2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.04.04 (Sun)

時は流れて

こんばんわ。

昨日のことです。
昨日はお天気も良かったので、とても充実したお散歩を楽しみました。

穏やかな日差し

去年の秋に亡くなったシベリアンハスキーのアンリさんのお家の前を通った時です。
お家からアンリさんのお母さんとお父さんが出てきて、ニコニコと、でも少し切なげに、
そしてとても愛しいものを見つめるまなざしで私をじっと見ていました。

たくさん歩いたお散歩


アンリさんのお母さんが、「あ~こんなになっちゃったんだね、でもまだ頑張っているね。
まだまだ頑張れるね。」って言いました。
アンリさんのお父さんも「ああ、ああ、まだまだ大丈夫だ~ちゃんと歩いている」って。
北海道犬のシロとハスキーのアンリを連れて毎日毎日散歩するお父さんと私の散歩中に
よく出会ったものです。
4~5年前にシロさんが亡くなり、アンリさんは1週間苦しくて
鳴いて鳴いて亡くなったそうです。
お母さんは、「アンリも茶々くらいの大きさだと、もっと面倒を見て上げられたのに・・・・」
って言ってました。
ハスキーでも大きい方だったアンリさんの体勢をお母さん1人では変えてあげることもできず、
もちろん抱っこしてあげることもできなかったそうです。

充実したお散歩

お二人にさようならを言った後も、ずーっと私の後姿を見ていたお二人です。
もう一度お父さんが「ああ~ちゃんと歩いている、大丈夫だ」と何とも言えない口調で
つぶやいたのを背中で聞いた松の実は、思わず涙が出そうになったそうです。

私と松の実の住む団地は、17年前はもの凄い数のワンコが暮らしていました。
団地が新しく、子供のいる家庭も多かったし、松の実の家のようにリタイアして
新しく移り住んだ家庭もありました。

今思い出しても、我が家のご近所には、ロク、マク、レキ、ファルコン、ココ、
アスカ、ハッピー、ホリ、駿、なな、ペン、それに、シロ、アンリ、昴、チャッピー
それから名前を知らないハスキー2頭、柴1頭、秋田犬1頭、等々です。
今も頑張っているのはシーズーの駿ちゃんと、2頭のハスキーのうちの1頭だけです。

とにかくワンコと暮らすお家が多く、中にはマナーの良くないお家もあり、
団地内の道端のアチコチにワンコのうんPが落ちていたものです。


時は流れました
7~8年前の私です。

最近はめっきりそういったブツもなくなりました。
マナーが向上したのではありません。
ワンコと暮らすお家が激減したのです。
これはこれで、寂しさを感じることではあります。
小学生だった子供達はお家を離れ、一緒に暮らしたワンコを亡くしたお家では
次のワンコを迎えていません。
近い将来、団地に住むヒトの代が変わり、もし若い家族が又増えたら
昔みたいにワンコがたくさん住む団地になるでしょうか?

久しぶりの道を歩いて、感傷的になってしまった私です。
22:05  |  その他  |  コメント(17)

Comment

アンリちゃんのお父さん・お母さんの言葉は嬉しいですね。まだまだお二人は寂しいのでしょうね。松の実さんが涙ぐむのがわかります。読ませてもらった私までもがグッときました。お父さんもお母さんももっともっとアンリちゃんのお世話してあげたかったのでしょうね。大型犬だと確かに抱っこするのも大変でしょうしね。鳴きながら一生懸命ありがとうと伝えていたのではないでしょうか?
茶々ちゃん、まだまだ松の実お母さんと一緒にいようね。ピョンピョン歩きが出来るんだから大丈夫だよ!
茶々様 |  2010.04.04(日) 22:23 | URL |  【編集】

茶々ちゃん 松の実さん こんばんわ

我が家の住む団地?住宅街も40年前に
分譲していたらしく 住んでいる方々は
(当時購入した方々) 皆 定年されています。

犬が亡くなってしまった家には
今 赤ちゃんが来ています。 小型犬です。

私も大型犬が大好きで 憧れなんですが
飼っている知り合いを見ていると
やっぱり 介護は難しいようです。

介護についての具体的な話を聞いた事が無いので
わかりませんが、、、

子犬からでは無くても、里親制度なので
高齢の方でも 犬と一緒の生活を
送れれば良いなと 思うのですが、、、。
BOSS母 |  2010.04.04(日) 22:49 | URL |  【編集】

めぐる~めぐるよ~時代はめぐるぅ~♪

ちゃ~ちゃん、すっかり春の陽気ですね。
新潟も、ひなたは暖かでした(日蔭はブルブルです)
老犬介護についての、一押しの一冊があります。
中塚圭子著「犬の老いじたく」角川新書798円です。介護の方法、予防法も出てきますが、事例として登場する、それぞれのワンコと飼い主さんの姿が、胸に響きました。

我が家も、成犬からの譲渡でした。この次も・・・。
つま |  2010.04.04(日) 23:07 | URL |  【編集】

こんばんは!
今日はいいお天気でしたね~
ジュンも 何ヶ月ぶりかで 外の空気
タップリ吸えました!冬の間は 1~2度ですも
のね 外でたのは。
風邪を引くと この歳ではちょっと まずい
ですものね~
すごい歩き方ですが あれでも テンション
高かったんですよ 今日は・・(笑)

emihanaさんが 今 自分のブログも開けない
状態で 茶々ちゃんの所へも 行けないと
コメントが入っていましたので もう少し
待って下さいとことでしたよ。
どうなっているんでしょうね。早く 回復する
といいですね。
ジュン母 |  2010.04.05(月) 00:29 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々ちゃん こんにちは
先日はモコのことを偲んでいただき有難うございます 
とても感謝しておりますm(__)m
モコの姿が見えないことはとても寂しく
急にグッと悲しみが湧きあがってきたりもしますが
不思議なんですが モコが生きてるときに 
”もうすぐこの子はいなくなっちゃうんだよな”って
死を覚悟して 必要以上に不安に思っていた毎日より 
私自身は今は気持ちが少し楽な気がしています
モコが旅立つとき ”もう頑張らなくていいよ 連れて行ってやってほしい”と
家族みんなで願ったくらい最後は苦しかったので 
もう充分だと納得できたのかもしれません
そこに姿は見えませんが モコ~ って話しかけると
そばにきてくれてるような気がしてますし
それに こうして茶々ちゃんや 他の愛されてるワンちゃんたち 
そのご家族のやさしい日常をブログで拝見させていただくことで 
日々元気をもらっています♪

アンリさんのお父さんとお母さんのお気持ち とても切なくて涙がでてしまいます
アンリさんを失った悲しみはなかなか癒えることはないと思いますが
茶々ちゃんの頑張る姿が お二人の心に癒しになるといいなと思います
私も茶々ちゃんの可愛い姿に救われています
茶々ちゃんはまだまだ大丈夫!! 元気でいてくれること強く願ってます☆




クニゾー |  2010.04.05(月) 11:18 | URL |  【編集】

こんにちは!

松の実さん、茶々ちゃん、こんにちは(^o^)
アンリちゃんの飼い主さんのお気持ちとてもグッときました。
やはり昔の事を思い出し茶々ちゃんにもっともっと長生きしてほしいと願っているのでしょうね!
私の住んでる町は老人が多くワンコちゃんも少ないです。ゴンが散歩をしていた頃は公園や川沿いでワンコちゃんに会ってましたが、もうそのお友達もどうしてるかなって思う今日この頃です!
何回もしつこいですが茶々ちゃん!たくさんお散歩して楽しんで下さいね(^^)
ゴン太 |  2010.04.05(月) 17:10 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは~
アンリちゃんの飼い主さん、チャーちゃんにアンリちゃんが重なって
とっても懐かしく、嬉しくさえ思われたんじゃないでしょうか?
私も未だに逝った茶々丸の事、色んなシーンで思い出します。
家族も同じで、「そうそう、茶々、あんな事があったね」みたいな会話が。

失う悲しみは人も動物も同じですが
出会えた幸せや喜びは褪せませんね。
よく、ウチへ来てくれたね~、みたいな。。。

チャーちゃん、毎日毎日を
元気で楽しく過ごしてほしいです。

芝生で寛ぐチャーちゃん、可愛いなぁ~☆
ururu |  2010.04.05(月) 19:07 | URL |  【編集】

我が家の周りは・・・
数十年前は子供の声が響いてて、外で遊ぶ近所の子供たち・・・
それが最近はワンを散歩させる中年のおばさんおじさんばかりです。
まぁその中に我が家も入ってますが・・・
私はワン達が孫みたいな感じです。
ボケ防止にもいいのよね~(笑)

ボビーまま |  2010.04.05(月) 19:13 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

茶々様さんへ
アンリさんのお父さんとはお散歩でよくお会いしていたのですが、
奥様とはあまり面識がなかったので、
お家の中から茶々を見つけて外に出てきてくれたのには驚きでした。
しかも奥様が先だったので・・・
シロは17歳、アンリも15歳ですから2頭とも長生きです。
でもどんなに長生きしてくれたワンコでも別れは辛くて切ないですよね。
by 松の実


BOSS母さんへ
リタイアされた後で、ご夫婦で新たなワンコを迎えるのは素晴らしいことだと思います。
我が家の回りはどちらかというと、
子供も巣立った後とワンコの亡くなった後の
寂しさから抜け出ていないお家が多いようです。
大型犬は1人では抱っこもできず、病院に運んであげることもできず・・・
やはり面倒を見る側の体力・経済力が小さなワンコより必要かもしれません。
by 松の実


つまさんへ
もちろんお勧めの本はぶうこ姫のところで紹介された時に購入して読みました。
私は自分が一番可愛い人間なので、
今は茶々が亡くなった時、自分は耐えられるだろうかと不安なんです。
クニゾーさんがコメントしてくださっているような心境になれたらな~って思っています。
最近、mさんからのコメントをいただけていないのですが、
お元気でしょうかね~
つまさんのところにもいらしていないですよね?
体調でもくずしていらっしゃるのか、
太郎さんが具合が悪いのかと少し心配しているんです。
by 松の実



ジュン母さんへ
emihanaさんからは連絡があって、すでに仮住まいのところへお邪魔してきましたよ。
釧路は今日は一転してとても肌寒い一日でした。
釧路の桜開花予定が5月17日だそうですから
まだまだ春へは足踏み状態です。
ジュンさんも久しぶりの外の空気を満喫されたようでよかったよかった。
多少歩き方がヨタヨタでも、自分の足で歩けるよう
これからも頑張ってもらいたいです。
by 松の実


クニゾーさんへ
クニゾーさんのように思えたら・・・と心から思います。
今、私も茶々を見ていて思います。
茶々が死んだら、私はちゃんとしていられるだろうか?
仕事に行き、社会人生活を送れるだろうか?って不安になります。
時々うん~と自分本位になって「よし、茶々が死んだら海外旅行に行きまくって、
宝塚にいきまくって!」と考えたりしますが、
茶々がいないのに、そんなことしても楽しくないようにも思えて・・・
ウンと若い頃、母が亡くなることが恐怖でしたが、
その時が来たら、取り乱したりもせず、泣き続けることもせず、
思いのほか落ち着いていられたことを思い、
茶々のときもそうでありますように・・・と祈るような思いです。
by 松の実


ゴン太さんへ
ゴン太さんのお家の周辺も我が家と状況は似ているようですね。
ウチの周辺はそれほどまだ老人ばかりというわけではありませんが、
ワンコは本当にいなくなりました。
アンリさんの飼い主さんの茶々を見つめるまなざしが何ともいえなかったです。
奥様が茶々をなでようとしたのですが、
最近の茶々はすぐにガブってしてしまうので、
噛んだら困るので・・・ってナデナデをお断りしてしまったのが悔やまれます。
きっとあのお二人だったら茶々もわかってガブッてしなかったかも・・・・
by 松の実


ururuさんへ
そうですね、出会えた幸せはなにものにも換え難いものです。
母が亡くなった当初は、しっかりと落ち着いた私ですが、
年が経つごとにふっと母との思い出がよぎることがあるんです。
そういう時、とてつもなく寂しく、
やはりもっと生きていてほしかったと思うんです。
茶々との別れの後もそういうことがあると
私は大丈夫かしら?って不安になります。

芝生でニカッとしている茶々、
やはり今とは全然違う生命力あふれた顔つきですよね!
by 松の実


ボビーままさんへ
どこの都市も高齢化は進んでいるようですが、
子供達や若い人ってどこにいるのかな?って。
ボビーままさん、ワンコが孫っていうお年でもないですよ~
私にとって茶々は妹なんですよ。
一人っ子なので、茶々は遅くにできた私の妹なんです。
妹が先に逝くのは許しがたいです。
どちらかというと、私の場合は茶々と一緒にボケて行っているような・・・(笑)
by 松の実
松の実 |  2010.04.05(月) 21:26 | URL |  【編集】

心に沁みる記事でした。
アンリちゃんのお父さんとお母さんのお気持ち、そしてお言葉…
どうしても茶々ちゃんの姿に重なるのですね。
でも、とても愛されたアンリちゃんとシロちゃんだったんだなと、胸があつくなります。

お庭の茶々ちゃん、かわいいですねぇ。
やっぱり女の子柴です。
笑っているお顔が「幸せ~」と語っていますね!
milleco |  2010.04.06(火) 01:45 | URL |  【編集】

桜の木の下で 白い秋田犬に会いました
そっと手を伸ばしたら 頭をすり寄せてきて甘噛み
うれしいので ずっと噛ませていたら
飼い主さんが「こらこら調子に乗るなー」と
連れて行ってしまいました
飼い主さんは男性でしたが この子が本気で引っぱったら
ちょっと手に負えなくなるかもしれませんね
自分の感覚では 柴犬くらいが
ちょうどいい大きさだと思っていますが
大きなわんこも 世話はたいへんでしょうけど
やっぱりいいですねー(でれでれ)

芝生の茶々殿 とてもすてきな笑顔です
うちはずっと外わんこだったし
カメラも今のように普及していなかった時代なので
飼っていたわんこの写真が全然なくてさびしいなぁ

えっつまさん もしかして姫の後継ぎを…
宵待 |  2010.04.06(火) 08:36 | URL |  【編集】

父が亡くなった時 冷静に見送る事が出来たけど 
友達のワンコが亡くなった時 昼休みに連絡貰って駆けつけて 号泣して 会社にだいぶ遅れて行った私は ももっちが死んだら どうなるんだろ?おそろし~~~~
近所のアンリさんご夫婦 悲しみが癒えてきて茶々ちゃんに話しかけることが出来るようになったんだね ご近所さんの応援をしっかり受け止めまだまだ元気でいないと駄目だよ!
たたこ |  2010.04.06(火) 08:57 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

millecoさんへ
ご夫婦でお家から出ていらっしゃったのには
本当に驚きました。
アンリは茶々と同じような年齢、同じ団地で
ワンコとは言え、同じ時代を過ごしたわけです。
その茶々がお二人にはやはり愛しく、懐かしい存在だったのかもしれません。
小走りでお家から出てきたお二人を見た瞬間に
私も胸が詰まりました。

芝生の上の茶々、若いでしょう?
何と言っても尻尾が若い!
by 松の実


宵待さんへ
秋田犬というと思いだすのが、
宝塚大劇場のワンワンパークにいた「小秋」ちゃんです。
真っ白い足長の美人さんでした。
スタッフさんも、小秋ちゃんびいきの私を覚えてくれていて
昨年行った時には、真っ先に「小秋ちゃん、大事にしてくれる人にお譲りしたんですョ」って
教えてくれました。
年齢が行くとああいう施設にいるのは可哀そうですし、
可愛がってくれる人がいて、ワンコが懐いている人だったら、
お譲りすることがあるんです、とおっしゃっていました。
きっと小秋ちゃんも新しい飼い主と幸せに暮らしているだろな~って
宵待さんのコメントを拝見して思いました。
by 松の実


たたこさんへ
たたこさん、私と一緒ですね~
そう、私も母の時は不思議と大丈夫だった。
今も、寂しさは変わらないけど、
感情的になってどうしようもない、とはならなかった・・・
無神論者だけど、神様はちゃんと親の死を乗り越えさせてくれているんだなって思いました。
ワンコの死にたいしても、どうか同じようにお取り計らい下さいますように!って
信じる神もいないくせに祈るお調子者の私です。
by 松の実
松の実 |  2010.04.06(火) 12:50 | URL |  【編集】

体調が悪く、なかなか最近読みに来れなくてごめんなさい。
茶々ちゃん、切なくなっちゃったね。
お友達が、次々にいなくなるのは、やっぱり我が身のようで、悲しくなりますよね。
昔の団地で、ペットOKなんて、珍しいですね。
最後の写真、とても素敵な笑顔ですね♪
とっても可愛いです。
らんママ |  2010.04.06(火) 19:10 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

らんママさんへ
らんママさん、まだ体調が思わしくないのですか?
ドッグランにランさんと一緒に行ったりしていらっしゃったので
良くなったと思っていました。
お大事に~
団地? いわゆる高層アパートが群れなすような団地ではなく、
宅地用造成地?と言うのでしょうか?
ウチのような安い建売もあれば、豪華な注文住宅もあり~の住宅地です。
本州では、昔、こういう場所でもペット不可があったのですか?
最後の茶々は若い!です。
尻尾に注目です(笑)
by 松の実
松の実 |  2010.04.06(火) 19:54 | URL |  【編集】

アンリちゃんのお父さんとお母さんのお気持ちに、胸がきゅ~んとなりました。
茶々ちゃんが元気にお外を散歩している姿が、きっととても嬉しかったんですね。

芝生のお庭でいい笑顔の若い茶々ちゃん、もちろん可愛いのですが、シニアになった子の愛おしさはそれにも勝ると思います。

大きい子の介護は、本当に大変でしょうね。
私も痩せて12キロぐらいになったえるべぇを起こしたり寝かせたり、抱っこしたり支えたりして、手も腱鞘炎になり、腰にもきて、可愛かったから乗り切れたけれど、体力的にはきつかったです。

今シニアワンコのお世話されている方々が、健康を損なうことなく心ゆくまで長く一緒に暮らせる事をお祈りします。
なっちぇる母 |  2010.04.07(水) 10:25 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

なっちゃる母さんへ
えるべぇさん、痩せて12kgですか。
大きなワンコだったんですね。
ワンコでもヒトでも、介護は腰を悪くしそうです。
茶々は体重は軽いのですが、茶々の面倒を見るときの姿勢が腰やら背中に・・・・
5~6年後だったら、こちらの体力がなくて
茶々の介護もギブアップだったかもしれません。
毎日毎日ドキドキさせられることの多い老犬との暮らしを楽しみます。
by 松の実
松の実 |  2010.04.07(水) 18:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |