あてつけでわざと違う場所にすることはあっても、ほとんど失敗なんて
しませんでした。

ところが、ここ2~3週間の全てにおける私のゆるさ加減、というか
やりたい放題さというか・・・・には松の実もびっくりです。

ここ半年くらい、うんPの失敗は確かにありました。
踏み踏み祭りもしましたとも。。。。
松の実へのあてつけにシッコをリビングにしてやったこともあります。

ですが次元がちがいます。
この2~3日はことごとくうんPに関しては、
したくなったら、とにかくその場所でいたしています。
昨晩は、あと20分待てばトイレ部屋の時間だったのに
リビングのとなりの部屋でシャーとしていました。


よく寝ています
松の実は私の背中にそって横になって寝ていました。


いつもコメントをくださる「emihanaさんのブログ」のemihanaさんは以前、
オシリの始末が良かったワンコは年を取ると反動でゆるくなることがあるそうです、
と教えてくださいました。

今の私がまさにそれかもしれません。
まるでたがが外れたようです。

おまけに、先日の病院では、泣き叫ぶわ、抵抗するわ、シッコをもらすわ、で
今の私には自制心のかけらもないようです。

背中に日差し
秋の日差しを感じています。

オシリの問題だけはなく、全てにおいて、昔良い子過ぎた反動が今来ていて
松の実やお父さんと暮らすマナーもルールも全てから開放されたようです。
まさに解き放たれて!ですね。

松の実は聞いてきます。
そんな反動が来るくらい、茶々はいっぱい我慢していたの?って。
そして、言います。
昔、ご飯をあまり食べなかったんだから、反動で、もっといっぱいガツガツ食べたら?って。


私とは全然違った意味で解き放たれたワンコがいます。
やはりいつもコメントをくださる「わんわん・パラダイス」のヒメさんが、
虹の橋を渡ってしまいました。


ヒメさん・・・
ヒメさんとは北海道ワンコ同士もっと仲良くしたかったです。


私よりも若いし、ずーっと元気そうだったのに、突然、苦しくなって、あっという間に
私を追い越して、豆さん、よるさん、花子さん、マルセル君達の待つ世界に
行ってしまいました。

ヒメさんと私の症状が似ていたので、これからいっぱい先輩風をふかそうと思っていたのに・・・
ヒメさん、息苦しさから開放されて、お花畑を駆け回っているのでしょうか?

うつぶせ寝
ヒメさんは具合が悪くなってから急にうつ伏せで寝るようになったそうです。

私もこうやってうつぶせ寝が多いけど、その時が来るまでは
松の実のそばにいます。

ヒメさん、又ね。



にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
21:55  |  茶々のこと  |  コメント(7)

Comment

人間よりずっと早く年をとると言うことは
それだけ凝縮した生を生きると言うことでもあるのかもしれません。
人間なら、もう少し緩やかな変化の訪れ方をするのでしょうし。
でも、それが犬の生き方なんですよね。
まだまだ13歳とは言え、最近のはなの様子を見ていると、つくづく実感します。
そして、やっぱり寂しいし、なぜか焦りも感じます。

茶々さんは、確かに解き放たれたのかもしれませんが
以前の茶々さんは、ただ我慢させられていたわけではなく
自分から進んで我慢していたように思うのですが。
そうすることが、茶々さんにとっては、一番自然な状態だったのではないでしょうか・・・?
だって、いくら同じように愛情をかけても
我慢しない犬はしませんもの。

上手く言えなくて、ごめんなさい。
茶々さんが、ずっと自分を取り巻くすべてを受け入れてきたように
松の実さんも今、ありのままの茶々さんを受け入れていらっしゃるんですね。

どうか、なるべくゆっくりと今の時間が流れて行きます様に・・・。

 そして、ヒメさん、どうぞ安らかに。


emihana |  2009.09.19(土) 00:27 | URL |  【編集】

ここに寄せていただいてから、老犬高齢犬さんたちのところを見せていただいて「あ、これはきっと太郎の老後に役に立つわ^^」と[老犬介護参考]とかいうフォルダを作ってまとめてメモしていました。「ありがたい。ありがたい。私も心身面でも実際面?でもたくさんの先輩から学ぶことがいっぱいある。なんか太郎の老後もちょっと安心ん」と思っています。
でも、やはり、たくさん虹の橋を渡るお友達に会い、心が痛みつらくなる経験がたくさんありました。避けて通れない事実ですが、家族を亡くすつらさを思いうととてもつらいです。その時の気持ちも持ち方もたくさん学んで、自分自身の太郎への愛情もますます増えたと思います。

茶々様のありのままの姿、いかに松の実さんが茶々さんを大切にしてるか、いとおしんでいるかわかります。
そこにいるだけでいいから、存在そのものでいいから、ずっとずっと一緒にいて欲しいです。
取りとめも無くごめんなさい。

今日は、一過性の脳梗塞で入院していた母が退院しますので、まずはよかったぁ~と思っています。
m |  2009.09.19(土) 07:42 | URL |  【編集】

うつ伏せ寝は 本能的にお腹を庇っているのかな?
先日 ネット友だちの さらにネットつながりの方のところでも
長い闘病生活を送っていたわんこが亡くなりました
どのわんこも 虹の橋で楽しく暮らしていますように

ものを言わないわんこたち
いろいろなしぐさを見せてくれるけど
それを人は 勝手に解釈してるだけ?
でも こう思っているに違いない とか
こう言いたいに違いない とか
そうとしか思えないときが あるのも事実です
このあいだ 近所で見かけたわんこは
ちょっとこれは…という状況にありました
何らかの理由があって そうされていたのでしょうが
わんこの言い分を 聞いてみたくてたまりませんでした
宵待 |  2009.09.19(土) 07:58 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々ちゃん おはようございます。

茶々ちゃん、松の実さんのベットで気持ち良さそうに
寝てますねぇ。寝顔もかわいいですねe-266

オシッコ・ウンピーは、シニアになってくると
仕方ないよね茶々ちゃん・・・
あまり気にしないでくださいね。
ただ、ご飯はモリモリ食べてほしいですね^^

ヒメさん、こちらのお空に来たのですね・・・
茶々ちゃんも、自分より下の仔が
お空に行っちゃって、さびしいね。
でも、みんなの分まで、のんびりガンバローね。

豆さんもお空の子も楽しくしてるから
ヒメさんとも、楽しく遊ぶから心配しないでね。

まめ姉さん |  2009.09.19(土) 09:25 | URL |  【編集】

松の実さん、おはようございます。

よくわかります!!
今まで全く手がかからなく良い子の茶々ちゃんだったからショックですよね。

人間もワンコの一緒です。
歳を取ると今、出来た事が夕方には出来ない事も・・・・・

バイスくんが夜になると寝ます。
当たり前のことが凄い~~!と感動します。

コロちゃんは何もわからなくなりましたが時どきわかるときがありました。其の時は嬉しかったです。

どんな姿になってもコロちゃんがまだ私達と一緒に居たいよ~~とオムツして2年間頑張ってくれたんですね。涙

茶々ちゃんも松の実さんと一緒に居たくて頑張っているのですね~~
茶々ちゃんが穏やかに居られますように願っています。
コロリン |  2009.09.19(土) 11:15 | URL |  【編集】

ヒメにコメントありがとうございました。
茶々様に負けないよう頑張るって言ってたのに…
あまりに急な衰えで私も心の準備が出来ないまま
ヒメは逝ってしまいました。

いつもの私に戻ったらまた遊びに来ます。
待っててね!!
ボビーまま |  2009.09.19(土) 11:59 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

emihanaさんへ
茶々はおっしゃるように、小さい頃から、全てを受けいれて、
その中で自分はどうあるべきか、というのをワンコのくせに(笑)
わかっていたようです。
今、茶々が状況を把握できない状態になって
私が茶々のすべてをありのまま受け入れているか?というと
正直なところ、自信がありません。
まだ、「どうして、どうして?」と思うことが多いかもしれません。
ありがたいのは、茶々の精神状態はお家にいる限りは
比較的落ち着いていることです。
by 松の実

mさんへ
お母様の退院おめでとうございます。
一過性では後遺症もないのではないでしょうか?

私も1年と少し前に、今日のように留守番勤務で
ネットをだらだら見ている時に多くの老犬ブログを知りました。
ちょうど茶々の老いが目についてきた頃で、
腎臓が良くないと言われて少し経った頃でした。
拝見するたびに茶々がなったら、私もそうしてあげようと
思っていましたが、実際にそういう状況になると
動揺が先に来てしまって…というところがあります。
by 松の実

宵待さんへ
わんこの言い分、きっと山ほどでてくるでしょうね!(笑)
さしずめ、茶々なら、「食べろ食べろって、美味しいものをちゃんと出してくれたら、
食べているでしょう?いつも食べてほしかったら、いつも美味しいものを出してョ」って
ところでしょうか?
きっとこのわんこ、こう思っている!ってわかる瞬間がありますよね。
不思議なことですが・・・

旭山動物園の白クマとアザラシとは目が合うんですョ。
で、一度アザラシに「呆けた顔して私たち見て、楽しい?」って聞かれました、
ってこれも単に感情移入?ですよね~
by 松の実

まめ姉さんさんへ
ここ2日ほど、朝方5時ごろに目覚めてウロウロするのです。
ゴンゴンぶつかりながら歩くので、うるさくって
たまらないので、抱き上げて強制的に私のベッドに連れ込みます。
ちゃんと寝てくれます。
ベッドの使い方だけが問題です。(笑)

ヒメさん、とっても美人さんのシェルティです。
ボビ―ままさんが個性的な夏用カットにしたので
すぐわかるはずです。
by 松の実


コロリンさんへ
茶々はほとんどの時間、ぼんやりと、私や父の存在を認識し、
これまでの生活や環境を認識しているようです。
いったん、調子が崩れると(この間の病院みたいに)何が何だかわからなくなって、ますます
パニックの度合いを深めていくようです。
わからないことが恐怖みたいな感じです。
まだまだ、自分の力で立って歩けているのですから
頑張って貰います。
by 松の実

ボビ―ままさんへ
本当に急でびっくりです。
ヒメさんのほうがずーっと元気だったのに。
老犬は調子を崩さないように気をつけなければいけないという事を学習させていただきました。
3ワンズは元気にしているでしょうか?
by 松の実

早く元気になって又私に会いに来てくださいね。
あんまり遅いと私も老犬なので、会える保証はできませんよ、ままさん。
by 茶々

松の実 |  2009.09.19(土) 13:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |