2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.09.12 (Wed)

悲しみと怒りとやり切れなさと

こんばんわ~

私の19歳と8ヶ月の月誕生日にたくさんの
お祝いと応援の言葉をありがとうございました。

9月になってからずーっと記録的な暑い日が続く釧路地方です。
松の実は少々バテております。
そんなバテ気味の松の実がさらに脱力感におそわれるような
記事が今朝の新聞に掲載されていました。

nemuidesu.jpg


それは、北海道新聞の「痩せヒグマ浮かぶ骨・・・」」の記事でした。
知床国立公園内のオホーツク海斜里町海岸で肩や腰の骨が浮き出るほど痩せた
ヒグマが撮影されたのです。
今年はこのように尋常じゃない痩せ方をしているヒグマが多いそうです。
餌のハイマツ等の実が不作、この時期よく食べるカラフトマスも
前年同期の3割に満たないほどの不漁で、
ヒグマさんにとっては大変厳しい状況だそうです。
先日はやせ細って溺死したこぐまが漁師さんの網にかかっていたそうです。

こんな状態ではヒグマさんたち、冬眠に入れませんよね・・・・
自然界は厳しいものですが、もしこの極端な餌不足が
人間が自然破壊した結果もたらされたものであるならば
ヒトはどうやってヒグマさんにあやまったらよいのでしょう?
エゾシカが増えすぎて被害がでているのも
元はゾシカを餌としていたオオカミさんが乱獲により
絶滅したことが原因の一つと言われています。

これらは、長い長いこの宇宙の営みの一つであって、
ヒトのせいではなく、必然なのでしょうか?

kumaさん、がんばって


北海道のヒグマさんたちの一頭でも多く、
ちゃんと冬眠に入れますように!
そして来年の春、無事にねぐらから出てこられますように、と
祈るのみです。


もう一つの記事は昨日の釧路新聞紙上でした。

摩周湖で有名な「弟子屈町中心街で狂犬病ワクチンの予防接種などせずに
数十匹の犬が飼われている問題で、40歳代の飼い主が飼育を放棄し
釧路市保健所への移送を始め、近日中に町内の住宅で飼っている犬を
すべて運んだ後、標茶町内の山林で飼育している犬についても同様の
措置を講じる」というものです。
元々はこの飼い主さん、ボランティアで捨て犬捨て猫の飼育を
手がけてきたらしいですが、数年で資金が底をつき、精神的にも肉体的にも
追い詰められ飼育責任を放棄するに至ったというのです。
新聞には、保健所に連れて行くべく、ワンコを抱っこして車に乗せるところの
写真も掲載されていました。
あまりにも残酷で、とても新聞記事をここにアップする気にならない松の実です。
「弟子屈 多頭飼い 問題」で検索すると
けっこうヒットしますので、詳細ご希望のかたはぜひ検索してみてください。
犬猫のレスキューのブログ等でも紹介され、写真を切り取った記事を
掲載しているところもあります。


誰が悪いのかな?


もう松の実も私もこの記事はどんよりです。
怒りや悲しみをどこにぶつけてよいかもわからないです。
この飼い主さんだけを責めても問題の根本は解決しません。
おそらく、元は純粋に捨て犬捨て猫を救いたかったのではないでしょうか?

なんともやりきれない、何もかもが嫌になるような記事でした。
元凶はワンコやニャンコを簡単に飼って
簡単に捨ててしまう人たちだと思います。

こういう人達をなくす有効な手立てってないものでしょうか?

怒りと悲しみとやり切れなさの3連発です!

[広告] VPS



そんなわけでダルダル~で脱力の松の実ですが、
明日一日お仕事に行くと3連休だそうです。
「えっ?松の実、日にちを間違っていない?」と心配された方、
大丈夫です、まだそこまでボケてはいません、松の実は。
14日から3連休で、17日はお仕事です。
で、とにかく明日一日、頑張ってくるそうです。

がんばれ~最後のつるバラ


私も頑張って「おはよう」を言います。
20:47  |  その他  |  コメント(19)

Comment

こんばんは

ヒグマの件も多頭飼いの件も初めて知りましたi-182
こんなに痩せ細ったヒグマがいるなんて、信じられません。原因はいろいろあるでしょうけれど、人間の方がどんどんヒグマのテリトリーに入って、自然を破壊していったことも原因でしょうね。

おととしくらいに本州でも、クマ(ツキノワグマ)のえさ不足で、どんぐりの実を集めて山にまいたりしたことがあったと思います。

昔のようにクマたちの領域には人間は入らず、共存していけば、うまくバランスが取れていたのでしょうけれど・・・

弟子屈町の件も最初は数も少なかったのでしょうね。今までも同様なことはありました。結局、善意で捨て猫・捨て犬を飼っていて、資金がたりなくなり避妊去勢手術が出来なくなって、数がどんどん増えていき、さらに大変な状態に陥るという状況でした。

犬猫を捨てる人たちがいることがまず許されないことですが、安易に数を増やさないようにするという意識を持つことなど、毎年殺処分されている子たちがたくさんいるということをもっと大勢の方に知ってもらいたいですね。

怒っている茶々さん、気分を変えて今夜もおやすみを言えましたか?どのわんこも同じようにご飯をもらえて、のんびりねんねできるような社会になると良いですね。

松の実さんはあと1日がんばってお仕事なさってきてくださいi-179
チップママ |  2012.09.12(水) 22:47 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々さん、こんばんは。

本当に・・・やりきれません。
こういうニュースが後を絶たないのがやりきれません。
ペットショップのショーケースで品物のように売られる動物たちがいて
オモチャのように飽きたら捨てる人たちがいて
一方で、必死に命を救おうとする人たちがいる。
けれど、その中にも力尽きて命を投げ出してしまう人が出てきてしまい・・・

ヒグマのことも、生態系のバランスをこんなに短期間で
めちゃくちゃに壊して行っているのは
まぎれもなく人間で、実は自分も知らず知らずの間に
その行為に間接的に関与しているわけですから。

本当なら、もっと真剣に考えて
積極的に行動しなくてはいけないんですよね。
とは言っても、言いたい何をどうすればいいのか
自分にできることは限られていますし・・・
今は、目の前のはなを最後まできちんと世話すること
そんな風に思ってしまうのも、お茶を濁しているだけなのでしょうか。

茶々さん、怒りの声を出して、お疲れではないですか?
どうぞゆっくり休んで、明日もおはようをお願いします。
松の実さんも、あと1日、ファイト~!
emihana |  2012.09.12(水) 23:31 | URL |  【編集】

茶々様、松の実さん、おはよー
今日も暑くなりそうな旭川です。

ヒグマさんの記事、私も読んだ。
なんだかな~って思いました。
ホントに人のせいでこうなったと思うし、
そのボランティアをしてた飼い主さんだって、
捨てる人がいるからそうなったわけで・・・

ワン、ニャン、ヒグマさん、
みーんな幸せになって欲しいもんです。。。

ボビーまま |  2012.09.13(木) 07:46 | URL |  【編集】

自然多いところに住んでいると、野生動物への被害を目にします。

人が起こしている時もあるし、最近では
異常気象で絶滅の危機にさらされる事もあります。

前者では、高速道路や住宅地開発等、
行き場を失った野生動物たち、今までの地(高速道路)へ戻ります。命を失います。
住むところ、餌もないです。

後者では、地温暖化で、北極の氷が溶けて、白くまたちが絶滅しつつあります。
やせ細った白くま、想像以上です。

毛皮の商業で栄えたカナダ。
当時、イギリスで流行ったビーバーの毛皮を
取りすぎて、絶滅寸前になりました。
今では、手厚く保護されています。

また、ワンコを飼う事、保護ワンコであっても、ペットストアーで購入したのであっても、
同じ大事な命です。

安易な気持ちで、可愛いから、可哀想だからと
ワンコを飼ってほしくないです。

野生動物の問題、これから更に多くなりそうで
不安です。
それと、ペットブームで遊ばれているペットたちの事も心配しています。


大事な命ですから、守ってあげたいですね。

考えを変えれば、命守れます。
すべてにおいて。
トドまま |  2012.09.13(木) 12:23 | URL |  【編集】

茶々さん、松の実さん、こんばんは(__)

この問題は、本当に人間の考え方次第ですよね。
(異常気象、天変地異には逆らえませんが…)
小さな事からコツコツとでも変えていければ…と思います。

茶々さん、明日から松の実さんは三連休とのことですよ!!
今日はゆっくり茶々さんを抱っこしつつ晩酌されるのでしょうか(^^)d
楽しみですね。しっかり松の実さんに甘えて下さいねm(__)m
ルカママ |  2012.09.13(木) 18:59 | URL |  【編集】

ヒグマさん あの痩せ方ですと 冬眠したままになってしまいますね。
どうにか 手を貸す事は できないのでしょうか?
野生動物ですから 餌付けはダメなのでしょうが、、、
う~ん 何とかしてあげたいですね。

保護の活動をしている方が 疲れきってしまって
結果 センターへ行く子達が、、、
悲しいことですね。
早く諸外国のように 保護犬 保護猫を飼う!
っというのが 当たり前になって欲しいと願います。

茶々ちゃん お腹から声が出てますね!安心です!
明日も おはよう~!ですね!
BOSS母 |  2012.09.13(木) 19:15 | URL |  【編集】

本当に辛い報道ですね…

自然界の厳しさ 動物を育てるモラル…
考えさせられます…

人間にも動物にも住みやすい地球であってほしいと
ただただ願うばかりです

茶々チャン♪
明日も元気におはよう言いましょうね~
さくぴょん |  2012.09.13(木) 19:40 | URL |  【編集】

茶々ちゃん、松の実さん、こんばんは。

痩せ細ったヒグマのニュース、ちょうど先ほどTVで見ました。
アナウンサーが「痩せ細ったヒグマの…」と話しているのを聞いて次男が「くまさんじゃないよ。」と一言。
4歳の子供の目にはあの痩せ細ったヒグマの姿は別の動物に見えた様です。

胸がキュンとなっていたところに松の実さんのブログを読み、更にキュンとしました。
捨てられた動物たちを救いたい気持ちがあってもお金がかかること。
金銭面も精神面も追いつかず、自分が窮地に立たされ選んだ手段に悪者扱いされて…。
では最初から見過ごしていたら良かったのでしょうか?
…考えさせられる出来事ですね。

最近子どもたちが「一軒家になったらワンちゃんを飼いたい!」と盛んに言っています。
一軒家になる予定がないので、「そうだね。飼いたいね。」と答えるものの動物を飼う大変さを思い、また楽しさを知ってもらいたい、とも思いつつ我が家に「白い犬」が来る日がいつになるのかと思うこの頃です。
two leaves |  2012.09.13(木) 20:28 | URL |  【編集】

こういう記事を読むと眉間にしわがより、口角が下がり、
口がへの字になり気分がドンヨリ・・・となってしまいますね。
ヒグマさんの記事もクリックして読むことができませんでした。
わんこのお話も胸がつぶれる思いです。
私も悲しみと怒りとやりきれなさを感じます。
ここで謝罪させてもらいます、
ひぐまさん、ごめんなさい。
わんこさんたち、ごめんなさい。

茶々さんの優しい語り口が何よりのなぐさめです。
茶々さん、明日もおはようをお願いします。
私は後一日頑張ります。
ハイジ |  2012.09.13(木) 21:03 | URL |  【編集】

先ほどこのヒグマのニュース見ました。
こういう出来事は
本当に気持ちが暗~くなってしまいますね。
やりきれない気持ちでいっぱいになります。
でも自分も怒りだけはありますが
何も出来てない・してないんですよね~

松の実さん明日から3連休なんですね。
今頃は美味しい北海道産の肴をあてに
茶々ちゃんを抱きながらの晩酌でしょうか?

二人で楽しくマッタリした連休を
お過ごしください!

茶々ちゃん嬉しいね~(^^)
こたつ |  2012.09.13(木) 22:30 | URL |  【編集】

茶々さんと松の実さんが、怒るのも当然ですね。
検索してみたら、真っ先に、茶々さんのこのグログが出てきましたよ~。40代の女性の飼い主が、140匹を放し飼いで、ですとっ!!その中で、望まれずに生まれた命や、息絶えたコが、どれだけいたことでしょうか。犬たちは生き地獄を味わっていたと思います。それだけで虐待ですっ!それは保護じゃないです。かつて、新潟でも、保健所に行ったら殺されるから、と手元に犬を集めていた人がいました。うわさを聞いて、犬が持ち込まれるとその人は受け取り、そこへ犬を捨ててゆく人も現れて、どんどん数が増えました。その人は、自分の犬と称していましたが、何も世話をせず、病気になっても病院へも連れてゆかず、檻に入れて飼われていた犬は、糞尿が層になった上で座るスペースもなく、立って暮らしてました。何年もかけて、説得し、最期は強制執行でした。なかには人に慣れて、新しい飼い主さん宅が見つかったワンコも多くいましたが、飼い主が拒んで手が出せず、炎天下で亡くなったこもいました。

我が家のぶうたの過去も、多頭飼いのお宅でした。80匹あまりのワンコのなかで、どうやって生き延びていたのか・・・。飼い主がフードを工面できなくなって、ボランティア団体に援助を頼み、やっと説得を受け入れて里親探しに同意したそうです。ボランティアの方が、保護するために家に入ったときの写真を見ると、飼い犬とはとても思えない壮絶な姿のわんこが、威嚇していたり、震えていました。

と、これで終わっては、やりきれなさが募るばかりなので、その後の新潟の多頭飼いのわんこたちの姿をご覧ください。
コチラです。↓

http://ndn2001.com/tatou3/index.html
つま |  2012.09.13(木) 22:59 | URL |  【編集】

ヒグマさんのニュース見ました。
痩せ方が想像より遙かに深刻で、いたたまれない気持ちになりました。
飼育放棄の話も辛いですね。
日本って、他の国より「赤ちゃん嗜好」が強いそうですね。
子犬・子猫の可愛さから簡単に買って
大きくなると、もう可愛くないからと捨てる人がいると聞きました。
その人達にシニア犬の可愛らしさを教えてあげたいです。
自然とも、ペットと呼ばれる動物達とも
もっとお互いが幸せになれる付き合い方を
一から考え直さねば行けないと思いました。
けめちゃん |  2012.09.13(木) 23:14 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

チップママさんへ
どちらも違う意味でやるせないニュースです。
このえさ不足が、大きな生き物の、この世界の
自然淘汰の手段だというのなら、
それはそれで納得も諦めもするのですが・・・
今は一頭でも多くのヒグマが冬眠に入ることができますように、
と祈るばかりです。
冬眠しないでうろつくと、又人間との摩擦で
いろいろと新聞ネタになってしまいます。
by 松の実


emihanaさんへ
私も命をショーケースに入れて
「売っている」ことに違和感を感じます。
特定の犬種がほしければ、
繁殖を手掛けている方から
ゆずっていただき、そこに「お礼」が発生するのが
自然かな?と思っています。
「犬がほしいのなら保健所に行ってください」と
おっしゃった茶々の実家の奥様の言葉を理解できたのは
茶々と暮らし始めてからでした。
emihanaさん同様、私も今は茶々の最後を看取ることで精いっぱいです。
でもそれで良いのだと自分に言い聞かせています。
身の丈にあったことをするまでですよね。
by 松の実


ボビーままさんへ
旭川の街中に保健所でしたか?
愛護センターでしたか?
できましたよね?
命について広く知ってほしいとあえて
中心部に作ったとか。
良いことだと思います。
どの生き物も持って生まれた寿命を
全うできる世界でありたいですよね。
by 松の実



トドままさんへ
その異常気象でさえも、実はヒトが二酸化炭素だかを
排出した等が原因だとしたら
ヒトであることの恐ろしさを感じます。
自然は厳しいですが、今回のこのヒグマさんの試練が
これから先「ヒグマ」を残していくための
大きな営みの一つでありますようにと祈る綿日です。
要は、責任逃れしたいだけなのかもしれませんが・・・
これ以上、増えて、ヒトとの摩擦を起こさない
神様がくれた試練と言うか種を生き延びさせる
贈り物だったら良い、と思う私です。
by 松の実



ルカママさんへ
はい、すでに、一杯やりながらコメント返しをしております。
いつにもまして誤字脱字がありましても
ご了承ください。
茶々は大人しく寝ています。
今日も破壊的に暑かった釧路です。
9月に入ってからのこの暑さは
記録的だそうで、これも異常気象ですね。
でもそれさえもヒトのせいだとしたら
ヒトはヒト以外の生き物に会わす顔がありませんね。
by 松の実


BOSS母さんへ
ヒグマたち、気の毒ですが、これが種を保存していくための
試練だと今は思いたいですし、
一頭でも多くのヒグマが無事に冬眠できて
目覚めることができますように!と祈ります。
弟子屈の件は、報道を読む限りでは
この方一人を責めても根本の問題は解決せず、
第2、第3の同じようなヒト、団体が出てきそうで怖いです。
by 松の実



さくぴょんさんへ
本当に・・・どの命も与えられた寿命を
まっとうできる世界であってほしいです。
ヒグマさんの件は、これから先も北海道で
「ヒグマ」を存続させるための
試練だと思いたいです。
こういう動物関係のニュースは
感情の持っていき場所がなく、
ただただどんより、脱力してしまう私です。
何か行動を起こす度量もなければ思慮もない自分がちょっと哀れです。
by 松の実


two leavesさんへ
白いワンコ、と決めているのですね?
それはあのCMの影響でしょうか?
北海道犬はけっこう気性が荒いですよ~
私は噛まれたことがあります。
そうか~次男の方にはあれがクマさんにはみえなかったのですね・・・
悲しいことですね。、
なんとか一頭でも多く冬眠し目覚め
次の世代をつなげてほしいです。
エゾシカもヒグマもいてこその北海道です。
by 松の実


ハイジさんへ
脱力感に襲われ、それでも、心の中で謝罪と祈りを繰り返すことしかできません。
弟子屈の件は、この飼い主さんだけをせめて
解決する問題だとは思えないのです。
いろんな意味で、周りが何かできることなかったのか?と思えてなりません。
行政ばかり頼るのは私が最も嫌いなことですが、
指導や注意を繰り返すだけで良いのか・・・
相手は、一人の町民でありますが、
その背後に生き場を失うであろう命は
行政とは「無関係」で良いのかな?という疑問があります。
明日一日、頑張ってください。
by 松の実


こたつさんへ
おっしゃるようにひたすら気分が暗く沈みます。
それは、感情の持っていき場所がないこと、
自分も何もできないくせに、怒ったり悲しんだりする自分が
情けないこともあるのだと思います。
明日から3連休でおまけに今日は父が札幌出張でいません。
茶々とふたりのんびりしています。
と言っても茶々は飲まずに寝ていますが・・・
by 松の実


つまさんへ
弟子屈のようなケースは他にもあるのですね・・・
この飼い主さんの飼い方はそれは確かにひどくて
それはボランティアとも愛犬家とも言えないと思いますが、
こういう方々はきっと、自分でできることと、できないことが
わからなくなってしまうでしょうね。
そして、こういった飼い主、飼い方だけを責めても
問題の解決にならないと思います。
問題は簡単に命を「買い」、物のように「捨てる」「飼育放棄」する方が
多すぎることだと思います。
何でも行政頼りは大っきらいですが、
行政というか国を上げて、そろそろペットをはじめ
命への思いを新たにするべきだと思います。
by 松の実




松の実 |  2012.09.14(金) 00:29 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

けめちゃんさんへ
地元の方が、あんな痩せ方のクマは
見たことがないと言うくらいですから・・・
気の毒です。
自然界のこと、何か自然界のルールというか
全ての命のための自浄作用のようなものだと信じたいです。
私も、そろそろ日本人の命への思いや認識を一新するべきだと思います。
弟子屈他のようなケースをこれから後を絶たないように思います。
by 松の実
松の実 |  2012.09.14(金) 00:36 | URL |  【編集】

おはようございます。

茶々さん、おはよう!

まだまだ暑いですね。

熊の冬眠前の大事な時期に、エサが無いのではどうしようもないですね。
ドングリやウドや野性のイチゴなどが好物のようですね。
エサを求めて、人間の傍まで出てきてしまえば、すぐに射殺などということにもなりかねないし。

ドングリ、今年も不作なんでしょうか?
せめて、マスは豊富に遡上して欲しかった・・・。
温暖化の影響は、もう、暢気に構えていられない所まできているのですね。

氷が溶けて、北極熊も生きるのが難しくなっているし。
ほんとうに、どんよりしてしまいます。

軽井沢のピッキオさんのように、なるべく熊を殺さないですむように、色々な試みをしている所もありますね。
ベア・ドッグも頑張っていますし。

人間の近くに来てしまうのは、ゴミを出しっぱなしにしたりなど、人間の側の不注意がほとんどなので、もっと厳しくしてもらいたいですね。
熊の生息域に、人間が入っているのですから・・・。

弟子屈、一昨年でしたか、taki夫が仕事で訪れています。
美しい自然の写真を、何枚か撮ってきました。

そんなところで、多頭飼育崩壊ですか。
残念でならないのは、そこまで周囲や行政が放置していたことです。
もっと早く、何とかならなかったのでしょうか。

ネットで、フランスの動物虐待の話も目にしました。

毎日、どんよりしています。

知床、バスでお手軽に乗り入れるのには、反対です!
自然を守るのには、人間が入らないのが一番だと思います。
taki |  2012.09.14(金) 09:18 | URL |  【編集】

松の実さん、茶々さんとゆっくりされてますか?
今日の、釧路も暑いようですね?

ヒグマの激ヤセ・・今朝、テレビでみました。(秋鮭でなくマンボウが。も同時にやってました)猛暑でどんぐり不足・海水温上昇で鮭やマスの不漁。私に何が出来るかわからず、押入れから、鮭をくわえたクマの木彫りを出してきて、飾りました・・・意味不明行動?

弟子屈町の多頭飼育放棄の件は、ネットで・・(釧路新聞・最新情報)保健所への搬送・処分は免れたそうですね。
引き継いだ方が、命をかけて守るとのことで、
とりあえず、ほっとしましたが。。。
とても大変なことです。
こういう話は、胸も頭も痛くなります。

茶々さんからの、力いっぱいの3連発。。。こんな思いさせてゴメンナサイ。

今日は、嬉し♪楽し♪の「ギャン」になりますように♪
鶴菊 |  2012.09.14(金) 11:17 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

takiさんへ
環境保護と観光推進の問題は難しいです・・・
特に私のような観光に携わっている
人間にとってはいろいろとジレンマに陥ります。
釧路湿原のカヌーでの川下り一つとってもそうです。
冬は動物たちも休息の時期だから、
冬にカヌーの川下りをするのは良くないと言う業者さん、
一方で、木々の葉も落ち、雪に覆われた美しい湿原、
川の両岸の樹氷の美しさを知ってほしいと言う業者さん、
様々です。
摩周湖では実験的に自家用車の乗り入れを制限して
公共の交通機関を使ってもらうことをしていましたね。
ヒトと自然のかかわりって本当に難しいです。
by 松の実



鶴菊さんへ
もう~信じられないくらいに暑いです。
これが7月8月だったら、こういう日もあるさ~と
返って嬉しくなる釧路市民ですが、
9月では勘弁です。
弟子屈の多頭飼いの問題は、
これが解決ではないですね。
あの頭数を誰であれ、どの団体であれ
一人或いは一団体で良い環境で飼うことは
不可能かと思います。
クマの木彫り~一時期は一家に一つはあるのでは?と
言われたくらいありましたね。
と言っても我が家にはありませんが~
by 松の実
松の実 |  2012.09.14(金) 21:22 | URL |  【編集】

こんな思いやるある獣医さん、こちらにいるかと
疑います。
松の実さん、安心して先生にお任せできますね。

茶々ちゃん、あの注射打たれたかな。
でも、あれ、効果ありね。

この犬放棄の事、ボランティアされている方のブログで知りました。
酷い事件ですが、果たして、この人のみを責める事ができるのかと、今になって思い始めました。

読んだ当初は、酷いな、保護できないなら、するな、してほしくないと思いましたが、
じゃー、捨て犬を作った原因は。。。。。

今は、保健所へ送り返されたワンコちゃんたちが
不憫でなりません。
とても悲しい気持ちです。

動物虐待の事件も相次いでいます。
小さな命を大事に考えずに、果たして、大きな命を守れるかと、今後、心配しています。

小学校での道徳の授業、こんな事を教えるべきだと思っています。
命の尊さに違いはありません。
こんな事を学んでほしいです。

北国同盟、カナダ支部、こちらは秋模様です。
朝寒い、昼 太陽の陽射し強い、夜寒い。。

中途半端な気温で、フリースのジャケットを着たり、脱いだり。
風邪引きそうですよ。
体力だけが自慢のトドままなので、大丈夫ですけれどね。

茶々ちゃん、また、明日ね。
トドまま |  2012.09.16(日) 03:26 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

トドままさんへ
新潟のつまさんが紹介してくださっている
ウェブサイトは、ほとんど病気の方が多頭飼いを崩壊させた後、
ボランティアを始め、保健所など行政を巻き込んで
残されたワンコ達の譲渡に成功したようです。
元はと言えば、命を捨ててしまう人が悪いと思います。
もちろん全部が捨てられたわけではなく、
アクシデントということもあるでしょうが・・
最初に飼育を放棄したヒトに何らかの
代償を払わせるシステムって構築できないものでしょうか?
弟子屈の問題は別の方が引き取りを約束したようですが、
一人では面倒みきれる頭数ではないので、
このままではいずれ同じ問題が出てくると思われます。
今日も夏の釧路でした。
by 松の実
松の実 |  2012.09.16(日) 21:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |