2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.11.05 (Sat)

乾杯とみみっちい話

こんばんわ~
昨日までの秋晴れも今日はお休みのようです。
天気予報どおり、夕方近くから雨が降り始めました。

昨日の私です
昨日の朝は秋晴れでした。


画像の私、別に宝塚の男役さんのように流し目で
誰かを魅了しようとしているわけではありません。
私の眼はまだ回り続けているのです。
なので、シャッターのタイミングがずれると(合うと?)
こんな写真ができあがります。
松の実は、これはこれでなかなか味わいがあるよ、と言います。


私が旅立ったらどうしよう等と大騒ぎした台湾出張も無事に終わってみれば
台湾好きの松の実としては、一緒に出張に行ったミキィさん同様、
すでに台北の何もかもが懐かしく、恋しく、
お父さんがいないこともあって、今日のお昼はこちらでした。
インスタントの酸辣湯麺を作って食べていました。

酸辣湯麺

インスタントにしては美味しかったそうですが、
この湯麺、卵を溶いて使うんです。
松の実は以前にも紹介したとおり、卵が大好き!
卵を溶いてしまうとスープに細かに混ざってしまって
卵が最後まで食べられないという、松の実にとっては
悲しくもとても大きな問題があったそうです。
かなりみみっちい話ではあります。
(インスタントラーメンのスープってたくさん飲むのは辛いですよね?)


そして台北で飲みすぎた紹興酒も完全に抜けた松の実は
4泊の「乾杯」の日々ですら懐かしいそうです。
台湾の乾杯は、文字通り飲み干すのです。
紹興酒だと、お猪口よりも小さなコップで、一緒にお食事をする方々と
次々と「乾杯」しながら食べて飲んでいきます。
以前、台湾に居た頃、友人とワインを飲みながら食事中、
自分のペースで一人グイグイ飲む松の実に、お友達は言ったそうです。
「あなたの飲み方はマナーとして良くない。台湾で、お酒を飲むときは
必ず一緒にいる人と目をあわせつつ“乾杯”(飲めない場合は“随意”)と言い、
一人自分のペースで飲むのはルール違反だ」と。


台湾立法院オリジナル高粱酒
さすがの松の実も手が出なかったアルコール度が56度の台湾金門島名産、
台湾立法院オリジナルの高粱酒です。


その時はなんと面倒な飲み方、酒くらい自分のペースで飲もうよ、
と思った松の実でしたが、年を取って乾杯しながら紹興酒をあおるのも悪くないと
ここ数年感じているそうです。

大勢の台湾の方々との「乾杯」付きの会食は、それは凄まじいの一言ですが、
数年前の高知への出張では、台湾を上回る「乾杯」のシステムにどんなことにも
上には上があるのだと実感したそうです。

高知の「乾杯」は可杯(べくはい)と言って、杯に小さな穴が開いていて、
しかも底が平らではないものを使いました。
穴を指で塞ぎつつ、注がれたお酒を飲み干さなければ、
杯をテーブルにおくことができないのです。
高知の可杯を持っての乾杯!、とても貴重な体験だったそうです。

biyo~~nn
ワンコはお酒は飲めませ~ん


台湾での乾杯や高知で可杯での乾杯の経験のある方はいらっしゃいますか?
いらっしゃいましたら、感想などお聞かせいただければ
松の実はとても喜ぶと思います。


松の実は、明日、職場で出張の報告書をまとめるそうです。
紹興酒や高粱酒についての報告書を作成しないように!




17:38  |  その他  |  コメント(12)

Comment

ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゜☆。.::・'゜★。.::・'゜☆。ワーイ!!
松の実さんのような人気ブログにリンクを貼ってくださって
とっても嬉しいミキィで~す゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

茶々ちゃん、ナイス流し目です( ̄▽ ̄)b グッ!
それにしても茶々ちゃんはモフモフしていて気持ちよさそうですね(人´∀`*)

松の実さんも既に台湾が恋しくなっているようで(´m`)クスクス
キカのお披露目にも行っちゃいましょうよ!
こりゃ仕掛けるしかないかな(◎′艸`)
二羽が新しいケージへ移動した暁には、また皆で行って
1~2日はフリーの日を作って( ̄∀ ̄*)イヒッ
夢が膨らみま~す♪♪♪
ミキィ |  2011.11.05(土) 19:07 | URL |  【編集】

むむむ 断酒中の夫には
この話題はナイショにしておきます
10日後の検査で 良い数値が出るように
松の実さんも茶々殿も祈ってくださいまし
義母も下戸なうえ 台湾に居たのは子供時代ですので
残念ながらお酒の話はできないんですよね

こちらは朝から雨でした
明日も鬱陶しい空模様になりそうで
茶々殿のうしろにあるような青空が恋しいです
宵待 |  2011.11.05(土) 20:31 | URL |  【編集】

おはようございます。

今日は気持ちのいい日になりましたね。
茶々ちゃんもいいわ~と感じているでしょうね。
今のうちに、太陽パワーをいっぱい浴びましょう。

今日のトドまま地方も寒いのですが、太陽サンサンです。
太陽を見ると気分も晴れますよね。
特に北国。。

ご存知のように、一升瓶をかかえて喜ぶようなタイプのトドままですが、アルコールが一滴も飲めません。
なので、松の実さんが羨ましいです。

これからパーティーのシーズンになります。
「乾杯」「Cheers]「A votre santé」が聞こえてきます。
トドままは、ジュースで乾杯です。

お酒の席で楽しんでいる方々を見て、トドままは楽しみます。
お酒好きな方、幸せいっぱいのお顔をしています。陽気な雰囲気は大好きです。

松の実さんがそばにいたら、特訓をしてくださるかな?

ワイン好きな方が、こちらのメープルワインは、シロップだと言っていました。
それさえも口にできないトドままです。
*情けない

明日も、釧路、お天気にな~れ。
トドまま |  2011.11.05(土) 22:16 | URL |  【編集】

茶々チャン、流し目して無くても充分に魅力的で可愛いですよ(*^^*)

トドままサン同様、1滴も呑め無い私ですが台北でのお食事会では無事に過ごす事が出来るのでしょうか!?

さんまのお刺身食べますよ…新鮮な物はこちらでは少ないですが。。。

松の実サンのカブの甘酢漬けが余りに美味しそうだったので、今日ナンチャッテカブ甘酢漬けを作ってみました♪
ブンタ |  2011.11.05(土) 22:27 | URL |  【編集】

こんにちは。
最近は、読み逃げばかりしてすみません。
茶々さん、まだ、目がまわってるんですね。
どんなにか辛い事か。
お酒の飲み方にも、地方によっていろいろあるんですね。
先日テレビでみましたが、サンマの食べ方もいろいろあって、ビックリしました。
サンマをぬか漬けしたり、
サンマの刺身を醤油に唐辛子や胡椒をいれて付けて食べるとか。
とっても、驚きました。
松の実さんは、さんまをどうやって食べるのでしょう。
是非、教えてください。
らんママ |  2011.11.05(土) 23:30 | URL |  【編集】

今日は日向ぼっこ出来ずに残念でしたね。
うちも左右に眼振があるので流し眼になっています。
茶々さん、良い味出していますよ!


私は20代の時に台湾へ旅行に行き、その時に「乾杯」しましたよ~。お連れの方たちが酒豪だったこともあり3泊とも夕食では豪快に「乾杯」でした(笑)
その時は楽しかったので日本でも紹興酒を飲んでみたのですが何だか美味しくなかった・・・。
現地で食べて飲むから美味しかったのかな?雰囲気もあるかもしれませんね。

松の実さんはおうちで一杯の時にも紹興酒飲んでみえますか?
ももっち |  2011.11.06(日) 00:03 | URL |  【編集】

昔、働いていたころ、四国に修学旅行がありました。3泊だから結構広く移動したかな。
下見に行ったセンセが買ってきたものが「穴のあいた杯」というか[もれ流れる器」というか。
それがこれなんですね。
『なんじゃいこれは?』と思ったのを思い出しました。ご主人の実家が高知やという人だけが知ってました。
そのころは県民ショーみいな番組もないしね、知らんことがいっぱいありました^^

私は紹興酒は飲んだことがあるけど、アルコールの強さにコホッとなったことと匂いがきつかったことが記憶にあります。あれは、そう言えば30数年前のこと…今なら違う感想があるかもしれませんね^^
酒の実やねぇ^^

新しい茶々さんに会えるのは嬉しいわ。流し眼やベロ出してる顔がいいよ。
m |  2011.11.06(日) 15:14 | URL |  【編集】

茶々さん、舌の色もきれいですよ~
ビヨ~ン!と伸びきった姿も微笑ましいです。

スープに卵を溶いて作るラーメンは、いかに卵を残さず食べるかが、
卵好きには最大の問題だと思います。
『みみっちい』とは思いませんよ~
私なんか網ですくって食べたいと思いますよ(笑)

少し前に北方謙三氏の「望郷の道」を読み、台湾に行ってみたいと思いました。
紹興酒はいただいたことがないのでいつか本場でいただいてみたいですが、
56度は無理でしょう~
ハイジ |  2011.11.06(日) 20:04 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ミキィさんへ
茶々、実は老化で痩せてゴツゴツなんですよ。
抱っこするのも恐ろしいくらい骨だけなんです。
でも顔だけだとモフモフに見えますね。
「このタンチョウのご縁を大切に」という文句を
ウソにしないでほしいですね。
頻繁に台湾を訪問し、
関係者に挨拶にまわることが大切だと思います。
台湾出張報告、読みました。
臭豆腐を召し上がったとは!
ニックネームの変え方がわからなくて、
コメントできずにいます。
そちらにも松の実としたいのですが。
by 松の実


宵待さんへ
10日後というのは半端に長いですよね。
3日後とか1週間後だと我慢も気合も保てるのですが・・・
茶々と二人で良い数値が出ますよう祈っています。
お義母さま、お酒の記憶はもちろんなくても
何か台湾時代の御記憶はあるのでしょうか?
是非お話を伺ってみたいです。
日本統治時代を知っている台湾の人は
おおむねその時代を懐かしがって話してくれます。
逆に日本人はどうなのかな?と。
by 松の実


トドままさんへ
メープルワインって、確かに甘そうです。
メープルシロップの香りなのでしょうか?
お酒は百薬の長と信じている私です。
全く飲めないよりは飲めたほうが楽しいかな~と思います。
この56度の高粱酒はさすがに受け付けなくて
この時の夕食会をジュースで凌いだのです。
甘いものと中華料理の組み合わせがよくなかったのか
その晩お腹が張って張って・・・・
とても苦しみました。
慣れないものは飲むものではありませんね。
こちらは、これから太陽いっぱいの季節なんですよ~
ただし、寒くなる一方ですが。
by 松の実


ブンタさんへ
サンマの刺身って、ご自分でサンマをさばかれますか?
それとも、スーパーでおろされたフィレになったものを買ってきますか?
ウチの職場(私も含めて)の人間は、
家で食べるサンマは塩焼き、せいぜい煮付けくらいで、
自分でサンマをおろして刺身では食べないということでした。
かと言って、フィレになったものを買うかというと
それもしないと言う意見でした。
サンマの刺身は外で食べるものということらしいです。
私はどうも昔人間なのでサンマの刺身は食べられません。
by 松の実


らんママさんへ
わたしはもっぱら、サンマは塩焼きです。
塩焼きしかしませんね。
ただ、いただきもので糠サンマがあれば、
いただきます。
美味しいものは味がしまっていて独特の香りとともに
大変美味しいです。
ハズレにあたるとタダ塩辛いだけでがっかりですが・・・
新しいワンコとの暮らし、楽しそうです。
by 松の実


ももっちさんへ
えっ?ももえさんも眼震があるのですか?
画像はいつもお目目ぱっちりつぶらな瞳ですよね?
嗜好品ってやはりその国、その場所、その風土、料理の中で
いただいて初めて美味しさが発揮するのだと思います。
私も日本で紹興酒をいただいても臭いばかりで
美味しいと思ったことはありません、
でも台湾であの数々の香辛料入りの中華料理といただくと「
美味しい!」と思います。
やはり日本で、日本料理には日本酒です!
by 松の実


mさんへ
そうです、それがべく杯です。
飲み干さなきゃテーブルに置けない杯って激しいですよね。
それは中学の修学旅行ですか?
このあたりの中学の修学旅行はまだ北海道内なんですよ。
海を渡るのは高校の修学旅行です。
紹興酒は確かに匂いがきついです。
中華料理とは匂いがはっきりしていることで、
相性ばっちりです。
度数は日本酒と同程度だと思いました。
は~い、酒の実です。
by 松の実


ハイジさんへ
そうなんです。とても大きな問題です。
なので、昔ながらのソバ屋さんで、
月見そばはいただけません。
お箸だけでは、卵が流れてしまうから・・・
最近のレンゲも出してくれるようなところだと
レンゲですくっていただきます。
あっ、目玉焼きに白いご飯が食べたくなってきました。
56度の高粱酒、飲み続けていくと
感覚がマヒしていくようですよ。
私のテーブルにいた釧路のスタッフも最初は
「うへっ」と言っていたのが、
いつまにか自ら高粱酒を注いでにこにこしていました。
紹興酒は日本酒が飲める方は大丈夫だとおもいます。
いつか台湾でお試しあれ!
日本では美味しい中華料理店でいただくのだったら
美味しいと感じると思います。
by 松の実
松の実 |  2011.11.06(日) 21:05 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.11.07(月) 10:19 |  |  【編集】

チャーちゃん、こんにちは~
私もチャーちゃんの流し目、可愛いと思いマース♪
何と言っても愛嬌がありますもんね!

台湾経験3回の私ですが、紹興酒を飲んだ事はありません。
いつもビールです(--;)

それと松の実さんのように豪華な食卓も未経験ですが、
社内旅行の時、
コース料理で出た青菜の炒め物が美味しかったです(←地味ィ~)
ururu |  2011.11.07(月) 17:06 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ururuさんへ
お庭づくり、着々と進んでいますネ。
やり直す、気力も体力もお持ちで、
羨ましい限りです。
台湾はビールも美味しいですね。
若い頃はあの美味しさがわかりませんでした。
今は美味しいと思えます。
昔は1種類しか「台湾ビール」も
「生」と「金牌」「ライト」とあるんですよ。
炒青菜はどこで、何の野菜を食べても絶対はずれない、
でも絶対一皿はオーダーすべきメニューです。
by 松の実
松の実 |  2011.11.07(月) 18:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |