FC2ブログ
2020年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009.09.25 (Fri)

大切な日課

こんばんわ。
秋晴れが続く釧路です。
今朝は暑いくらいでした。

秋晴れ


秋と言えば収穫の秋、食欲の秋ですね。
釧路では秋刀魚に鮭、新物の「いくら」も出回っています。
じゃがいもやかぼちゃも美味しい季節です。

でも、私に食欲の秋は関係ありません。
生鮭(塩をしていないという意味)はたまに食べますが、
いくらや秋刀魚(アレルギーのため)を食べられるわけではありませんしね。
かぼちゃはや金時芋は好きですが、たくさん食べられるものでもありません。

今日もお父さんが作ったご飯には一切口をつけず、
松の実が遅番で帰ってくるのを待っていました。

手つかずのご飯を見て、ため息つきつつ着替えた松の実とともに
私のご飯タイムが始まります。

じーっと私たちを見ていたお父さんが写真を取りました。

まずはご飯タイムの開始~
イヤイヤながらも、松の実に抱っこされて少しだけ嬉しい私です。

松の実とごはん1


ドライフードを口に運ばれて、その不味さにウェーとなっています。
このくらいのリアクションでは松の実は、フードを運ぶ手を緩めたりしません。

あんまり美味しくない

もうほとんどお腹いっぱいでだんだん不機嫌になってきます。

お腹いっぱいじゃ~


もう勘弁!
もう要らない、もうイヤ!の私です。

もう勘弁して!


この態度プラスこれ見よがしにゼイゼイハーハーと荒い息をしてやると、
すぐにリリースされます。

私がものすご~くお腹が空いている時や、
松の実のフードを押し込むタイミングが上手な時は10分程度で終了します。
私がご飯を食べる気分ではない時や、
松の実の手の運びが下手っぴーな時は20~30分くらいかかります。

食後のお水


このご飯タイム、ほぼ毎日朝と夜に開催されます。
今や、松の実にとってもこの時間がないと一日が終わった気がしないというほど
大切な「日課」となっています。
(松の実の「遅番で疲れて帰ってきて、茶々の口に一粒づつフードを押し込む
こちらの身にもなってほしい」という意見は却下します)

食後のうたた寝


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ







18:50  |  茶々のこと  |  コメント(7)

Comment

茶々殿の表情の変化が かわいくておもしろい~

わたしの日課は 夫の薬の管理です
種類が多いので 朝と晩のそれぞれ用に
小箱に入れておき 食後に忘れないように渡します
自分以外のことが日課になっているのは
松の実さんと同じですね
宵待 |  2009.09.25(金) 21:51 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々ちゃん おはようです。

おぉ~まるでスライドショーを見てるみたいに、
茶々ちゃんのお顔が変わっていきますね^^

茶々ちゃん、食べる事は大事だから、
いやがらないでね^^

松の実さんも、御苦労さまです。
でも、最後のあんなカワイイ寝顔みせられたら
何でも許せちゃいますねe-266
気持ち良さそう(^-^)
まめ姉さん |  2009.09.26(土) 09:37 | URL |  【編集】

本当だ~!茶々ちゃんの顔が
始めの嬉しそうな顔から
ちょっとずつ変わっていくのが
可愛いですv-411

抱っこでご飯・・・大変な面もあるでしょうが
松の実さんと茶々ちゃんの
コンビネーションが羨ましいですv-353
けめちゃん |  2009.09.26(土) 13:18 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

宵待さんへ
ご主人、そんなにたくさんお薬を飲まれているのですか?
父もかなりの種類と量の薬を飲んでいますが、
自分で管理しています。
父は「ただの老化」或いは「単なる疲労」或いは
「皆さん、どこかは具合が悪いところがあります」なんてことを
言われるのが納得いかないタイプで、
ちゃんと病名(病名はなるべく恐ろしげな方が嬉しいようです)がついて、
お薬を出されると嬉々として飲むんです。
私から見ると大したこともないのに薬を飲んで
具合が悪くなっているのでは?と思えてしかたがありません。
単なる老化を認められないことが老化ではないか?と思ってしまう私は親不孝者でしょうか?
ご主人、良くなってお薬が減って行くとよいですね。
お大事に。

茶々の膀胱炎の薬は今日でお終いでした。
再発しませんように!
by 松の実

まめ姉さんさんへ
時として、フードを食べたくなくて、頑として口を開けない茶々と
何とかして食べさせようとする私の戦いのようになります。
小さい頃から、「食べない」と言っては、食べさせたり、
茶々が好きなご飯に変えてあげたりしたので、
食べることに対する甘えが定着してしまったんですねー
若い時なら1食や2食抜いてもなんてことありませんが、
老犬はその分すぐに体力の低下につながりそうで、
毎日毎日のご飯タイムとなります。

まめ姉さんさん、これからも茶々に会いに来てやってくださいね。
by 松の実
松の実 |  2009.09.26(土) 13:29 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

けめちゃんさんへ
「食べる」ってとても大事なことなのに、
ほとんどのご飯を自分で食べない茶々って・・・
可哀そうと言えば可哀そうです。
毎回毎回、鶏肉うどんを出すわけにもいきませんし・・・
一人っ子の私は小さい頃茶々みたいな子だったんですよ。
親が「食べろ~食べろ~」ってあれもこれも
大盛りでどん!と目の前に置かれて、私は
食欲無くして食べない、或いは無理やり食べて
げーっと吐くという子でした。
(今は食べること大好きですが!)
生き物ってほんのちょっとだけ食に満たされていないほうが
ちゃんと食べるようになるのでしょうか?

小春ちゃんを抱っこは無理ですか?
by 松の実
松の実 |  2009.09.26(土) 13:36 | URL |  【編集】

却下!却下!^^だよね。
「大切な日課」なんだもんね。
はずすわけにはいきませんっ

太郎はまだまだまだまだ食欲あります。
自分で食べますし、ありがたいなぁ~と思っています。
時々詰まらせて?喉に引っかかってケーッと言ってます。。。
最初はびっくりしましたが、このごろは「ケーッとしてちゃんとお腹に入ったかぁ~?」と言うだけです。。。。大丈夫、むしゃむしゃ食べています。

膀胱炎治りますように^^
m |  2009.09.26(土) 17:48 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

mさんへ
茶々も食欲がないわけではないのです。
単なる我儘、甘えなのです。
その我儘と甘えに16年以上も付き合ってきた
飼い主が悪いのですが・・・・

太郎君もケーっと言います?
茶々も私に食べさせられながら言うのです。
心配症の私は「誤嚥性肺炎」になったらどうしよう?なんて!
或いは釧路市動物園のアムールトラのタイガみたいに
肉片を喉に詰まらせて窒息死したらどうしよう?
なんて!思いめぐらせます。
茶々は小さな頃から食べるのが下手だったんです。
よく、カーッカーッってやっていました。
年を取ると、食べ物を飲み込む力が衰えてくるんですよね、人も。
今日たまたまローカル新釧路新聞に「食事はゆっくり誤嚥性肺炎を防ぐ」
という記事を読んだので心配になっただけですー
by松の実
松の実 |  2009.09.26(土) 18:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |