2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.01.18 (Tue)

北海道カルタ

こんばんわ~
今日もグルグル~ウロウロ~と頑張る私です。

ウロウロしていたら・・・

あんまり頑張ると、こうやって突然こけちゃいます。

コケタ。デヘヘ・・・

最近新聞で「カルタ」に関する記事を目にする松の実。
どこそこの小学校ではカルタ大会が開催された~や、
先日は北海道新聞の折込に「百人一首」の特集が組まれていました。

百人一首


百人一首って、読み手が上の句を読んで下の句の札を取るんですよね?たしか・・・
とても文化的で知的で風流で優雅なお遊びだ思います。
でも、北海道では違うってご存知でしたか?
北海道の百人一首・・・読み手は上の句をすっとばして下の句を読みます。
そして当たり前のように下の句の札を取ります。
ヒトの作った歌を勝手に半分に切って遊ぶ北海道・・・
風情も何もあったものではありません。
しかもコレ。

木製カルタ

木札です。
なんでも開拓時代、百人一首を覚えるなんて優雅な時間もなく、
風流を楽しむ余裕もなく、手っ取り早く「カルタ遊び」をするために
今の北海道方式ができて、気が短くて気の荒い人たちが紙の札を
すぐに破ってしまうので木の札になったとか・・・・

松の実が親から教わった百人一首の遊び方も悲しいことに北海道方式、
別名「下の句カルタ」でした。
今の若い人たちの間やこれからの北海道では「下の句カルタ」が
廃れていくと良いな~思う松の実です。

でも同じ北海道カルタでも下の画像のものは面白いので
全国区の人気にならないかな~なんて思うそうです。

北海道カルタって?

北海道方言カルタだそうで、どこかのお土産店で見つけたものです。
読み札には「めんこいねぇ。山田さんちのばちっこかい。」
「茶碗うるかしといて。あとで洗うから」
「この餅、ねっぱるから、はばけんでないよ」などなど~
太字が北海道言葉らしいのですが、
松の実は「はばけんでないよ」を初めて知ったそうです。
皆さん、わかりますか?

いくら私が賢いワンコ(正しくは賢かったワンコ)でも
カルタ遊びはできませんし、興味もないので
くったりと寝させていただきます。

食器台を・・・

21:41  |  その他  |  コメント(19)

Comment

私も やっとかめ を知ったのは高校生の時のNSPの名古屋公演のLPレコードでです

昔使われていた言葉も 廃れて行くのでしょうね~

やっとかめ 分かりますぅ?
くうちゃん |  2011.01.18(火) 22:13 | URL |  【編集】

松の実さんの「北海道シリーズ」
(勝手に名づけてしまいました)
大好きです!

こんな面白い方言カルタあるんですね。
私は「はばけんでないよ~」は知ってますよ。
慌ててご飯を食べてた時に
親から「はばけるよ!気をつけて」と言われてました。
我が旦那(東京生まれ)は
「ちょす」がお気に入り!
俺の机ちょすな~とか使ってます。

茶々ちゃん最後の写真
「あずましくなさそう~」ですけど
寝れてますか?
こたつ |  2011.01.18(火) 22:18 | URL |  【編集】

北海道の言葉さっぱりわかりません。
意味が気になりますぅ。(笑)

めんこいだけはわかります。
可愛らしいという意味ですよね。

ちなみに、「かわいそうだね」を福井弁に直すと「もつけねえのぉ」です(笑)
桜ママ |  2011.01.18(火) 23:20 | URL |  【編集】

「下の句カルタ」ってはじめて聞きました!
よっぽど面倒だったのか、しかも木札なんですね。興味深いですね・・・

こちらでも今は聞いたこと無い方言も多々あります。北海道の方言は難しそう(笑)

茶々さんのために考えられて置かれている包みの中はペーパーだったのですね!
私もやってみようと思います。

水色の包みは何か気になります。

ももっち |  2011.01.19(水) 00:27 | URL |  【編集】

函館の叔母と電話で話していると
時々 なまら という言葉が出てきます。
ずっと不思議でしたが
ちょっと前に 水曜どうでしょう に
はまった私。やっと なまら を理解できました。

百人一首 苦手です~
昨日会社でそんな話してたんです(笑)
古文なんて勉強しても覚えられなかった!って(苦笑)
会社の若い子は なんと見事な平城京 710年
と 覚えたらしいのですが
私は 納豆ネバネバ平城京 
無くしたお金は平安京 っと覚えた。
もちろん 笑われましたヨ!

茶々ちゃん ゆっくり眠れますか?
運動したらグッスリ ゆっくり眠ってくださいね!
BOSS母 |  2011.01.19(水) 07:22 | URL |  【編集】

父ちゃんのブログは「春夏秋冬」
私のとはぜんぜん世界が違うよ!!
これが夫婦?って言うくらいだわ(>_<)

百人一首が木札って北海道だけなの?
知らなかったわ~
子供の頃、正月に親戚が集まると百人一首でした。
でもヘタに手を出すと木札が飛んできて~
危険な遊びでしたよん♪
「乙女の祈り」は特別な札じゃなかった?
あれだけは取りたいって思ってたわ~

ボビーまま |  2011.01.19(水) 08:13 | URL |  【編集】

道産子カルタ、

はばけるって、よく我が家では使ってます。
むせるって意味ですよね??
ポワンがご飯を早食いするので、うちの母は「ポーチャン!!またはばけるよ!!」って注意を促します。
日常色んな北海道弁が出てくるので、斉藤家道産子カルタでも作ってみようかな(笑)

昨日のグレープフルーツですが、今は私もそのまま食べてます(=°ω°=)
体型気にしなければ砂糖かけたいのですがね(笑)
こはる日和。 |  2011.01.19(水) 10:59 | URL |  【編集】

松の実さん、こんにちは~
へぇ~~!
北海道は下の句ですか?
びっくり!!!

子どもの頃、百人一首は我が家の伝統の遊び?でして・・・
亡き兄は高校時代、
百人一首は学年一だったと記憶しています。
やっぱり、遊びながら覚えるってことでしょうか?(苦笑)

↓チャーちゃんの絵、額に入れて下さって恐縮です。そうそう、額は絵の衣装だそうで?
下手な絵も何とかしてくれるようです(^^;)

グレープフルーツ、
日本で流行りだした頃は砂糖がけでしたね?たしか。。。
で、甘みのない神奈川自家製はやはり砂糖・・・あ、蜂蜜とか色々必要かもです(苦笑)

ご紹介下さってありがとうございました。

今日の寒さ、チャーチャン、お散歩してるのかしら??
ururu |  2011.01.19(水) 16:33 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々ちゃん、こんばんは(^O^)
北海道カルタ面白いですね~♪♪紙ではなく板であったり最後の方言カルタなんか楽しくていいですね~(≧ε≦)
わぁ~北海道の方言全くわかりませんね( ̄∀ ̄)読むのにも一苦労しました(^_^;)
茶々ちゃんはわかるかい??
ゴン太 |  2011.01.19(水) 19:55 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

くうちゃんさんへ
「やっとかめ」、まったく想像がつかなかったので、
調べちゃいました。
やっとかめ→八十日目(やっとかめ)→久しぶり~
だそうですね。
私は先日の雪の日のくうちゃんさんの
「どえりゃ~ことになっとるがや~」がとても
実感がこもっていて大笑いさせていただきました。
by 松の実


こたつさんへ
茶々はあずましくない体勢をものともせず
しばしあのままで眠りコケマシタ。
「はばける」はまったく初めてで、
その意味も想像ができませんでした。
父方は奈良からの移住者なのですが、
あまり北海道言葉は使わないんですよね。
母方はもろ北海道言葉でしたが・・・・
「ちょす」は使いました~
最近の若い子も使っているのかな?北海道言葉。
by 松の実


桜ママさんへ
おっしゃるとおり、「めんこい」は可愛いらしいです。
「もつけねえのぉ」もまったく想像できない言葉ですね。
ななチロママさんがよく日記で使う
「~~~さ~」のアクセントを聞いてみたいです。
北海道もよく語尾に「さ~」をつけるんです。
by 松の実


ももっちさんへ
トイレットロールを布で包んで立てています。
今よりうんと激しくグルグルと小回りしていたときに、
こういったものにぶつかるとグルグルをやめていたのです。
これ、茶々はきわめて有効に活用していますが、
父も私もいかにも荒れた家に住んでいるような気分になり
かなりストレスがたまります・・・
北海道は移住者の集まりなので、北海道の方言の
語源となるものは全国のどこかにあると思うのです。
by 松の実


BOSS母さんへ
「なまら」は最近、お土産品にプリントされたりしています。
この「なまら」も私はかなり年を取ってから知りました。
平城京も平安京も素晴らしいです!
私はなんと覚えたかもうまったく覚えていません。
もともとが頓知が利かないタイプだから
真っ正直にひたすら覚えていたような気がします。
百人一首をまっとうな方法で遊んでみたかったなと思います。
by 松の実


ボビーままさんへ
天津風~で始まる歌ですね?
我が家は家族3人でよくカルタ遊びしていました。
読み手はいつも父でした。
今、たとえ下の句カルタでも
あれらの札をとれるかな(読めるかな)と自信がないです~
本州は優雅に紙の札だそうです。
ご主人のブログ、素敵ですね。
画像が素晴らしい!
和商市場にいらっしゃったときのことも掲載されていて嬉しくなりました。
確かにボビーままさんのブログとは雰囲気が全然違います。
by 松の実


こはる日和。さんへ
へ~「はばける」ってけっこう一般的な言葉なんですね。
スペインの道産子こたつさんもご存知だったし~
私は知らなかったんですよ~
こはる日和。さんと北海道言葉もあまり
結びつかないですね・・・
朝の果物は金にも値するそうですから、
朝たっぷりお砂糖をかけて食べて、頭もリフレッシュして
一日頑張るという手もあります。
by 松の実


ururuさんへ
下の句カルタってひどい話だと思います。
百人一首の作者達があの世で憤慨していると思います。
でもそれだけいろんな意味で余裕がなかったのでしょうね。
ヨーロッパにいらっしゃったお兄様を訪ねて
ヨーロッパ旅行を若い頃に楽しまれたのですよね?
我が家は3人家族で、父が読み手でよく母と遊びました。
父はいつも付き合ってくれるわけではないので、
父の読みをカセットに録音して母と遊んでいました。
そのうち順番を覚えてしまうのが・・・
茶々の絵は母の写真の隣に飾っています。
寂しくなくて母も喜んでいると思います。
最近はさすがに外でのお散歩はほとんどしていません。
寒さと足腰の衰えと両方の理由からです・・・
by 松の実
松の実 |  2011.01.19(水) 20:37 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ゴン太さんへ
ゴン太さん、ナイスです!
わかるかい?って
なんとかかい?って北海道言葉です。
あと、福井のななチロママさんのように~~さ~と
語尾にさ~をつけることもよくある言い方です。
カルタは・・・・北海道方言カルタはユニークだな~と思いますが、
百人一首のほうは冒涜と言って良いかも・・・
鹿児島も最高気温が一桁ですね。
寒そうです。
by 松の実
松の実 |  2011.01.19(水) 20:42 | URL |  【編集】

ほほ~面白いですね、北海道カルタ。
こういうのって、他の地方にもあるのかしらん?
私は幼い頃から父の転勤であちこち行かされたので、
結局どこの方言も身につかず、寂しいです。
なんかいいですよね、方言って…。

一枚目の写真を拝見すると、
茶々さん、たしかに痩せたな~とわかります。
毛は相変わらずモフモフでいらっしゃるので、
ぱっと見は変わらないですが。
チロも着実に痩せてきています。
食べさせてるのに…なんで~?

ちなみに私も子供の頃、
グレープフルーツにはお砂糖をかけてました!
さと |  2011.01.19(水) 21:46 | URL |  【編集】

茶々さんは、何しても可愛いなぁ~
コケッとなってデヘヘの茶々さんも、食事台に
くったり寝る姿は、まるで屋台で酔いつぶれた親父のようで可愛いです。
ururuさんのご主人が描いてくださった絵を
松の実さんが羨ましがるのも無理ないね!
老犬の特権ですね~

北海道カルタ、面白いですね。
木札っていうところがいいですね。
「下の句カルタ」廃れないほうがいいなぁ~、
北海道文化ですよ!
私は旭山動物園で「旭山動物園カルタ」を買いました。(遊(んでないけど!)
そちらにも「くしろふるさとカルタ」というご当地カルタがあるとか?
桑名にもけんかカルタといって他の人が取った札を
横取りできるという「詩かるた」がありますよ(笑)

ハイジ |  2011.01.20(木) 16:31 | URL |  【編集】

北海道カルタ、うけました~♪
スゴイですよね、下の句だけ、そして木札。
昔の方々の知恵と逞しさを思いました。


BOSS母さんの「納豆ネバネバ平城京と無くしたお金の平安京」には大笑い!
「なんと平城京、碁盤の目」ですって、夫は。
みんな色々な語呂合わせして暗記するのですねぇ。

茶々ちゃん、頑張っていますね♪
でも、ゆっくりゆっくりですよ!
milleco |  2011.01.20(木) 18:24 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

さとさんへ
北海道言葉って単語の違いはあるのですが、
アクセントはかなり標準語に近い(抑揚がない)ので、
映画やドラマで北海道が舞台になって北海道言葉がでてくると、
とてもわざとらしく感じます。
茶々痩せていますよ~
冬毛が生えたのは良かったのですが、
毛並みがすっかりボサボサになってしまいました。
シャンプーもしていないので、いたし方ないですね・・・
ブラシはかけているのですが・・・
ヒトでも、うんとお年を召した方はほとんどガリガリだよ~
と言われて納得はしたのですが・・・
by 松の実



ハイジさんへ
ありがとうございます!
最近は「可愛い!」と言われるのが何よりも嬉しいです。
昔は「可愛い」のは当たり前だったので、
賢そう~や、キリッとしていますね~と言われると嬉しかったのですが・・・
北海道文化でしょうか?
ヒトが作った歌を勝手に半分に切って遊ぶのは
あんまりのような・・・・
ヒトのとった札を奪うというのもすごいですね!
私はビリ、間違いナシです。
by 松の実


millecoさんへ
逞しくはあったと思いますが、知恵だったかどうか・・・(笑)
皆さん、語呂合わせの名人ですね。
私はこういうの苦手でした・・・
くそ真面目にひたすら、覚えるだけ~
そしてテストに吐き出して、すぐ忘れます。
頭は良くなかったけど、成績はよかったと言う
典型的その場しのぎの人間でした~
茶々は最後の頑張りのようです。
どうにもこうにも首が・・・
歩きたい気持ちはあっても首が前のめりになって
バランスがとれないようです。
by 松の実
松の実 |  2011.01.20(木) 20:13 | URL |  【編集】

へぇ~!

木札が、将棋の駒に見えたさー!
書体は、みんなこういう感じなんですか?歌舞伎みたい。

文字の配置も、なまらすごい!!
「なまら」は、新潟でも使います。新潟から北前船でいろいろ伝わったらしいです?よね。

ぶうたも、あちこちコケてます。

今、秘密のケンミンショー見てるんさ。
ジャンボキャベツにもびっくりしたけど、今日は・・・・・・。
つま |  2011.01.20(木) 21:16 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
えっ?書体も本州のカルタとは違うのですか?
私はてっきり、紙と木の違いだけだとおもっていました。
真鱈の子合えは新潟でもありますよね?
それにしても天気予報でみる新潟は
毎日毎日半端じゃない雪ふりのようですね。
ぶうたさんが除雪車を怖がらないで良かった~
惜しいです!つまさん、北海道では
「見てるんさー」ではなく「見てるさー」です。
by 松の実
松の実 |  2011.01.21(金) 20:25 | URL |  【編集】

こんにちは。かなり昔の記事にコメントするのもいかがなものかと思いましたが。
確か、北海道では紙が貴重だったから多い木が使われたはずです。木札をばかにしないでください。子供時代からかっこいいなぁと思っていました。最近、道外の専門学校に行って、はじめて紙の百人一首をみておどろきましたが、ださっ!とおもいました。ただの字体で。歌が長々と書いているだけ。風情も何も無い。
木札は紙が少なかった北海道ならではの貴重な文化です。ハイジさんと同じきもちです。
storm |  2014.03.06(木) 23:30 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

stormさんへ
こんな昔の記事をよく探して読んで下さいました。
「カルタ」とか「北海道」などで検索してひっかかったのでしょうか?
「木札」、バカにしているわけではありませんよ。
これは北海道の歴史であり、おっしゃるとおり文化だと思っています。
そして、木札が使われた理由を私に教えたのは私の母です。
漁師町に育ったので、実際にちょっと荒っぽい
というか短気で元気いっぱいの大人たちが周りにいたのでしょう。
木札が使われた理由、stormさんのおっしゃるとおりかもしれません。
ただ、私は母が実際に見て感じたことを私に伝えたのも
一つの北海道の歴史であり、真実だと思っています。
私の場合、何の疑問もなく下の句カルタに親しんでいて
(下の句カルタと言う言葉も知らないくらいでした)、
ずいぶん大人になってから、本当の百人一首の取り方を知り、
歴史好きだったこともあり
「人の作った歌を半分に切っちゃうなんて~」と
ショックを受けた次第です。
by 松の実
松の実 |  2014.03.07(金) 00:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |