2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.10.21 (Fri)

保証?

こんばんわ~
朝晩の冷え込みが一日一日厳しくなっています。

朝日があたっています

一昨日は寒かったですよ~
めずらしく途中で愚図りもせず、
朝まで松の実と寝ていたのですが、
松の実ったら、布団を全部持っていってしまって、
私には端っこすらもかかっていないしまつ・・・
寒くって寒くってヒンヒン鳴いてしまいました。
自分で動ける時ならば、松の実にすり寄る、
布団にもぐりこむ等ができますが、
今の私にはできません。
松の実、私に触って、冷たさにびっくりしていました。
布団で包まれ、松の実に包まれ、30分間大人しく寝た後、
今度は暑くてギャンギャン言いました。
布団を剥いでもらって、松の実に遠くに行ってもらって又又30分大人しく寝ました。
又又又ギャンギャン言った時、松の実は寝続けることを諦めていました。


今日は、病院に行ってきました。
松の実の出張前に一度先生に会っておこうと思ったのです。
血液検査は、相変わらず貧血が進んでいます。
最近、ご飯を自分でガツガツと食べられないのも、
愚図りにも持続性がないのも、
大好きな餡子をうまく食べられないのも
全て貧血のせいだと思います。
つまり力が出ないんですね、きっと。
いつもフラフラと立ちくらみの寸前のような状態でしょうか?

病院ね


腎臓や肝臓は特に変わらず、私の年齢では、上出来です。
先生は一生懸命、指折り数えて、薬を何日出せばよいのか考えていました。
「もう一回!え~っと、出張からいつ戻るの?いつまでの薬を出せば良い?」
松の実「11月2日の朝までの薬です。生きていればですけど・・・・」
先生「絶対大丈夫!僕が保証します!」
松の実は、ウッと言葉に詰まって一瞬泣きそうになっていました。
「保証するなんて、言って良いのかな~」とちらりと思いましたが、
これで何かあっても悔いはない!とも思ったそうです。
先生とは色々あったけど、19年近く、同じ病院で良かった。
先生で良かった、と思えたそうです。


病院で~す


この間はこの間で、私の実家の奥様と出張中の「もしも」の時の対応を
お願いしている時も、一瞬不覚にも涙ぐんでしまった松の実。
大丈夫でしょうか?
私は逆に彼女がちゃんと台北で会長のお供をできるのか
心配になってきましたよ。

去年の10月18日

上の画像は去年の今頃です。
たたこさんのももちゃんのお下がりを着ています。
今年はこういう綺麗な秋晴れって少なく感じるのは気のせいでしょうか?

楽しい週末になりますように。
20:13  |  体調  |  コメント(17)

Comment

茶々さん、病院お疲れさま~
先生に保証をいただいてよかった
松の実さん、茶々さんを信じて出張をこなしてきて下さい。
きっと いい子でお帰りを待っていてくれますから!
私も保証します。

大好きな餡子が上手に食べられないのですか?
また、上手に食べられますように~ と念を送っておきますね。

茶々さん、マフラーをしての病院行きは初めてかしら?
先生は『よく似合ってるね~』とか仰いましたか?

どちら様も暖かくしてお休みください~
ハイジ |  2011.10.21(金) 20:59 | URL |  【編集】

文太改めブンタです(^-^;(笑)

茶々チャン、ちゃんと自己主張出来て偉いです!!

今夜も寒くて凍えて風邪を引く前にギャンギャン鳴いて訴えましょうね。

松の実サンは元々、泣き虫ですか!?

それとも年齢のせいでしょうか(^-^;

私は根っからの泣き虫です(涙)
ブンタ |  2011.10.21(金) 21:42 | URL |  【編集】

うーん、これからの季節、
掛け布団はダブルサイズにしないと
松の実さんか茶々さんのどちらかが風邪を引くかも?
それかでっかい寝袋に二人で入るとか…
暑すぎて茶々さんは迷惑でしょうか。

獣医さんの保証がもらえて良かったです。
あとは茶々さんを信じましょう。
それでも出張先では気になって仕方がないでしょうが、
きっちりお仕事をこなして、
帰って茶々さんに「ごくろう!」と褒めてもらいましょう。
さと |  2011.10.21(金) 22:13 | URL |  【編集】

茶々ちゃん~
「ちゃんと待っているから キッチリ働いてね!」って
松の実さんと そろそろ お約束しても良いのでは?
獣医さんも 大丈夫!って 仰ってくれてますし~。

お布団問題 他人事では無いです(汗)
寒がりデヴィに 布団を取られ 私が寒いです(苦笑)
今から別に寝る勉強、、、ムリ~(涙)
湯たんぽデヴィ 手放せないです(苦笑)

茶々ちゃん ゆっくり まったり~っと
秋の夜長を 穏やかに過ごせますように~!
BOSS母 |  2011.10.21(金) 23:46 | URL |  【編集】

茶々さん、先生のお墨付きを頂いたんですね!
これまでずっと茶々さんをみてくれていた先生のお言葉ですから大丈夫ですよね!
何をどうしても松の実さんは心配になるでしょうけれど…。
出発の日まで調子が良ければいいですね!
遠くからお祈りしています。
cherry |  2011.10.22(土) 00:32 | URL |  【編集】

先生が「保証する」っておっしゃたなんて、嬉しいですね。心配はつきないでしょうけど、出張の日まで体調管理して皆さんにおまかせしてお出かけくださいねi-179

お布団はやはり大きめにするか、茶々さんには別のものを掛けてもらうとかしないと・・・
チップも最初は大人しく私と一緒にお布団を掛けていましたが、すぐに抜け出てしまっていましたi-182
暑かったのだろうと思いますが、ずっと一緒に寝ていたかったので、ちょっとさびしかったですよi-202

「風邪は万病のもと」って言いますから、松の実さんも茶々さんも寝冷えして風邪をひかないよう、お気をつけくださいねi-100
チップママ |  2011.10.22(土) 01:24 | URL |  【編集】

茶々ちゃん、寝てるとき
寒かったり暑かったりで大変だったのね~
でも松の実さんと毎日一緒に寝れて
お互い安心だし嬉しいね(^^)

獣医さんの「保証付き」
19年も茶々ちゃんを見ている先生の言葉だもの
絶対大丈夫!
茶々ちゃんはゆっくりお留守番、
松の実さんはお仕事こなしてくださいね~
こたつ |  2011.10.22(土) 04:11 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々ちゃん、おはようございます(^O^)

そちらは段々寒さが厳しくなってますね~!

松の実さんの出張も近づいているし。

そうですよ!松の実さんの涙するお気持ちとってもわかります。不安でしょうし、先生の言葉が気になって…ですものね。

茶々ちゃん、貧血気味だと力が出ないのでしょう…(T_T)

腎臓肝臓はOKだという事で良いところもあるのですから大丈夫ですよ(^_^)v

茶々ちゃんが穏やかに過ごせるように応援&元気玉を送りますよ~V(^-^)V

松の実さんに包まれて寝ている茶々ちゃん、微笑ましい光景、想像しました☆☆

ゴン太 |  2011.10.22(土) 07:18 | URL |  【編集】

去年の今の時期
私とコロも布団の取り合い?
いや、私が奪い取って…
松の実さんと茶々さんみたいでした
そんなことを読みながら思い出しました

茶々さん、先生のお墨付きだから大丈夫!
でも松の実さんのお気持ちが胸に響いて、読みながら目から汗が出てしまいました。

茶々さん、いつもどおり
穏やかに待っていてくれるはずです。
コロたす |  2011.10.22(土) 07:36 | URL |  【編集】

心配はつきないと思いますが、先生の言葉は心強いですね。
茶々ちゃんの貧血が良くなって、大好きな餡こをモリモリ
食べちゃうくらい、私も毎日元気玉送ります。
ここの所本当に急に寒さが増していますね。
松の実さんも体調など崩されませんように、
出張頑張って下さい!(・ω・)!
けめちゃん |  2011.10.22(土) 07:37 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
先生の保証よりハイジさんの保証のほうが
力強いかもしれません。
先生、あんなこと言っちゃって良いんでしょうか?(笑)
その証拠に今日ももう少しで病院に駆け込むところでした。
(結果的に様子見としていますけど~)
マフラーは2度目です。
最初の時に、「おっ、良いね~呼吸、少し楽かい?」
と茶々に聞いてくれました。
これも、この先生にしては珍しいことです。
by 松の実


ブンタさんへ
あれだけ冷えていたら、
泣いてでも訴えるしかなかったでしょうね~
可哀相なことをしました~
風邪をひかなくてよかったです。
少ししかない毛がちょっとは役にたったようです。
私はけっこう感情人間なのですが、
最近、いっそう感情のコントロールが利かないのは
年のせいだと思われます。
by 松の実


さとさんへ
我が家にはダブルの布団なんてありません~
ずーっと一人身なんですもの~
おまけにいつも狭いお家ばかりだったので、
ダブルの布団もベッドも縁のないものです。
茶々に褒めてもらわななくても
せめて「お帰り~」と目で言ってほしいものです。
by 松の実


BOSS母さんへ
デヴィちゃん、あったかそうですよね。
ダイレクトに体温を感じられそうです。
ちっちゃいデヴィちゃんにちっちゃいBOSS母さん、
シングルサイズでもあまりそうですけど・・・・
デヴィちゃんがお布団を巻いて使うのでしょうか?
秋の夜長も長いと感じる暇なく
時間が過ぎていきます。
by 松の実


cherryさんへ
お祈りをありがとうございます。
そうです。
なにがどうなっても不安で心配です。
先生の言葉は単なる気休めだったとしても
ありがたかったし、嬉しかったです。
おっしゃるように、出発の日は茶々が調子良いことを祈るばかりです。
by 松の実



チップママさんへ
はい、もうその日が来たら、
全てを茶々の実家におまかせしていきます。
そして昨年の出張でもそうだったように
電話も入れずに、台北で忙しくしたいと思います・・・が、
今回は、さほど、忙しい!わけでもないのに
会長の側を離れてはいけない!というのが
辛いところです。
茶々は老犬のぶっ飛んでいる時期以外はずーっと
私と一緒に寝ていました。
茶々専用の掛けるもの必要ですね。
でも、それを剥いでやることも必要なので、
やっぱり起きることにはなります。
by 松の実


こたつさんへ
老犬って、イヤ、きっと老人も・・・・
もの凄く、「適温」の幅が小さいように思います。
すぐに、暑すぎる、寒すぎるとなるようです・・・
老化すると、退化して変温動物になるのかな?(笑)
獣医さんの言葉はたとえ気休めでも、嬉しかったですよ。
普段はあまりそういう類のことは言わない先生なのです。
仕事、こなすほど、数はないのです。
ただ、会長の側にいるだけ~(笑)
by 松の実


ゴン太さんへ
元気玉をありがとうございます。
出発当日まで、調子を崩さずにいてもらって
後は茶々の実家に全てをお任せです。
茶々の実家があって良かったです。
先生とも19年近くですが、
茶々の実家とは茶々が生まれる前からですから
かれこれ20年のおつきあいです。
茶々の生まれた場所が釧路にあって本当によかったです。
by 松の実


コロたすさんへ
もう少しで、コロさんが虹の橋の住人になって
一年ですね。
布団の取り合いっこ、若い頃なら笑い話で済んだものですが、
老犬相手だと、そうも行かないですね。
茶々が風邪をひかなくて良かったです。
そろそろ茶々には何か一枚掛けてあげなくては。
先生にウソをつかせないためにも
茶々には「お帰り」と目でいってほしいものです。
by 松の実


けめちゃんさんへ
先生の言葉は、たとえ、保証にならなかったとしても
嬉しかったです。
貧血はやはりこの年になると
処置なしなのでしょうか?
人だと何か薬で補うということがあるとおもうのですが、
一切、薬の話は出てこないんです。
食べ物で補うのも、今の状態では無理に思えます。
元気玉をありがとうございます。
出張は・・・会長の機嫌を損ねないように
頑張ります・・・
by 松の実
松の実 |  2011.10.22(土) 16:15 | URL |  【編集】

先生と19年のお付き合い!
考えてみたら、19年前からの先生って、私にはいません。(引っ越ししたせいもありますが)ぶうこがかかっていた先生は、ぶうこには3人目の先生でした。ちゃ~ちゃんに比べたら、短いお付き合いでしたが、最初とは、ぶうこに対する対応が変わりました。

言葉が離せないワンコを診る先生は、飼い主さんの主治医でもあるんだな~と思います。できれば、この先生に、私も診てもらいたいと、ワンコ飼い主同士で話しています。

ちゃ~ちゃん、先生の保証があるんだから、じゃんじゃんやっちゃってね!
つま |  2011.10.22(土) 16:30 | URL |  【編集】

茶々さん、先生に保証してもらえて安心ですね。
モモは「覚悟しておいてください」とは何回も言われてましたけど・・・。
それに、検査したら悪いところだらけだろうから、調子がいいなら検査しないほうがいい。って言われて、血液検査もほとんどしなかったんですよ。
ご飯が食べれてたらいい。って言われていました。
くよくよ考えないのが長生きの秘訣かも。
スマイル |  2011.10.22(土) 17:22 | URL |  【編集】

患者と家族は お医者さんの一言一句に
一喜一憂するものですが
そのことを 本当にわかってくれているお医者さんは
とても少ないように感じることが多いのですよ
たとえ 何の根拠もなかったとしても
お医者さんのひとことは とてもとても重いのです
茶々殿が 保証してもらえて
わたしもうれしくなってしまったのでした(^^)
宵待 |  2011.10.22(土) 18:04 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

つまさんへ
私はぶうこ姫やぶうたさんのK子先生を羨ましいな~と
思っていつも拝見していました。
茶々の先生と本当に18年経って、
茶々がこういう状態になってやっと
少し、息を合わせられるようになって来ました。
獣医さんって本当に大変な職業だと思います。
相手は話してくれない、
飼い主の話だけが頼りのときもあるでしょうに、
その飼い主も感情的になるばかりで、
役に立たないっておもうことが多いだろうな~と
最近になって同情できるようになりました。
by 松の実


スマイルさんへ
茶々の先生も、食欲を一番大事にします。
少し前に薬を変えて食欲がない、と訴えたことを
とても重く見ています。
茶々が興奮状態になっていた頃は、
「つれてこなくて良いよ」とおっしゃっていました。
返ってストレスになるから・・・と。
「覚悟しておいてください」と、そのときが
来そうな時は、早めにちゃんと伝えてほしい私です。
by 松の実


宵待さんへ
母の時に私も同じことを思いました。
医者って、きちんと「お話」ができなきゃいけないと思うのですが、
編に口下手だったり、饒舌すぎて、
患者が混乱したりする医者が多いように思います。
獣医さんは、人医よりもさらに話せない相手が患者で、
意志の疎通は手ごわい飼い主ととらなくてはならなくて
大変だと思いますが、獣医も人医ももう少し、
コミュニケーションをスキルアップしてもらいたいです。
たとえ、「カラ元気」でも必要な時はありますしね!
by 松の実
松の実 |  2011.10.22(土) 18:31 | URL |  【編集】

茶々さん、絶対大丈夫!!と言って貰えて良かったですね~。
先生って万が一の時の保身でなかなか大丈夫と言ってくれることはないですもん。
これは私の以前の職場の同僚のご主人が獣医さんなのでそのように聞きました。
その場にいたらきっと私も泣いてしまうと思います。
松の実さん、出張を控えてご心配だと思いますが、先生はじめみなさんが保証してみえますから安心して下さい^_^

オットの出張は札幌ですが仕事を終えた翌日に飛行機で茶々さんに会いに行けたらと思って便を検索していました。本当に残念!

ももっち |  2011.10.22(土) 21:22 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ももっちさんへ
上で“宵待さん”がコメントくださっているように
たとえ根拠がなくても、患者にとって必要な言葉、
元気が出る言葉ってありますよね。
ここはたとえ、はったりであろうと、なんだろうと、
茶々を信じて、先生を信じて、茶々の実家を信じて、
父を信じていくしかないですね~
何かあっても19年近く頑張った茶々を責めることはできませんし。
札幌-釧路間って結構飛行機代、高いんです。
いつか私がももえさんに会いにいきます。
by 松の実
松の実 |  2011.10.22(土) 21:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |