FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.03.15 (Thu)

3月15日(木)

こんにちわ~
ずーっとがんばっていた名古屋の空ちゃん
お空に旅立ちました。

今日は代休だった松の実、釧路はくもり空でしたが、
先にお空に行った“コロさん”や“ラッキーさん”達が
空ちゃんを迎えに来るという13:00にお庭に出してくれました。


3月15日13:00

空ちゃん、もう楽になったね。苦しくなくなったね。
今度、皆で遊びましょうね。

空ちゃんのように、一緒に育ち遊んだ兄弟姉妹がいない私。
私の時も誰かが迎えに来てくれるでしょうか?



先月の初め、日本の真ん中からハイジさんが釧路にいらっしゃるにあたり、
和商市場で「棒鱈」と「身欠きにしん」を買いたいとおっしゃいました。
「?」だった松の実。
身欠きにしんは昆布巻きに使われたり、
半乾きのものは炉端焼き等であぶって提供されることもありますが、
棒鱈は北海道の人は使わないから売ってないだろうな~と
申し訳ない気分になりました。

ところが先日、松の実がよく利用する加工会社さんで「棒鱈と鱈の子の煮物」が
製品化されているのを見つけました。

棒鱈と鱈の子の煮物

早速買ってみた松の実、「美味しいと言えば美味しいけど、
なにもわざわざカンカンに乾いた鱈を煮物にしなくても・・・」と思ったそうです。

本州の方は鱈もそうですが、ホタテの貝柱も乾いたものを戻して料理にしますよね。
北海道人はそういった手の込んだことはしませんね。
そして、北海道を代表する乾物と言えば、こちらです。

KOMAI.jpg

「氷下魚」と書いて「こまい」と読みます。
東北地方では「かんかい」と読むこともあるそう。

先日の北海道新聞では、この「氷下魚」についてのエッセーで、
こよなく「氷下魚」を愛する北海道出身の奥様が、
ご主人の実家である埼玉のコンビニで「氷下魚がない・・・
あれがないと生きていけない・・・」とまで嘆いたことが
書かれていました。
松の実、このエッセーを読んで、コマイが食べたくなって買ってきたところです。

KOMAI2.jpg

今、コンビニ等では、すでに皮をむかれて開きになった物が売られていますが、
上の画像のように丸まんまのコマイを食べるのは一苦労です。
トンカチで満遍なくコマイを叩いて、皮と身をはがれやすくします。
それから開いて、骨をとり、炙っていただきます。
(松の実は皮を剥いてから開きますが、開いてから皮を剥く派もいらっしゃいます)
マヨネーズをつけると一層美味しくいただけます。

大昔、まだ石炭ストーブだった頃は、
ストーブで炙るのがちょうどよい加減だったそうです。

久しぶりの自分で割いたコマイを食べながら
いつ頃からコマイを食べる回数が減ったんだっけな~と考えていました。

石炭ストーブから石油ストーブに変わった頃?
いやいや、中学時代も食べていたな~と思い起こすうちに
突然思い出したくないことを思い出した松の実。

高校時代のある時、松の実、突然口を大きく開けることができなくなりました。
歯医者で検査したところ「急に歯ぎしりするようになりましか?
とても強い力がかかったように顎が疲労していますよ」と言われて
「はっ」とした松の実。(松の実は歯ぎしりはしません)
実は、お知り合いの漁師さんからオリジナルの氷下魚の干したものを
山ほどいただき、毎日毎日(ひと月ほど)飽きもせず、
トンカチで叩いてはむしってムシャムシャと食べていました。
コマイは、かなり歯ごたえがあります、
硬いと言っても良いです。
松の実の口が開かなくなったのはコマイの食べすぎだったのです。


思い出さないほうが良かった?


きっとこの後ですね、むやみにコマイを食べることを止めたのは。

で、棒鱈ですが、カンカラに干された北海道の鱈が本州各地に渡り
タンパク源となり、伝統料理にもなったように、
カナダや北欧の干し鱈が、カリブ海、地中海、ブラジル、アフリカなどに運ばれ、
ほぼ全世界で干し鱈を使った伝統料理があるそうです。

pinkです

氷下魚、機会がありましたら、是非、試してみてくださいね。
私も若い頃はワンコ用の「コマイ」「タラ」をムシャムシャ食べていました。

昨晩の地震、松の実は運転中で気付かず、
バレエ教室もごく普通に行われたので、のほほんとしていましたが、
千葉や茨城では、震度も大きく、被害もでているようで心配です。

では、私は明日のおはようを目指します。
16:53  |  東北海道  |  コメント(17)

Comment

こんにちわ!
うちは氷下魚を「カンカイ」って言うな~
父ちゃんが大好きです。
マヨネーズ、醤油、七味で食べてるよん♪
松の実さんは剥けるのね!!
私が剥くとバラバラ&出血騒ぎ!!
骨を指に刺したりする・・・
松のみさんが顎が疲労するくらい食べたなんて~(爆)

棒鱈は近所のスーパーで売ってるよ!
買った事も作った事も無いですが・・・
でも写真の煮物は美味しそうです。

今日は少し雪崩しをしました。
少しでも早く溶けるように・・・

ボビーまま |  2012.03.15(木) 17:17 | URL |  【編集】

こんにちは。

まずは、空さんのために合掌。
虹の橋のたもとで元気に走り回っていますように。

コマイ、とてもおいしそうですね。
食べ方を読んでいて、たまらない気持ちになりました(笑)。
トンカチで叩いてという一手間が、またいいですね。
松の実さんが口が開かなくなるまで召し上がったとのことで、ただならぬおいしさなんだろうなぁと想像しています。
そして、ワンコ用もあるんですね。いいなぁ。

干し鱈料理、そうですね、こちらにもあります。

茶々ちゃん、ピンクだらけで乙女チック(死語?)ですね。かわいい。
izumi |  2012.03.15(木) 17:30 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ボビーままさんへ
ボビーままさんのお家のルーツは
東北ですか?
「かんかい」と呼ぶのは東北地方に多いそうですよ。
カンカラに干したコマイも美味しいけど、
生干しのコマイを焼いてマヨネーズと七味も、
油で焼いて食べるのも美味しいですよね。
全く生のコマイの扱い方は知らない私。
三平汁や煮つけにするらしいですが・・・
あの高校時代の出来事を思い出してしまいました。
今思うと恥ずかしい~
医者に「コマイのせいです」って
言ったのか、どうか、忘れました。
コマイ剥き、昔は上手かったんです!
by 松の実



izumiさんへ
コマイ、北海道人には、生も生干しもこうやって
カンカラに乾いたものも馴染み深いものです。
特別、美味しいか?と聞かれると「う~ん」と
唸ってしまうのですが・・・
私は独特のにおいも含めて好きですね。
ししゃもも香りの強い魚ですし、
北海道人はけっこう臭いもの好き?
スペイン語では、「塩漬け鱈」をさす言葉はあるけど
生の鱈を示す言葉はないって本当でしょうか?
ほぼ世界中に鱈を使った伝統料理があるなんて
優秀な魚ですよね。
by 松の実
松の実 |  2012.03.15(木) 19:02 | URL |  【編集】

茶々チャン♪こんばんは♪

空チャンお空に旅立ってしまいましたね…
あちらには読み逃げばかりでレスしたことはないのですが私も13時空チャン地方の方を向いて 「またね」と声をかけました…

みんな本当にがんばり屋サンですね…
すごいなぁ~って思います

今日茶々チャン♪はゴハンしっかり食べましたか!?
さくぴょん |  2012.03.15(木) 20:02 | URL |  【編集】

「かんかい」懐かしい~
確かにトンカチ片手に割ってましたね。
我が家もボビーままさん宅と一緒で
マヨネーズ、醤油、七味で食べてました。

ピンクの茶々ちゃん、いい夢見てるかな?

日曜日にお花見行ってきました。
アーモンドのピンクとミモザの黄色が
青空に映えて綺麗でした!

こたつ |  2012.03.15(木) 20:06 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

さくぴょんさんへ
本当に空ちゃんは頑張ったと思います。
くうちゃんさんとご主人も大変だったと思います。
いつのまにか2頭だけになっちゃって
寂しいでしょうね。
釧路は曇り空でしたが、
茶々とともに「又ね」といいました。
そして茶々は今日もご飯をしっかり食べました。
by 松の実


こたつさんへ
あれ~こたつさんのところも「かんかい」ですか?
ルーツは東北でしょうか?
それとも道北は「かんかい」派が多いのかな?
私はマヨネーズと七味ですね。
コマイに醤油は加えないかな?
でも、これが生干しコマイの焼いたものだったら
醤油も混ぜます(笑)
アーモンドの花とミモザ、想像すると
花の勢いに咽てしまうような光景です。
by 松の実
松の実 |  2012.03.15(木) 23:28 | URL |  【編集】

頑張って、頑張って、頑張り抜いたくうちゃんご夫妻の自慢の息子、空チャン!!

きっと応援して下さった各地を巡って、皆さんにご挨拶して虹の橋に向かったのでしょうね。

千葉は雲が殆ど無い綺麗な青空でしたが13時頃に風が強くなりました。

この風に乗って、空チャンがお空へ~と、感じました。

茶々チャンが虹の橋に向かうのは、まだまだ先の事ですがその時はお空組の皆が大歓迎でお出迎えする事でしょう。

勿論、文太は先頭を切ってお出迎えして、チョコのお礼の好き、好き~しちゃうかも(笑)

コマイ、思い出した事が有ります。

30年近く前の事ですが北海道出身の方に沢山頂き、食べ方が分からず母は『こんな固いの、ダシ用じゃないの!?』と!!(怒)

その後、食べ方を聞いて金ヅチで叩いて、マヨネーズ&七味で美味しくいただきましたが(^^ゞ

今度、北海道に行ったら買ってみましょう♪

棒鱈は今日ハイジサンがブログで紹介されてましたね!!
ブンタ |  2012.03.16(金) 00:19 | URL |  【編集】

空さん、本当によく頑張りましたね。
小さい体で、とってもお母さん思いのいい子でした。
お空の方がにぎやかになって行きます。
こちらは寂しいです。
でも、はなが空を飛ぶ時に、見守ってもらえたら
とても心強いです。

子供の頃「身欠きにしん」を「磨きにしん」と思ってました。
関東では、コマイもニシンも馴染みがなかったせいでしょうか。

茶々さん、今日もピンクが良くお似合いですね。
今日、はなは最後の獣医さんです。
頑張って行ってきます~。

では、今日も普通の一日に。
明日もおはようを言いましょうね。
emihana |  2012.03.16(金) 08:53 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ブンタさんへ
空ちゃん、良く頑張ったと思います。
もう、あちらで皆とコロコロと遊びまわっていることでしょう。
ただ、ほんの1年の間に残されたワンコが
2頭だけになってしまって・・・
寂しいだろうな~と思います。

コマイ!
確かに本州の方だったら、出汁用か
或いは鱈のように戻して料理に使うことを
考えるかもしれませんね。
ブンタさんのコメントを拝見して
昔、関東の親戚に「鮭の飯寿司」を送った祖母が
嘆いていました。
せっかく美味しくできた飯寿司を送ったのに
麹やら野菜を洗って鮭の切り身を焼いて食べたって。

茶々のときは文太さん、ナイト役をどうぞお願いいたします。
by 松の実


emihanaさんへ
はなさんが、成田に向かって機上のワンコの際は
絶対皆がぴったりと寄り添って守ってくれます。
茶々はそのお仲間ではなく、
是非、地上でお迎えしたいと頑張っております。

大爆笑いたしました。
実は私も「磨きにしん」だと思っていた一人です。
何処を磨いたんだろうと思っていました。。。
はなさんの獣医さん、どうでしたか?
後は日本で信頼できる相性の合う獣医さんを見つけるだけですね。
はなさん、獣医さん、お疲れ様でした
by 松の実
松の実 |  2012.03.16(金) 10:37 | URL |  【編集】

こまいとかんかいは同じものなんですね
初めて知りました ありがとうございます。
私は 縞ほっけを 「島ホッケ」だと
思ってました。
礼文の友達にもらったので…  ホホ
勘違いってよくありますよね。

うちの母はポンタラを煮ました。
ポンタラもお醤油・マヨネーズ・七味で
食べるとやばいです。
食べすぎて お腹がパンパンに膨れます。

今日の茶々ちゃんはピンク ピンクで
一足先に春って感じです。
はなちゃんを地上でお待ちしましょうね。
小太郎 |  2012.03.16(金) 12:28 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

小太郎さんへ
ハイ、同じものです~
釧路では「かんかい」と言う人はほとんどいないと思いますが、
どうも道北では「かんかい」派が多い?
私、縞ホッケを知ったのはほんの3~4年前なのです。
普通のホッケ(真ホッケ)しか知らなくて・・・
なんとなく馴染みがなくて、食べた事がないのですが、
縞ホッケのほうが好き、と言う人もいるようですね。
乾物は食べた後が、胃が痛くなったり、
お腹がパンパンになったり、
口が開かなくなったり・・・です。
楽しい週末をお過ごしください。
by 松の実
松の実 |  2012.03.16(金) 19:29 | URL |  【編集】

今頃 もしかして 新しい記事を書いていらっしゃるのかも?
などと ちょっとドキドキしながら 書いています(笑)

コマイ 乾燥の物は 経験無いです~
こちらでも 時々 一夜干しみたいのは
ありますので 買って食べたりしましたが
(食べるのは 主におとしゃんです!)
そういえば 最近は見かけないですね、、、
物産展じゃないと ダメなのかな?

茶々ちゃん ピンクも 似合いますね!
デヴィのピンクより 茶々ちゃんの方が 清楚だわ~
さすがね!
BOSS母 |  2012.03.16(金) 21:22 | URL |  【編集】

茶々ちゃん 
茶々ちゃんにははなちゃんにボクの分もおかえりなさいって言ってもらわないといけないからね
だから 明日の明後日も・・・ずっとおはようを言ってね
                            by空

空の事記事のしてくださりありがとうございました
空は本当にがんばりました
お空では 育ての母 セリアがきっと褒めている事でしょう

名古屋では 棒だら身欠けにしんは最近年末に見かける事が出来るようになりましたが
こまいは知りませんでした

今日 お出かけした先で 北海道のアンテナショップを見つけて色々見て来ました
食欲があったのなら 衝動買いしてしまいそうなものがいっぱい並んでて 

その中でも面白そうなものを買って来ました
食べるのが楽しみです
くうちゃん |  2012.03.16(金) 21:31 | URL |  【編集】

今日は遅くなっちゃった!
今頃コメントしても良いかしら?と思いながらお邪魔しました~(笑)
茶々さん、こんばんわ~
和商市場で購入した棒鱈、とても上手に焚けましたよ!
今までの中で一番の出来かもしれません!
そして大変手間がかかりました(大笑い)
棒鱈と鱈の子の煮物美味しそうじゃないですか!
コマイも鱈なのですね、『むしりコマイ』という珍味を以前食べたとき、
鱈っぽい味だなぁ~と思いながら食べたのですが、
今日、鱈をググってみましたらやはりそうでしたよ。
近々、『磨きニシン』に取り掛かりたいと思います。
何を隠そう私も『身欠きニシン』を『磨きニシン』と思っていたひとりです~
なんですか、四十を過ぎたあたりから、兄も私も
父が大好きだった鱈と鰊が無性に食べたくて、
ひとりDNAの恐ろしさを感じていました。

茶々さん、ピンク尽くしで深窓の令嬢どが増しているようにお見受けします。
松の実さんの思い出したくない話、笑えますね(爆)
あ~、またおしゃべりが過ぎました。。

ハイジ |  2012.03.16(金) 21:43 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

BOSS母さんへ
コメントに締め切りはありませんよ~
いつでも大歓迎です。
生干しのコマイは、日本酒に合いますネ~
私も大好きです。
コマイってどちらかというと雑魚扱いだと思うのですが、
もっと大事にされても良いと思います。
仏に近づくと、欲も何もなくなるので、
清楚になるのでしょうか?(笑)
意志を感じるファッションは大切ですよね。
by 松の実


くうちゃんさんへ
ずーっと読んでいました。
でも、何をどう書いて良いのかわからず
コメントはできませんでした。
かえっていつも穏やかな表情の空ちゃんに
慰められていたように思います。
茶々には頑張って、はなさんに「お帰り」を言ってもらいたいです。
北海道人は乾燥された物を料理に使う事が
ないように思います。
あっ、でもこれは北海道というより
年代の差かでしょうか?
手がかかりますしね。
干しシイタケすらも、ほとんど使わない私です。
by 松の実


ハイジさんへ
コメントに締め切りはありませんよね・・・
いつでも大歓迎ですョ。
確かにおいしそうに炊けていました。
でも、あそこまでの労力を考えると、
そこまでして食べるものか?と思ってしまいます(罰当たりな私です)
コマイ、生干しのコマイもおいしいです。
日本酒にバッチリです。
今度いらしたら是非、召し上がってみてください。
私は昔から、どこか抜けている子だったのかもしれません。
今だったら、何か病名がついているかも~
by 松の実

松の実 |  2012.03.17(土) 11:38 | URL |  【編集】

私も氷下魚、大好きです。
で、固くて歯肉をいためた事もしばしば^^
お湯で戻したりするけど、正統派の食べ方は?

北海道のお土産と言ったら氷下魚♪
なかなかこちらでは見かけませんから♪


↓私も怒ってたんですよ、瓦礫処理!
なんでみんな、分け合って処理しないんだろって。。。
反対する人が・・・って?
聞かれてないしィ。。。

神奈川も早く手を上げて欲しいです、遅すぎる!!
ururu |  2012.03.17(土) 18:47 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ururuさんへ
氷下魚をご存知で嬉しい限りですが、
お湯で戻して・・・・という件がちょっと・・・
その、なんと言うか・・・でございます。
カンカラに乾いたものは、そのまま食べると
あまりにも硬いので、少しあぶっていただくと
柔らかくなります。
そして、マヨネーズと七味をつけていただくと良いと思います。
ぼちぼちと手を上げる自治体も出ているようですね。
でもわが市はまだ・・・
立派な焼却施設もあるし、土地もいっぱいあるのに・・・・
by 松の実
松の実 |  2012.03.17(土) 20:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |