FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.09.24 (Fri)

秋晴れの日に

こんばんは~
まさに秋晴れの釧路地方でした。

秋晴れ!

ただし、朝晩は寒いです。
今も床暖がついたままです。
外気温8度です。

昨日、「チビリ犬ウルルと母のまどろみ日記」でいただいた
ururuさんからのコメント返しを読んで、いろんなことを思い出した松の実でした。

ururuさんのお嬢さんは数ヶ月前に晴れて一人立ち~で、
お家を離れられました。
ururuさんのコメント返しの最後に、
飼い犬ワンコのウルルちゃんに向かって
お嬢さんの名前で呼んでしまったという文章を読んだ時、
「ウチと一緒・・・」と叫んだ松の実。

花たちと撮れるのもあと少し


一人っ子の松の実です。
私が来るまで、お父さんもお母さんも名前を呼ぶのは「松の実」だけでした。
そこに私が来たのです。
呼ぶ相手が「松の実」と「茶々」になりました。
30年間、ひたすら松の実~と呼んできた二人。
少し混乱してしまったようで、
私にむかって「松の実」と呼ぶことが頻繁にありました。
そのうち、もっと混乱したお母さんは松の実に向かって「茶々」と
呼んでしまったこともあります。
いつまにか「松の実」を呼ぶよりも「茶々~」と私を呼ぶことのほうが
多くなっていたんです。

今年もなった栗


私を松の実と間違っているうちは苦笑いだった松の実も
茶々と呼ばれたときはかなり複雑だったようです。
そうでなくてもお母さんは私も娘の松の実も一緒の扱いでしたから・・・

梨もなった



お母さんは重い喘息で頻繁に大きな発作を起こしては入院していました。
松の実が台湾で働いている時期はほとんど入院していました。
いつもいつも思うのは台湾にいる松の実のことだった、と
お母さんは言っていました。

そんなお母さんですが、私が来てからは「いつもいつも思うのは茶々のこと」と
なりました。
これはお母さんが松の実に言っていました。
「不思議だね~前はいつもいつもあんたのことを考えていたけど、
今は、茶々のことばかり」って。
病院のベッドでも、「茶々が一人で留守番している。寂しくって泣いていないだろうか?
お腹は空いていないだろうか?と心配で心配で・・・」とも言ってました。
お母さんはしょっちゅう病院を抜け出しては私が待つ家に帰ってきて、
おやつをくれて、遊んでくれて、抱っこしてくれて、そして病院に戻っていきました。

緑の芝生もあと少し?

昨日はお彼岸だったせいでしょうか?
ururuさんのコメント返しでそんなことを思い出していた私と松の実です。

お庭には今年も栗がなりました。
例年は食べられるまで実が入らない栗。
今年のように暑かった年でも、実がはいっていないのでしょうか?
また、梨もなりました。
こちらはどうでしょう?

お隣の鶴居村で、趣味で水田を作ったヒトがいて
今年は米が採れそうだ~とおっしゃっていました。

それでは楽しい週末をお過ごしください。
23:59  |  茶々のこと  |  コメント(8)

Comment

おはよーございます

うちもいっしょ~!
思わず叫んじゃったわ。

母はうらんが来てから、私に『うらん!』とか、うらんに『ハイジ!』と時々呼んでました。
また、お買い物先のデパ地下で当時8歳の甥っ子に『うら~ん!』なんて呼んじゃった事も!ありましたよ。
似たような事皆さんあるものですね~。

茶々さん、今日のお天気は如何ですか?こちらはとても良いお天気、秋晴れです。
お天気の良いときにいっぱいお散歩しましょうというね。

私は今日はまたまた日帰り旅行。熊野本宮大社へ向かっています。


栗、食べられると良いですね。
ハイジ |  2010.09.25(土) 09:10 | URL |  【編集】

お母さん茶々ちゃんのことが可愛くて可愛くて仕方なかったのですね。大事にされていたのですね。お空から茶々ちゃんを笑いながら見守っているんでしょうね。すっかり釧路は寒そうですね(なんか言い方変?)
栗かぁ~秋はまたまた美味しい物が食べれる季節。あ~お腹だけは空くな~。
ななチロママ |  2010.09.25(土) 16:32 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々ちゃん、こんにちは(^O^)
お母様、茶々ちゃんが大好きだったのですね!娘さん?お孫さん?のような存在だったでしょう☆☆
秋晴れでのお散歩茶々ちゃんも嬉しそう(>_<)
新鮮な空気を吸って日光浴して健康的~(^^)v
一年中こんな快適な季節だったらいいのに~ってちょっと変化ないのもつまんないですね(-^〇^-)
昨日はTVで釧路湿原、ノロッコ号、釧路川でのカヌー、かって丼など見ましたよ!
観光客で賑わっているのですね~♪♪
かって丼、美味しそうでヨダレでました。大きなエビ500円をおばちゃんがオススメしてましたぁ(笑)
ゴン太 |  2010.09.25(土) 17:03 | URL |  【編集】

昨晩 夜更かししておりまして、
今回の記事を読ませていただいたら、、
涙 ポロポロ、、っと。

お母様は 入院先に戻るの どんな気持ちだったのかな?って
考えちゃいました。

梨は洋ナシなんですね!?
鳥に狙われないですか?
BOSS母 |  2010.09.25(土) 18:54 | URL |  【編集】

わかります、わかります!
名前の呼び間違え。
松の実さんがいつも書いてらっしゃるように
お母様にとって茶々ちゃんも松の実さんも
可愛い大事な娘だったのでしょうね(^^)

お庭の梨も栗も食べられるといいですね~
夏に頂いたブルーベリーはヂャムにして
美味しく食べましたよ(^^♪
今こちらは松の実ならぬアーモンドの実が
大豊作です!
こたつ |  2010.09.25(土) 19:20 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
日帰り旅行、お疲れの出ませんように~
私も1泊で良いのでどこかに行きたいな~
やはり呼び間違いはありますよね!
ウチは両親そろって、茶々に向かって「松の実」って一体何度・・・
茶々もよく自分の名前が「松の実」って勘違いしなかったものです。
茶々は17年間の間に一体何度「茶々」って呼ばれたのかな~
きっとすごい数。
3人で、茶々、茶々って呼んでいましたからね~
by 松の実


ななチロママさんへ
母は本当に茶々を可愛がっていましたね。
茶々可愛さのあまり、母にとって他のワンコは
みな駄犬扱いでした。
家の前を通るワンコを見ては、
「みったくない~」
「あのバ○犬~」ってそれはひどいものでした。
あげくに「どうして茶々はそんなに可愛くって
賢いんでしょう」でした。
by 松の実


ゴン太さんへ
母の茶々の溺愛ぶりは相当でした。
昨日はホントに気持ちのよい日でしたが、
今日は一日ストーブなしではいられない
とても肌寒い日でした。
釧路が紹介されたのですか?
見たかったです!
ノロッコ号も良いですが、「SL冬の湿原号」がお勧めです。
和商市場の勝手丼は、ちょっと欲張ると
目の玉が飛び出るような値段になってしまうので要注意です。
by 松の実


BOSS母さんへ
茶々が来てからは、入院しても比較的短期間だったので、
病院に戻るのはそれほど苦痛ではなかったと思います。
ただ、私が台湾時代は父の勤務先の関係で、
一度入院すると長期になってしまったので、
精神的にかなり落ち込んだようです。
一度、「病棟の窓から見えるアパートの明かりを夜になると見に来る」って
言われたときは泣きそうになりました。
どんな思いで誰かのお家の明かりを見つめていたのかな~と。
梨はきっと、美味しくないってこの辺の鳥は知っているからではないでしょうか?
by 松の実


こたつさんへ
アーモンドって、こちらの桜の季節に、
そちらではアーモンドのお花見です~と
おっしゃっていたアーモンドですね。
大豊作なのはスペインも暑かったから?
でも、こたつさんは、今年の夏のほとんどは
日本でしたから、ご存じないですね~
今日は11月か?と思うほど寒い一日でした。
栗はやはりダメみたいです・・・
by 松の実
松の実 |  2010.09.25(土) 20:17 | URL |  【編集】

あはは~
ちゃんと呼んでるつもりがね、うっかり違う名を呼んでいるんです(^^;)
これってどういうことでしょうね^^

でも松の実さんのお母様のお気持ちはよーくわかります。二人とも(いえ、一人と一匹とも)
同じ大事な「ウチの子」なんですね☆

でも、「茶々」と呼ばれた松の実さんは複雑ですよね。ウチの娘もうっかり「ウルル~」とか呼んだりすると、とっても怒ります
「犬と一緒かい!」ってね(笑)
ururu |  2010.09.28(火) 14:50 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ururuさんへ
そう、茶々も大事なウチの子だったので、
親からすると、茶々も私も一緒だったんですね・・・
ただし、やはり実の娘に向かって
犬の名前を呼ぶのはどうなんでしょう?(笑)
私が生まれてから私以外の赤ちゃんや子供を
可愛いと思ったことない!と言っていた母の
心を2日間ほどでとりこにした茶々ってすごい!
by 松の実
松の実 |  2010.09.28(火) 15:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |