2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.03.26 (Sat)

驚かせてしまったようで・・・

こんばんわ。
今日は一日中天気雪が舞う変な天候でした。

早速ですが、昨日の私の日記のタイトル「旅立ち」で
私が旅立ってしまったのか!?と驚かせてしまい
大変申し訳なく思っております。

申し訳ございませんでした1

日記の内容よりもひたすらタイトルへのお叱り、ご感想をいただきまして
松の実ともどもびっくりしつつ、大いに反省しております。
このとおり両手両足をついてお詫び申し上げます。

お許しを~

さらにさらにお許しいただきたくお願い申し上げます。


さて、少し前からワンコ関連のブログ等では、
今回の震災で被災したペット達への救援・救出について
各団体が尽力されていることが紹介されています。

一昔前であれば、これだけ人命も奪われ、未だに余震もあり、
原発の問題もあるようななかで、「ペットが・・・・」とは
なかなか言える雰囲気ではなかったことを思えば
いかに私たちの命の存在が日本人にも浸透してきたのかわかります。

一昨日、地元紙「釧路新聞」の“巷論”と言うコラムに
中標津町在住の森田正治獣医師が
「大震災・津波で動物たちは?―人命優先だが、ペットも家族」
という文章を寄せています。

釧路新聞森田獣医

「国には動物について民間任せでなく、官民一体の取り組みを求めたいし、
一方報道のいは動物関連の映像や写真を取り上げてほしい」としています。
また「救援の手の一部だけでも動物たちにも回していただきたいと強く訴えたい」
とも書いていらっしゃいます。

もっともだと思いますね。

こういう災害時には、弱者が犠牲になるとよく言われますが、
私達、ヒトと暮らす動物が最も弱い立場だと思います。
野生動物は己の才覚で生き延びることができるかもしれませんが、
私達いわゆるペットや家畜にはその自由もありません。

ベッドに倒れ込んだまま

今、せっかく地震・津波を生き延びた牛や鶏の家畜たちが
水や餌不足により餓死しているそうです。
こんなことってあるでしょうか?
ヒトのために、ミルクを出し、卵を産む家畜たちが
この期に及んで犠牲になっていくなんて・・・
ひどすぎます。

意味のない前足 ピン!


そして、それをただ見守っていくしかない農家の方々の辛さ、
やりきれなさを思うと、どうにもできないもどかしさだけが
グルグルと渦を巻き、誰に対してでもない怒りに変わって、
そのうち、頭が痛くなってただ唸り声を上げる松の実です。

ワンコもニャンコも牛、馬、豚、鶏さんたちも
みんな人社会で生きる同じ命なんですけどね・・・
21:28  |  その他  |  コメント(16)

Comment

命は皆平等!
どうしても災害があると人は優先されますが、私達も同じ動物。
牛も豚も馬も皆同じ命。
救える命は全て救ってほしいです。
ななチロママ |  2011.03.26(土) 23:01 | URL |  【編集】

昨日のタイトルは私も一瞬ドキリとしました。
しかし、ものすごい非難ごーごーでしたねえ。
大人になってから、これだけたくさんの人に叱られるって、ちょっと無いことかもしれません。
貴重な経験かも?(笑)

昨日の朝日新聞に、ペットと避難所で暮らす
難しさを取り上げた記事がありました。
その中に「茶々」というチワワさんが…。
思わず目頭が熱くなりました。
記事は↓です。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103250274.html

また、原発で避難する人の多い南相馬市で、
自治体の職員が住民に対して渡す、
避難する際の注意事項を書いた資料の中に
「飼い犬はえさと水を十分与えて
つないだままにしてください」という項目が…。
ヒトが放射能で危ないのに、
動物のことなんかにかまってる暇はない、
ということなのでしょうね。
でも、あんまりです…。
一時預かりを引き受ける保護団体なども
活動を始めているのだから、
そういうところの連絡先を伝えるくらいのことを
してくれてもいいのでは…と思うのは甘いのかな。
さと |  2011.03.26(土) 23:12 | URL |  【編集】

茶々さん、松の実さん、こんばんは。

私も今日の夕方ケータイできのうの題名を読んでびっくりしましたi-182 深読みしすぎて、「私は元気」というのは茶々さんではなくて松の実さんは大丈夫という意味かと思ってしまい、ばくばくしながら本文を開きましたi-202

勘違いでほっとしましたi-234老犬を持つと、ああいう言葉には敏感になってしまいます。茶々さんのかわいいいろんなポーズを見て、心がなごみました。
きょうの寝姿もなんともいえず癒されますねi-178

この森田先生は野生動物の保護をされている方ですね。釧路に住んでいたときにも、よくお名前を聞きました。ペットだけでなく、家畜たちの食糧も不足しているんですね。そのこともなんとかしなければいけない問題ですね。

TVで避難所の様子が映ったときにたまにわんこが一緒にいるのをみると、嬉しくなります。こちらに一家で非難してきた方が、わんこは一緒に住めないため困っていたら、動物病院で預かってくれるところが出てきたそうです。

保護団体の方たちがだいぶ現地に行かれているようですし、いろんな形でサポートしていけたらいいですねi-100 
チップママ |  2011.03.27(日) 01:26 | URL |  【編集】

老わんこの世界では、
旅立ち=亡くなると言うイメージが強いですからね。
非難ゴウゴウだった松の実さんお疲れ様でした(笑)
モモままさんのコメントに胸がジーンとしました。
わんこを亡くされまた縁がありにゃんこを迎えたという話で、今までは淋しい気持ちでいっぱいだったのに今は幸せな気持ちで思い出すことができると。

やはり動物が癒やしてくれたり幸せをくれる力はすごいですね。

被災地の子達もみんな家族と幸せな時間を過ごしていただろうから本当に救っていただきたい。
牛も鶏も人間のために生きてきたようなものです。
地震は天災だけど、原発は人災だとも思いますよ。
桜ママ |  2011.03.27(日) 11:18 | URL |  【編集】

命の重さはみんな同じです

その一言です
くうちゃん |  2011.03.27(日) 12:42 | URL |  【編集】

せっかく助かった命がこれ以上なくならない事を願うわ
前の記事では ご苦労様でした 笑わしてもらえたわん
昨日は ももっちの血液検査してきました 異常無し 続行中 おりこうさんです
たたこ |  2011.03.27(日) 13:00 | URL |  【編集】

驚きすぎてコメントできなかった私です~
ホント旅立ちって言葉に敏感です
ん~ 思い出してしまうな~
コロのこと

昨日、養鶏場の人がテレビに映っていました
卵を産む若い鶏に優先でご飯だって
切ないけどそうするしかないと

今回の災害で
私たちは改めて命の大切さを
心に刻ませてもらっています
とても切ない思いと同時に

どうか、これ以上
辛い思いをしなくてもよくなりますように
人間も、動物も

奪い合えば無くなる
分け合えば余る
相田みつをさんの言葉の通り
人も動物もみんなで分け合って

そして分け合っているのに物資が届かないところには
早く届きますように
1日も早く落ちついた日が戻って来ますように

コロたす |  2011.03.27(日) 14:20 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ななチロママさんへ
命は平等って本当にそう思います。
でも、現実は厳しいものがありますね。
家畜が津波などの自然災害ではなく、
餌不足で亡くなっていくのはやりきれません。
by 松の実


さとさんへ
ハイ、あれほどあのタイトルに反応されるとは
「想定外」でした。
そろそろ、各方面でペットに関する記事が出てきていますよね。
朝日新聞の記事、読みました。
ありがとうございます。
残酷ですね。
言い渡さなければならない職員も辛いと思いますが、
置き去りにせざるえなかった飼い主の方の気持ちを思うと・・・
原発の事故そのものがどういう結末になるのか、
非難されている方々が今後、
どう生活を立て直されていくのかわかりませんが、
ペットを置き去りにしなくてはいけなかった
心の傷は癒えないかもしれません。
by 松の実


チップママさんへ
あはは~タイトルを付けたしてもなお、
悪いほうに考えてしまったとは!(笑)
以後、気をつけます。
森田先生は、以前から北海道新聞等にも
文章を寄せて活動されていますよね。
私も一度だけ、仕事でお会いしたように思います。
ペットを初めとする動物全て、同じ命という認識を
国も持ってくれると、今後の対応は違って来ると思うのです。
私も避難所の映像で動物が映るとホッとします。
by 松の実


桜ママさんへ
私も原発は人災だと思います。
事故以来、現場で作業にあたっている
職員の皆さんには頭が下がります。
ですが、原発にも放射能にも素人ですが、
どうして、ここまでなったのかな?と疑問を抱きます。
何か後手後手に回ってしまった印象がぬぐえません。
そんな人災によって、ヒトのために生きてきた
家畜が犠牲になっていくのは忍びないです。
東北海道も酪農が盛んなので、
人事ではなく、何か方法があってもよさそうなのに・・・
と思うのです。
by 松の実


くうちゃんさんへ
そのとおりですね。
私達は自分で自分を守る努力ができるけど、
ヒトと暮らす動物はそれもできない・・・
もう少し早く、もう少し別の方法、システムを
森田先生ではありませんが、
国も考えるべきだと思います。
by 松の実


たたこさんへ
せっかく地震も津波も生き延びたのに、
今になって餓死だなんて辛すぎます。
ももちゃん、すごいですね~
これは快挙と言って良いのではないでしょうか?
17歳にして、血液検査異常なし、
薬もなしというのは
本当にそうそうあることではないと思います。
by 松の実


コロたすさんへ
驚かせてしまって申し訳ございませんでした。
私もその養鶏場のニュースを見ていました。
バタバタを死んでいっている鶏たちが
今も目に焼きついています。
農家の方もこれほど辛いことはないと思います。
何故、この日本で「餓死」しなくてはいけないのか・・・
静岡は物不足にはなっていませんか?
ミネラルウォーターが釧路も品薄のようです。
関東にいる親戚や子供に送ってあげるため、
午前中はいつもどおりかそれ以上あったお水が
夕方父親が同じスーパーに行くと、
一本も残っていなかったそうです。
宅急便の荷物は関東に送るお水でいっぱいだそうです。
送ってもらうツテのないヒトにも
おすそ分けがあたると良いな~
by 松の実
松の実 |  2011.03.27(日) 21:07 | URL |  【編集】

ふっふ 茶々殿に両手両足つかれては
どちらさまも 笑って許してしまうでしょう(^^)

みんなみんな生きているんだ友だちなんだ~
って 歌がありましたね♪
宵待 |  2011.03.27(日) 21:38 | URL |  【編集】

茶々さんに四足ついてお詫びされちゃったらねぇ~
それにこんなに可愛い寝姿拝見したら、いいの、いいの!

今回の震災、原発で被災された方々、避難された方々のなかには
一緒に避難所生活をしているわんこ、にゃんこさんたちもいれば、連れて行けなかった、
置いて来ざるを得なかった子たちも沢山いることでしょう。
そして、一緒に避難所生活をしていても避難所がペット禁止となって
車の中で家族の方と避難生活している18歳のおばあちゃんわんこさんがいます。
人間の心が壊れていっているのでしょうか?
大切な家族、家、財産をなくして壊れない方が不思議ですが、何とも哀しいです。

亡くなっていった全ての命に合掌です。
ハイジ |  2011.03.27(日) 23:44 | URL |  【編集】

茶々ちゃんがこんなに丸まって
愛くるしい姿を見せてくれるんですもの、
それだけで私達は笑顔になれますよ(^^)

それにしてもいつの時代も
何か起こると(戦争・地震等)
弱者ばかりが辛い目に合ってしまう。
本当に悲しいです。
こたつ |  2011.03.28(月) 01:44 | URL |  【編集】

茶々様が誤らなくっても~
さっさ、頭を上げて下さいな!!(笑)

私も動物達が心配。
いったいどれくらいの動物達が悲鳴をあげてるんだろう?
「お腹すいたよ~寒いよ~寂しいよ~」って叫んでるかも・・・
何か良い方法ないのかな???

ボビーまま |  2011.03.28(月) 08:52 | URL |  【編集】

そうよ。大丈夫。
私の不整脈(ウソ)も治りましたから^^
茶々さん、何をやってもかわいいんだからね。
茶々さんを見てたら笑顔になれるよ。

被災地の生き物たちとご家族たちのことを思うと涙なくしては過ごせません。
考えるだけでつらいです。
m |  2011.03.28(月) 18:57 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

宵待さんへ
皆さんに許していただけたでしょうか?
ありましたね~
♪手のひらに太陽を~、透かしてみれば~♪
小学生の頃さんざん唄った記憶があります。
今の子も唄うのかな?
東京はソメイヨシノが開花したとか?
大阪はいつ頃でしょう。
今年は桜の開花話題もひっそりと報道されているようで・・・
東北にも桜、咲きますよね。
by 松の実


ハイジさんへ
18歳、茶々と一緒ですね。
私、いつも思うのです。
飢えた経験のある父親が死ぬまでは、
今のままの飽食日本でいてほしい、
茶々が旅立つまでは、災害で避難するような
ことにはならないでほしいと。
私の世代は、とっても恵まれた世代なので、
老後に何が起ころうとも、
人生プラスマイナスゼロかな~と思えるのですが・・・・
多くの命が失われたこそ、生き延びた命が
助かりますように。
まして餓死などすることのないように、と思うのです。
by 松の実


こたつさんへ
お許しいただけたようでよかったです。
私が頭を下げても、役に立ちませんが
茶々がちょっと下げれば絶大な効果です。(笑)
東京のソメイヨシノの開花宣言がでました。
春です。
停電もあるし、原発の問題も解決していないし、
余震も続いていますが、
いつものように桜が咲いたと言うニュースは
なにやらホッといたします。
by 松の実


ボビーままさんへ
私が謝るより、茶々が頭を下げたほうが
丸く収まるのです。
動物達を思うと胸がいたくなります。
やはり森田先生のいうように、
個々のNPO等ががんばるより、国が
ヒト以外の命についても「守る」事を前提とした
システム作りをすることが大切だと思うのです。
by 松の実


mさんへ
ワンコやニャンコは何をしても可愛いといってもらえて
本当に幸せ者、スグレモノ・・・・
そんなワンコやニャンコが人災によって
命を絶たれることのないようにしたいです。
東北海道も酪農地帯、牛が飲み水がなくて
ばたばたと死んでいっているニュースは
とてもとてもつらいです。
この北海道にみんなをつれてきてあげたいです。
by 松の実
松の実 |  2011.03.28(月) 20:25 | URL |  【編集】

↑そうなんですよ!
中越地震の時は確か牛さんも(闘牛でしたが)
ヘリで救助されて避難していた記憶があるのですが?
そういうことって出来ないのでしょうかね!!
飼っている家畜の事が心配でお家に戻られる方もいらっしゃると
思いますが、その方々に戻らないように!と注意したり、
非難する前に対策を立ててもらいたいのです!

すいません、このところ話し相手が横にいません
もので、また、お邪魔してしまいました。。。
ハイジ |  2011.03.28(月) 20:53 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
いつでも何回でも大歓迎です。
ヒトさえ無事ならば、という、
実は国民の暮らしや、ヒトとしての尊厳を
軽んじているのではないかとおもいますね、国は。
酪農家の方が牛達を「はいはい、避難ですね、
私達だけなんですね、行きましょう行きましょう」
なんてなるわけないのに・・・
話は少しずれますが、父は開拓農民の出なのです。
なので、馬が食べられません。
馬は一緒に働く仲間だったので、
食べられないそうです。
また、北海道の一部で今も行われている
馬に重い荷物を引かせる挽曳競馬も毛嫌いしています。
引く必要もないものを挽かせて馬を酷使しているように見えるらしいです。
ハイジさんの日記を読んでから桃缶が食べたくって仕方がない私です。
by 松の実
松の実 |  2011.03.28(月) 21:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |