2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.01.06 (Sun)

茶々の最後などを

初めまして・・・お空に逝った茶々の飼い主の松の実です。
これまでコメント欄ではお世話になっていましたが、
こちらでお目にかかるは初めてかと存じます。

これから少しの間、茶々の最後の様子などをご紹介したいと思います。
どう書いていって良いのか、戸惑いもありますが
お付き合いいただければ幸いです。

今日は、茶々の最後の瞬間をなるべく丁寧に
ありのままにご報告したいと思います。
苦手な方はどうぞ、今回は読まずに茶々の画像だけでも
ご覧いただければ嬉しいです。

おめでとうを言えるかしら
12月31日の茶々です


12月31日はいつものように北海道独特の「口取り」を用意し、
茶々のご飯にも餡をつけてあげました。

今年もあった口取り

「あけましておめでとう」を無事に言って、
ごく普通の、極めて平穏平和な元旦を過ごしました。
お日様は出ていたものの風がとても強く、
日向ぼっこはすぐに撤収~!だったのが今となっては残念です。

ka kazega!
1月1日の茶々です。お庭です。

夕食は脳天に響くような甘さの栗きんとんの餡を
いつものご飯につけてあげると、「食べた」のです。
この頃、たとえ完食であっても「食べさせられた」
「口に入れられたものを飲み込んだ」という状態でしたが、
私達には甘すぎる餡が茶々の舌にはちょうどよかったのか
本当に機嫌よく食べたのです。

「茶々、寝ようか~」といつものように2階の私の部屋のベッドに運び、
いつものように茶々と向かい合うようにして私も眠りました。


ヤレヤレ~
1月1日、お庭から帰って

一眠りした午前3時、茶々の荒い息で目を覚ましました。
鯉が口をパクパクするように喘いでいました。
瞬間に、「あっ、茶々が逝くんだ」と理解し、
お水を飲ませてあげようと、居間に下ろしました。
お水をあげ、しばらく・・・40分くらい抱っこしていると
フーっと茶々の呼吸が楽になったようで、
スースーと寝始めました。
一度いつものベッドに寝かせると10分くらいでしょうか
静かに寝ていましたが、又息を荒げ、その様子が少し前の茶々が
ウンチやシッコをしたい時の様子に似ていましたので、
出してあげると、いつもの様にとっても良いウンチと
シッコはふだんの3分の一ほどの量をし、きれいなシッコでした。
茶々の呼吸は再度落ち着き、
昔のように私を見て「寝るよ」と言いました。
私も茶々に「うん、寝ようか」と答え(このあたり、ちょっとアブナイ感じですね)
そのまま居間で私はお尻をストーブに向けて、
茶々の額に自分の額をくっつけて寝る体勢に入りました。
茶々の様子を伺っていましたが、茶々はスースーと寝てしまったので、
今度は後頭部同士をくっつけて、茶々を感じていたつもりですが
フーっと私が寝入ってしまいました。
私の感覚では2分か3分か・・・はっと目覚めて茶々をナデナデすると
いつもどおり温かくやわらかく・・・
でもいつもの茶々ではない・・・初めての看取りですから、
なかなか茶々の死を確定できませんでした。


最後のお庭でした
1月1日お庭から撤収直後

鼻に手をやると、かすかに息が漏れているように感じる・・・
胸に手をやるとかすかにトクトクと言っているようにも感じる・・・
きっと私の心臓が大きくドクドク言ってそれが自分の手に響いたいたのでしょう。
「茶々」と言って抱き上げた時、「わかりました」
そして先程出きらなかったシッコが私のちゃんちゃんこを濡らしました。
朝の4時半を回った頃だったと思います。

一緒にいたけど、頭をくっつけていたけど
最後の最後の瞬間は見ていなかった私なのです。

何故かすぐに頭に浮かんだのは、
漫画家大島弓子さんとその愛猫サバの最後と一緒だったな~でした。

こういう時のヒトの思考回路って不思議ですね。
突拍子もないこと、おおよそ場違いなことがフッとでてくることが
我ながら可笑しくて茶々を抱きしめながら泣き笑っていました。


gao~~
松の実の日記、面白くな~い!!!
20:22  |  その他  |  コメント(89)

Comment

茶々ちゃん 最期まで愛らしい茶々ちゃんですね。
最期の瞬間を感じさせない所も
茶々ちゃんの優しさなのだと思います。

私が書いた記事じゃないけど 涙出ます、、、
松の実さん 書きながら、、、大丈夫でしたか?
BOSS母 |  2013.01.06(日) 20:34 | URL |  【編集】

こんばんは。
茶々さんの最後をしかと読ませて頂きました。
立派なウンチをちゃんと出し切って
最後を迎えたことにあっぱれです。
松の実さんを濡らしたオシッコも
茶々さんからのメッセージにも思えますね。
身も軽くなった状態であちらへ行けたから
ピョンピョン飛び跳ねながら、
松の実さんの日記を読んでいることでしょう。
最後の写真の茶々さんの舌がとっても
キレイなピンクで、ほんわかします。
きっと色々な心情で書かれたと思います・・
日記有難うございましたm(._.)m
のんこ。 |  2013.01.06(日) 20:43 | URL |  【編集】

茶々ちゃんの最期、詳しく教えていただきありがとうございます。
半年前に愛犬を看取ってから、他の老犬はどんな最期だったのだろうと気になります。
あまりにあっけなかったので、そんなものなのか、うちの子が特別なのかと。
松の実さんも最期の最期がはっきりしなかったのですね、
私もなんです。ずっと傍にいたのに最期が分からない、いつ逝ったのだろうと・・・。
テレビドラマみたいに、ガクッとしてはっきり分かるものではないのですね。
Lee |  2013.01.06(日) 21:05 | URL |  【編集】

松の実サン、お空の茶々チャン、こんばんは。

茶々チャン、ブログのタイトル通り松の実サンと2人で仲良くお昼寝してるつもりでぐっすり眠っちゃったの!?

身支度を整え柴女子らしい見事な最期です。

今は、1人で孤軍奮闘してる松の実サンを心配してお母さんと一緒に見守ってるかな。

松の実サン、明日からお仕事ですね。

涙の地雷が、あちこちに潜んでますので要注意ですよ~!!
ブンタ |  2013.01.06(日) 21:09 | URL |  【編集】

こんばんは^^

茶々さん、最後は松の実さんと一緒で幸せだったと思います!

私は、夏鈴がお空に行く時、傍にいませんでした。
夜勤明けで帰ったら…逝っていました。
今、またワンと暮していますが、
その日の事は忘れることができません。

松の実さんも、茶々さんもステキですv-238
夏鈴ママ |  2013.01.06(日) 21:25 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。

茶々さんの旅立ちの様子を教えて下さり、ありがとうございました。

松の実さんと寄り添って、松の実さんのぬくもりを感じながら出発した茶々さん・・・幸せワンコですね。お互い触れ合って、寄り添ってその瞬間を迎えた松の実さんが、私はものすごく羨ましいです。

私も会社勤めをしていますので、愛犬ナナ(柴ワンコ15歳半)はいっつもお留守番ばかりです。私の腕の中で「その時」を迎えることができれば良いけれど、現実には難しいかな・・ずっと一日中一緒にいたいけど、生活があるので仕事は辞められませんしね。最近はそんなことばかり考えて、悲しくなってしまいます。

またまた滂沱の涙で拝見した今日の日記、最後の茶々さんの雄たけびで、泣き笑いです。茶々さん、可愛いなあ~可愛いなあ!
宝 |  2013.01.06(日) 21:32 | URL |  【編集】

さすが天寿を全うされた、茶々さん!
最期も違います。
願わくば、できることなら、茶々さんのようでありたいです。

私、その時に居合わせませんでしたが、帰宅して抱っこして、変わりゆく過程を見ながら、やっぱり妙な思考回路でした。

そして、私も茶々さんに賛成~!ライター交代!
つま |  2013.01.06(日) 21:32 | URL |  【編集】

やっぱり‥

別れたくないし、認めたくない、嘘よ!って私も何が何だかわからなかったし、暫く愛犬抱いて放心状態でした。

茶々ちゃん
苦しむ事なく、お母様の腕に飛び込んでいったんではないでしょうか。本当に大往生で犬生を全うし、大満足だと思います。
コナツ |  2013.01.06(日) 21:37 | URL |  【編集】

茶々ちゃんは最期まで松の実さん想いのいい子でしたね。うまく言えませんが。
その瞬間は見せたくなかったのでしょう。
あー想像するとだめです…。泣けます。
大好きな餡を食べて家族みんなでお正月を迎えて大好きな松の実さんの隣で最期を迎える。
茶々ちゃんはそうしたかったんでしょう。茶々ちゃんの理想通りお母さんの処へ行ったのですね。
ななチロママ |  2013.01.06(日) 21:44 | URL |  【編集】

松の実サン こんばんは

あま~いアンコたくさん食べましたか!!茶々チャン(*^O^*)
大好きなアンコ!!良かった
きっとお母さんにお話してるでしょうね

松の実サンのお話を聞いて
なんだか茶々チャンのそばで聞いている気分になりました

今日の涙はちょっと違う涙になりました

松の実サン
今日も飲んでますか!?
私は既に酔っ払いですよ…

ティッシュ片手にジュルジュルしながら飲んでいます
さくぴょん |  2013.01.06(日) 21:47 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。

茶々さん、さすがです。
お見事、の一言です。
栗きんとんの餡子、良かったですね、茶々さん。
そして、松の実さんの泣き笑いが胸に詰まります。
私はその時、どうなるんでしょうか?
想像もつきません。

前回は勘違いをしてしまい、すみません。
でも・・・できれば時々茶々さんがお出ましくださったら・・・
だめでしょうか?
emihana |  2013.01.06(日) 21:59 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんわ。
ねぇえ・・ちゃんちゃんこを濡らしたオシッコ、それは、息を引き取った後になるのでしょうか?
茶々ね、少しのオシッコのお漏らし・少しの下痢のお漏らしをしました。。その後かと思っていたのですが、そのときは、既に・・だったのでしょうか?
ぐで~んとしてる茶々をずっと抱っこしてましたが、瞬間というもは、全く分かりませんでした。
死んでるのか生きてるのか、しばらくよく分からなかったです。
少しの間、苦しんだとのことで、気になってましたが、苦しんでないと思う!
鯉の口をパクパク状態は、前日より茶々にもありました。
ありがとう。バイバイだね。お前もがんばれよ~っと、最後のあいさつだったのかなって思ってます!
「え~茶々、死んだ?生きとる?どっちな~ん、茶々~」っと泣き笑いでずっと声をかけてました。何故か泣き笑いでした。
共にまさに大往生ってことですよね!
私もその日に火葬場でした。次の日仕事だったし、梅雨時期だったのでですが。
一緒に寝んねはできませんでしたが、よく似てません?
(お骨を砂時計に・・という方もあるそうです。)
最後も介護方も、ワンコそれぞれかと思います。
茶々さんと松の実さん、本当にありがとう~!!!

義父、こけて頭打ち、硬膜化出血。血を抜く手術しましたが、全然元気です!その時の検査で、複雑な動脈瘤があることが分かり、破裂しないかと怖々生活ではありますが、元気!入院中、大腸ポリープも発見しましたが、元気!
松の実さんのお父様も、元気に退院されますよ!
病んでるときって、我がままになったり怒りっぽくなったりするけどね~・・ん?性格か?
ちなみに実父、脳梗塞後、重度の後遺症。生きてるのが不思議ですが、生きてます!喋れないので、犬のようにかわいかったりするのです。。

誰もあの日に戻る事は出来ません。新たなスタートです!

松の実さん、お元気でいて下さい。
一緒にお酒飲める日がありますように。。この世で!
あ~!毎月、更新してもらはねば!カレンダーめくった日に!
鶴菊 |  2013.01.06(日) 22:11 | URL |  【編集】

茶々ちゃんはちゃんと 松の実さんのぬくもりを感じながら旅立ち、最後は一人ではなかったのですね。

同じように生きても、わんこやにゃんこたちは人間よりはるかに短い命ですので、どうしても飼い主側が看取ることになります。
でもそれは最後にしてあげられる精いっぱいの愛!
だと私は思うのです。

松の実さんの体温を感じながら幸せな気持ちで旅立てたのではないでしょうか‥
松の実さんと茶々ちゃん二人ともが幸せな最後でしたね。

松の実さんが茶々ちゃんを抱っこして泣いてる場面を想像すると涙が溢れます。
私も主人と二人で看取りましたが思い出します。
泣けますね‥

茶々ちゃん本当に松の実さんさんと一緒にいられて良かった。
最後の最後までお利口さんでしたね。
誉めてあげたいです。
桜ママ |  2013.01.06(日) 22:22 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2013.01.06(日) 22:50 |  |  【編集】

松の実さん、こうして文字にするのはお辛くはなかったですか。
でも、私たちは茶々さんが最後にちゃんと食べて、静かに旅立っていったことがわかり、安心しました。

チップも最後におしっこを教えて、私がふぅっとうとうとしたほんの瞬間に呼吸が止まっていました。抱っこしたら首は脈打っていたので、本当に息を吸うのが終わったばかりだったのだと思います。
私は妙に落ち着いて、ただチップの脈がなくなるのを待っていました。
静かな旅立ちでした。忘れないうちに介護日記に書こうと思いましたが、なかなか文字には出来なかったのですよ。

茶々さんも静かな旅立ちでしたね。

今日の「面白くな~い」と言っている茶々さんの写真はとても面白いですよ!
きのうの日記の最後の茶々さんの写真もとても美人さんです。
チップママ |  2013.01.06(日) 23:51 | URL |  【編集】

ご報告ありがとうございます

まだまだお辛い中、詳しくご報告していただき、ありがとうございました。
茶々ちゃんがあまり苦しまなかったこと、何より松の実様の体温を感じながら旅立ったことが良かったです。
色々どんな旅立ちでも愛情が深いほど、後悔の念はどこかにもってしまうものですよね。でもそれは愛情故のこと、茶々ちゃんはいっぱい言葉に尽くせぬ感謝をしていると思います。その恩返しに精一杯生き抜いたのではないでしょうか。
私も今飼ってる老犬2匹が天寿を全うできるよう、少しでも松の実さまに近づけるよう頑張ります。ありがとうございました。
とものすけ |  2013.01.07(月) 01:07 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2013.01.07(月) 02:33 |  |  【編集】

松の実さん、今日は涙なく読めました。
ご報告、有難うございました。

今まで、茶々ちゃんの旅立ちが信じられなかったところがあったような気がしました。

茶々ちゃんは、松の実さんとぴったりとくっ付いて、一人ぼっちでなく、松の実さんの暖かい体温と匂い(いい匂いよ)、その大きな松の実さんの存在を感じながら、本当に安らかに旅立った事が
分かりました。

前のわんこは、誰もいない部屋で一人で逝ってしまったので、私は後悔の塊でいます。

できれば、そばに大好きな人がいた方がいいと、
それが理想だと思っています。
仕事をしていると、そのあたり、すごく不安ですから。

茶々ちゃんは、ちゃんと「待っててね」と聞いてくれていましたね。
最期まで、なんてお利口な子だったのでしょう。

松の実さんは、とても彼女を誇りに思われているでしょう。

1月1日のお外での写真、太陽さんサンサンで、
茶々ちゃん、いつもよりも気持ちいいお顔していますね。

トドにその時が来た時、気丈でいられるか分かりません。
その時には、松の実さんにご指導してもらわないとダメです。
絶対にKeep in touchして下さいね。

茶々ちゃんが、松の実さんの日記がつまらないとおっしゃっています。
なので、これから、もっと書いて、書いて、オモシロイ ブログになって、茶々ちゃんが
OKというまで、続けてほしいと思っています。

高齢ワンコ界の偉大なる大先輩の茶々ちゃん。
みんなの憧れ、お手本、そしてアイドル。

春が来たら、一番に茶々ちゃんに報告したいです。
北国での春の訪れの喜びを知っているワンコちゃん、あまりいませんよね。

雪がとけたら報告するよ、茶々ちゃん、待っててね。



トドまま |  2013.01.07(月) 02:36 | URL |  【編集】

おはようございます。

そうですか・・・。うちの蘭と似た旅立ちでした。私も隣に寝てて、こっち向いてにこにこしてる(そう見えて)「蘭、よくなったのね。じゃ寝んねしなね」と言って少し寝たら・・・。旅立ってました。隣に居ても逝く時を知りませんでした。でも今日茶々様の旅立ちを読んで見せないわんこもいるんだ・・・と思いました。

今となってはこれでよかったと思ってますが。

前回笑って頂けたようなので考えましたよ~。「茶々は天国からお母さんと監視中で~す」ってブログタイトルどうですか?これなら茶々様目線で書けます~(笑)
ゆりまま |  2013.01.07(月) 08:09 | URL |  【編集】

わかる、わかるよ~
ヒメの時、理解できなかったもん!
まだ暖かいし、身体も軟らかいし・・・
でもだんだん身体が冷たくなって硬くなって、
それでやっと信じられた。
茶々様は松の実さんがそばにいてくれて
幸せだったね。
きっと安心してお空に旅立ったんだね。
羨ましいです。

あっ!レオタード姿、削除はされないと思うよ!
たぶん・・・(笑)

ボビーまま |  2013.01.07(月) 08:17 | URL |  【編集】

すばらしいです。

本当に穏やかな旅立ちだったのですね・・・
最後の餡子は、とても甘くておいしくて、
幸せの味で・・・
茶々さんは本当に幸せ者です♪
そして、松の実さんはすごいです。
言葉でうまく表現できませんが、私は松の実さんのように、ユーモアたっぷり愛情深く、老犬を
お世話できなかったように思います・・・

松の実さんの、ごはん日記が大好きです。
たまーにでも更新して頂けたら嬉しいですが、
これは私のワガママですね(笑)
私は大阪ですが、釧路の茶々さんや松の実さんを
近くに感じられて、本当に心がほっとするblogです。
ばっは姉 |  2013.01.07(月) 08:33 | URL |  【編集】

おはようございます。

こんな私も、一日に何度も茶々ちゃんと松の実さんを思いつつ過ごしています。
そんな人がたくさんいるんじゃないかとも思っています。
茶々ちゃんの「生き様」の素晴らしさと、家族となって二人三脚で過ごしてきた松の実さんの姿に感銘。
最後の引き際も素晴らしい。
松の実さんが最後にフーッと寝入った束の間の時間は、茶々ちゃんから贈られた現世での最後のプレゼントだったのでしょうか…。

上手く言えず不謹慎かもしれませんが、「茶々ちゃんと松の実さんのとっても素敵な物語」にたくさんの人たちが素敵なものをいただいた気がしています。

松の実さん、今日のブログもありがとうございました。心静かに拝読しました。
茶々ちゃん、お母さん、今日も一日松の実さんを見守っていてください。
お父様が松の実さんにわがまま言わないで、入院中素敵な患者さんでいらしてくださいます様に…。

追伸…母に贈るお花はカード付にする為宅急便を使って送っています。
それで、凍らないかとお花屋さんが心配するという訳です。
そう言えば、松の実さんと私の主人、お誕生日一緒ですよね。
ご縁があるのかな、とまたまた嬉しく思っています。
two leaves |  2013.01.07(月) 09:20 | URL |  【編集】

おはようございますヽ(^0^)ノ今朝も-20℃
しばれましたね(>.<)
私は14から五回手術をし22で両卵巣、子宮を取り現在です(^з^)-☆
懲りずに三人目のにゃん娘と生活させてもらっています。
茶々ちゃんは最後まで寿命が来るまで生きたんですね。全う出来たのは松のみさんが居たからだね!
日記松のみさんの近況報告楽しみにしています!急に私も日課がなくなるのは淋しいです!
 |  2013.01.07(月) 10:04 | URL |  【編集】

最期の茶々ちゃんを書いて下さって本当にありがとうございました。

茶々ちゃんは何もかもお見通しでしたね。

松の実さんの温もりを感じながらの旅立ち、立派でした。拍手です!
やはり泣きながら読ませていただきました。どこまで泣き虫なんでしょう(T_T)

「1月1日お庭から帰って」の茶々ちゃんはケンタ君に似てませんか?凄く思いました。お耳が小さくてお目目もクリクリ可愛い~何回見てもケンタ君と瓜二つ!

松の実さん、もう今頃は職場でしょうか!

茶々ちゃんが一緒に出勤して松の実さんの仕事ぶりを監視してますよ~♪

無理せず頑張って下さいね~!!

ゴン太 |  2013.01.07(月) 10:08 | URL |  【編集】

茶々さん 松の実さん

「寝るよ」「うん、寝ようか」そして眠るように旅立った茶々ちゃん
なんだかうまく言えませんが、愛情いっぱいでなんともいえません。
眠るようにって、究極の理想ではないでしょうか?

茶々さん、大先輩花子さんとお会いできたようですね!

松の実さーん!
一番下の茶々ちゃんの写真、茶々ちゃん口ではあんなこと言っていますが
枠からはみ出してる左手の、オーケーサインがみえますよー!!
b |  2013.01.07(月) 10:55 | URL |  【編集】

茶々ちゃん、穏やかな旅立ちだったのですね。
頑張って生き抜いたんだって、感じます。
上手く言えないのですが、神聖な時間と言いますか・・・

ななのその時に、立ち合いたくないっていう気持ちがどこかにあります。
結果的に、そういうお別れありますね。
それもワンコの意思のような。
でも飼い主がそんな気持ちがあるなんて、本当に最低な情けない飼い主だと思います。



まこ |  2013.01.07(月) 11:22 | URL |  【編集】

松の実さん、こんにちは。
茶々ちゃん、こんにちは!

茶々ちゃん、本当に幸せな犬生だったなと
改めて思いました。

大好きな餡を機嫌良く食べたんだね。
美味しく食べて本当に良かったね。
1月1日の茶々ちゃん、とっても綺麗なお顔!

茶々ちゃん、
最期は松の実さんの温もりを全てに感じながら
安心して、安心したままの状態で永~い眠りについたのですね。最高に幸せな最期。
お見事です。素晴らしいです。立派です。

リョウも息を引き取ってからオチッコしました。
そのあと、見事なウンチもしました。
まだ生きてるんじゃないかと真剣に思ったほど。
最後のそのウンチがすごく愛しく思えて・・・
最後に出しきったリョウは勿論愛しすぎるけど、
そのブツまでもが愛しく感じる。
これも、かなりアブナイですね。

老犬ちゃんと一緒に居るとみんなアブナクなるんだなって思います。

今日も泣いてしまいましたけど、
最後の茶々ちゃんのお顔見て、泣き笑いです。

みなさんのコメントでもわかりますが、
茶々ちゃんの犬徳はモチロンのこと、
松の実さんの人徳です!本当に素晴らしいです。

茶々ちゃん、松の実さん、最高の二人です!

茶々ちゃんの報告、またお待ちしてますね。
楽しみにしてます!







リョウくんち |  2013.01.07(月) 12:21 | URL |  【編集】

最後の写真の茶々ちゃん、めっちゃかわいい。

私は松の実さんの日記も、
とってもお上手~と思いましたが、
茶々様が面白くないとおっしゃるのだから、
その通りなのかもしれません(笑)

茶々ちゃん目指してがんばってください!
もーちゃん |  2013.01.07(月) 14:02 | URL |  【編集】

茶々さん、松の実さん、こんにちは(^^)/

松の実さん、お仕事始まりお帰りなさいm(__)m
きっと、お父様のお見舞いに行き暗い夜道を帰って来られたのではないですか?大丈夫ですか?

今回のブログを読んで改めて感じた事があります。
私はやはりシエルの最期を思い出さないようにしていたようです。

茶々さんと松の実さんのあうんの呼吸、茶々さんが悟っていたように思えてなりません。
お互いの温もりを感じながら、お互いの愛を感じながら…。

一番最後の写真の茶々さんを見て思わず笑ってしまいました。
茶々さん、お母様と一緒に松の実さんにパワーの魔法をお願いしますねm(__)m
ルカママ |  2013.01.07(月) 14:56 | URL |  【編集】

なんとなく
ただなんとなく 
茶々ちゃんはずっと松の実さんの側に
静かに寄り添って行くのではないかと
ただ漠然と思ってました。  
ありえないですよね。
でも 茶々ちゃんにはそう思わせる何かがあったと思います。

そして 松の実さんのお母様に次ぐ?
お母様以上? 松の実さんのことをわかっていて 
 自分の旅立つ準備をしていたのではないかと思えます。
賢い子です。 
ひょっとして 私も松の実さんも(一緒にして
すみません)
自分ちのワンコだけが 唯一無二の本当の理解者  一番の理解者 
理解ワン←ふざけてませんよ。
だったのかな~ 

お父様 良かったです。
松の実さんが居るときで良かったです。
うちも 今後のおハゲちゃんがちょっとだけ
心配になりました。
 
小太郎 |  2013.01.07(月) 16:34 | URL |  【編集】

きっと茶々ちゃん、松の実さんに睡眠術をかけたのね~。
睡眠術をかけた瞬間に旅だったのでしょう。
それも茶々ちゃんの優しさ(*´ェ`*)ポッ
松の実さんへの恩返しだったのかな~。
ミキィ |  2013.01.07(月) 19:39 | URL |  【編集】

茶々さん、幸せな最期でしたね。
きれいに出すもの出しての旅立ち。
リビングのいつもの定位置での最期、茶々さんらしいです。
松の実さん、最後の最後まで一緒にいられて良かったですね。
大晦日も元旦もいつもの茶々さんでしたね。
平成25年に「あけましておめでとう」が言えたのですから立派ですよ、茶々さん。
ハイジ |  2013.01.07(月) 20:17 | URL |  【編集】

BOSS母さんへ

人間だとほとんどの場合、
お医者さんが「ご臨終です」って
宣言してくれるんですよね?
茶々のような場合は、とにかく私が
判断しなくてはいけなくて、
悲しいとか辛いという感情抜きに
しばらく茶々を触ったり、息を確かめたり
真面目に太字の文死んじゃったのかな?
まだこっちの世界にいるのかな?って調べていました。
この間はドキドキはしていましたが、
泣くことはなかったですね。
松の実 |  2013.01.07(月) 20:43 | URL |  【編集】

のんこ。さんへ

茶々、きっとウチの母と一緒に「おもしろくな~い」って
私を笑っていますよ。
よく、亡くなった直後にシッコやうんPを出してしまうと
聞きますが、茶々はまだ息のあるウチに「出して!」と
言ったんですよね。
小さい頃からお尻の始末は綺麗な子だったので、
すっきりとして旅立ちたかったのかもしれません。
よく出来たワンコだと思います。
松の実 |  2013.01.07(月) 20:47 | URL |  【編集】

Leeさんへ

Leeさんもはっきりしなかったのですね。
鶴菊さんもよくわからなかったらしいです。
動物の場合は、はっきりとわからないものなのでしょうか?
あの瞬間はヒトであれ動物であれ
素人にはわからないものなのかも・・・
考えてみれば母の時も、こちらが「ソレ」とは
わからないウチに心臓マッサージが始まってしまったので
テレビのようなことはなかったのです。
松の実 |  2013.01.07(月) 20:50 | URL |  【編集】

ブンタさんへ

今日一日は無事終了です。
やはり何かと忙しく、余計な事に目を移す暇も
考える暇もありませんでした。
でも、同僚には「私、今、情緒不安定だから
突然涙するかもしれないけど、その時は
見て見ぬふりしてね」と宣言しておきました。
ブンタさん、ありがとうございます!
そうですね!茶々、若いころのように私と一緒に
おひるねしている気分だっだと信じます。
松の実 |  2013.01.07(月) 20:54 | URL |  【編集】

夏鈴ママさんへ

私も茶々と最後まで一緒にいられて
幸せでした。
私は、何故か私も父も仕事で留守番させている時に
茶々は旅立つ・・と思い込んでいたんです。
そして、留守番の多かった茶々に
最後まで留守番させてしまったことを一生後悔するって
慄いていました。
茶々は私のその恐れを感じ取ってくれたのかもしれません。
でも、一人旅立つワンコは何かそのワンコなりの
考えがあるように思います。
松の実 |  2013.01.07(月) 20:58 | URL |  【編集】

宝さんへ

私の宝さんと全く同じように考えていました。
そして留守番時に旅立たせたことを一生後悔するんだろうと
覚悟していました。
でも現実は、お正月の一般にはとんでもない時期だったけど
働いいる私には結果的にありがたい時を選んでくれました。
その日から今日までいろいろありすぎたこと、
時間のあったことで仕事始めの今日は難なくクリアしました。
ナナちゃんが絶対良いようにしてくれると思います。
松の実 |  2013.01.07(月) 21:02 | URL |  【編集】

松の実さん
茶々ちゃん
こんばんは。

やっぱり涙しながらです。。
昨日は、涙でコメントができなくてごめんなさい。
涙は、寂しいのと悲しいのと・・・・なんですが、でも、今日の茶々ちゃんのお話を拝見すると、温かい涙に変わっていきました。

茶々ちゃんは、大好きな松の実さんを
傍に感じて幸せに旅立っていきましたね。
安心したんですね。
いつも日中過ごした場所を選んだのでしょう。
松の実さんを、いつもいつも待っていた場所だったのですよね?

大好きな餡も食べて、元旦には釧路の美味しい空気も沢山吸い込んで
それは、虹の橋で茶々ちゃんに両手を差し伸べていらっしゃったお母様へ
茶々ちゃんからのお土産だったのではないかしら。そんな気がします。

きっと、今頃
茶々ちゃんとお母様は
虹の橋で餡をいただきながら
釧路の懐かしい空気を吸い込んで
松の実さんのことを、お話しているのだと思いますよ。

こんなに立派にお空に旅立っていったなんて
茶々ちゃん、あっぱれすぎます!!
素晴らしい犬生でしたね。
ますます、茶々ちゃんが愛しくて
大好きになりました。
茶々ちゃんに、いつか逢えたとき
私も思い切り、あっぱれ茶々ちゃんを抱きしめてみて良いですか??♪

茶々ちゃん、ありがとう。
大好きだよ。
頑張った茶々ちゃんに今日も
大きな拍手です。
松の実さん、emihanaさんのおっしゃるように
私も、幻のブログお願いします。
時々、時々・・・・
背中に天使の羽根をつけた茶々ちゃんが遊びにきてくれる・・・・
そんな感じでいかがですか?
もう少し、茶々ちゃんのおしゃべりを聞いていたいな~
ルビー |  2013.01.07(月) 21:04 | URL |  【編集】

つまさんへ

たまたま茶々はこういう旅立ちをしましたが、
最後まで飼い主と一緒に暮らせたワンコの
多くはお家で息を引き取りますよね。
茶々が旅立って明るくなってきて、
昼間もテレビの前で横になっている茶々を見て
ヒトと違ってワンコってお家で旅立てるんだ~と
思ったことを覚えています。
やっぱり変ですよね・・・
ダメです。ライター交代なしです。
あしからず~
松の実 |  2013.01.07(月) 21:59 | URL |  【編集】

コナツさんへ

私も放心状態ではありましたが、
それは「放心」であって、まだ寂しいも悲しいも
ありませんでした。
時間が経つに連れて悲しく寂しく言いようない
不安感に包まれました。
どんな感じが近いかな~
「茶々において行かれた~」かな?
松の実 |  2013.01.07(月) 22:02 | URL |  【編集】

ななチロママさんへ

栗きんとんの餡、めっちゃっくっちゃ甘かったらしいです。
甘いの大好きな父が「甘い!甘すぎて食べられない」と言ったほど。
もうボケきった茶々の舌と頭にはちょうどよく響いたのかもしれません。
最後のご飯をちゃんと食べて偉い!と今は思っていますが、
あの旅立ちを覚悟させたパフパフの荒い息を見た時は
夜ご飯は食べたのに・・・でした。
松の実 |  2013.01.07(月) 22:07 | URL |  【編集】

さくぴょんさんへ

本当に最後にちゃんと甘いものを食べさせてあげられて
良かったです。
でも、ちゃんとご飯を食べたのに、
逝っちゃうんだ~とも思いました。
超高齢犬は、朝ごはん食べてその日の夕方逝く
ということもあると茶々の実家から聞いていたとおりに
なりました。
うふふ、私が飲むのはこれからです。
明日は遅番なので・・・・
酒ばっかり飲んでいると思わがちですが、
次の日が早番の時は飲まないんですよ。
松の実 |  2013.01.07(月) 22:10 | URL |  【編集】

emihanaさんへ

あちゃ~emnihanaさんもライター交代要求ですか?
残念ながら交代はありません~
あしからず!
う~ん、私、一人で茶々といたのです。
父を起こす事はしなかったのです。
一人と一頭だったせいか、自分でも不思議ですが
冷静でいられたと思っています。
誰かいると返って気持ちが高揚して
感情的になっていたかもしれませんね。
一人で見送ることができて
良かったとおもっています。
松の実 |  2013.01.07(月) 22:14 | URL |  【編集】

鶴菊さんへ

実は私も、どちらなのかな~っと考えていました。
私は抱き上げた時は恐ろしいほどのぐんにゃり茶々で
その瞬間に私は「ああ」と悟ったわけですが、
それから、濡れていることに気がついたのです。
あの鯉のパクパク状態は確かチェーンストークス呼吸と言って
瀕死の状態で見られるものだったはず。
長く続ける場合もあるでしょうし、
茶々のようにたかだか1時間弱の場合もあるようですね。
ウチの父ははっきり言って
「ボケ=認知症」が一番怖いです。
今日、かなりきつく言い渡してきました。
「そんなに何もせずにいると絶対ボケるから!」
あきらかに記憶力の低下
自分に対して都合の良い方に考える傾向が
強まっています。
「歩かないと筋肉も落ちるんだよな~」と言いつつ
「でもまだ4日だから大丈夫」って!
「もう4日だよ!」と言った私です。
松の実 |  2013.01.07(月) 22:23 | URL |  【編集】

桜ママさんへ

私は最後の最後を見ていてあげることは
できませんでしたが、
私の匂い、体温は感じながら逝ったと思っています。
ワンコの最後を看とるのは飼い主の
愛情であり責任でのありますよね。
茶々を見て、ワンコって家で旅立てるのは
ヒトより恵まれていることかも?と
思いました。
私も父も家では逝けないでしょうし、
私なんて孤独死を覚悟しています
松の実 |  2013.01.07(月) 22:34 | URL |  【編集】

桜ママさんの次の鍵コメさんへ

同感です。
きっとこれから、「ああしてあげれば良かった」
「どうしてこうしてあげなかったのだろう」等と後悔することが
山ほどでてくるのだと・・・
私は茶々が寝たきりになった頃から
あのぶっとび時代の私の余裕のない茶々への対応を
後悔していました。
もっとおおらかでいてあげたかったと・・・
寝たきりの茶々を比較的長い時間世話させてくれたのは
茶々の思いやりだったと思っています。
私に後ろめたさをかんじさせないための。
松の実 |  2013.01.07(月) 22:39 | URL |  【編集】

チップママさんへ

チップさんも茶々とよく似た旅立ちですね。
それでもワンコ一頭一頭その旅立ち方も違いますね、きっと。
ワンコとその飼い主に合わせた
スタイルをワンコが実践してくれるのでしょうか?
茶々は甘い甘い餡を食べてごきげんでした。
書くことを辛いとは思わないです。
どちらかというと書くことで気持ちが
鎮まるように思います。
もういない茶々ですが、
お褒めの言葉をありがとうございます。
松の実 |  2013.01.07(月) 22:44 | URL |  【編集】

とものすけさんへ

こうして報告させていただくことで
私自身の気持ちを落ち着けているのです。
書くことは苦ではありませんので。
確かにそのワンコとの距離が近ければ近いほど
後悔することも多そうです。
そしておっしゃるようにそれは
愛情も大きいからだと思っています。
とものすけさんの2頭のワンコさんが
これからも楽しいこと、嬉しいこと、美味しいことが
いっぱいの老犬生活をエンジョイしますように!
松の実 |  2013.01.07(月) 22:48 | URL |  【編集】

とものすけさんの次の鍵コメさんへ

おっしゃるとおりです。
こうして何か茶々のことを書いていることで
気持ちのざわざわはある程度消えていきます。
何もせず、ぼーっとしているのが
一番次から次となにかが浮かんできて
涙が出てくるというハメになります。
素人だとやはりはっきりしないことが多いのでしょうか?
けっこう他の方も同じような経験を
お持ちのようなので・・・
松の実 |  2013.01.07(月) 22:52 | URL |  【編集】

トドままさんへ

私も茶々はきっとお留守番させている時に
旅立って私はそれを一生後悔するんだろうな~と
思っていました。
幸いにもそうはならず、私は茶々の旅立ち方に
感謝しておりますが、
ワンコそれぞれ、自分とその飼い主にあった逝き方を
実践していくのかもしれませんよね。
春・・・私の次の難関は絶対春です。
チューリップをどうして一緒に茶々と見ていないのかと
思うにちがいありません。
松の実 |  2013.01.07(月) 22:59 | URL |  【編集】

ゆりままさんへ

本当によく似ていますね。
鶴菊さんやチップママさんのケースも
似ているようですし、
比較的長く生きたワンコでは
よくある逝き方なのでしょうか?
それから、素人目には
「その時」というのはわかりづらいものなのかもしれませんね。
LeeさんではありませんがTVのようにはならないのかも・・・
タイトル・・・監視ですか?
申し訳ございません・・・却下させていただきます!(笑)
つまさん始め、ライター交代要求が出ておりますが
それもあしからずご了承くださいませ~
松の実 |  2013.01.07(月) 23:11 | URL |  【編集】

ボビーままさんへ

ヒメさん、ボビーままさんが帰ってきた時
まだ暖かだったということは
本当に直前だったのですね。
それはそれでやはりヒメさんが
決めた逝き方だったようにも思えます。
バレリーナブログのレオタード姿
削除されなくても
誰もコメントくれない
誰も見てくれない・・・ということになります。
松の実 |  2013.01.07(月) 23:20 | URL |  【編集】

ばっは姉さんへ

私は茶々と暮らして、茶々を看取って
幸せモノですが、茶々はどうでしょうね~
やはり、もっともっと私や父や母とべったりな
時間を過ごしたかったのかもしれません。
ばっは姉さん、買いかぶりすぎです。
私は茶々がぶっ飛んでいた時代の
自分の茶々に対する姿勢をひたすら悔やんでいます。
もっとおおらかにいたかった。。。と。
あはは~我が家のご飯は見ていると
安心しませんか?
「松の実の夕食と比べると我が家の夕食はなんと完璧なのか」と(笑)
今度からBOSS母さんのところを是非ご覧ください。
なかなかタメになりますよ!
松の実 |  2013.01.07(月) 23:27 | URL |  【編集】

松の実さん、こんばんは。
署名運動しようとした矢先に、却下~。
ならぬものはならぬのですね。ちっ。
でも、気遣いのワンコ茶々さんだから、きっと、ね?

いえいえ、松の実さん、変でもなんでもないですよ。私の場合は、「トキが死ぬとニュースになるんだぁ。」でした。

いまどきの闘病中のワンコの場合、獣医さんの方針にもよるのかもしれませんが、最後まで病院でということもあるようです。人間と違って、飼い主の判断が尊重される。うれしいことでもあり、きついことです。

では、おやすみなさ~い。
つま |  2013.01.07(月) 23:28 | URL |  【編集】

two leaves さんへ

え~っ!ご主人と私、誕生日が一緒だなんて
初めて知りました。
そんなことありました?
へ~お母様のお花、宅急便で送っているのですか。
それでは凍る心配もしますよね。
凍ると言えば今朝はマイナス19.7度でした
明日は更に冷え込むらしいです。
なのに北海道電力さんは節電時間を延長とか・・・
この冷え込みの厳しい今年、
一般住民の節電は限界です。
大型店の営業時間短縮等しかないと
思うのです~
おもいっきり茶々から離れたお返事でごめんね。
松の実 |  2013.01.07(月) 23:34 | URL |  【編集】

姫さんへ

シバレましたね~
私が7時に起きた時、我が家の室外温度計は
マイナス19,7度でした。
これから一週間冷え込みが厳しいようです。
現在外はマイナス16度です。
大変な思いをされてきたのですね。
今はニャンコと一緒に健康に暮らされているのでしょうか?
私が居たからかどうかは不明ですが、
茶々は少なくとも神様から与えられた
寿命は全う出来たと思っています。
松の実 |  2013.01.07(月) 23:45 | URL |  【編集】

ゴン太さんへ

いえいえ~こうやって茶々のことを書いていると
気持ちを鎮めることができます。
今日一日無事終了です。
さすがに今日は忙しくて
少なくとも職場では茶々のことを思う時間はなかったです。
同僚にもちゃんと報告できました。
ケンタさんに似ているなんて言ったら
ケンタさんとケンタの姉ちゃんさんに悪いですよ~
オスカルケンタさん、怒っちゃいますよ、きっと
松の実 |  2013.01.07(月) 23:49 | URL |  【編集】

こんばんは。
茶々さんの最期のことを書いて下さってありがとうございます。
松の実さんの体温とにおいを感じての旅立ち…ほんとに理想です。
茶々さん大好きな餡を「食べて」ご機嫌さんだったんですね。気持ち良いお天気のなか日向ぼっこもさせてもらって…最期まで幸せワンコでしたね。

私の母はどうしても家に帰りたいと言ったので最後の4日間家で過ごし、家で亡くなりました。
私と姉がすぐ側に布団を敷いて待機してましたが母が鎮静剤で眠ると私たちもどっと疲れて(それまでの2週間ほどそれはそれは大変な介護だったので…)数時間眠ってしまいました。その間に母は逝ったのです。まだ身体も暖かかったし呼吸もしているようなしていないような…ただ、決定的に違うのは「雰囲気」でした。それでなんとなくわかったのです。
…すみません、母の話を長々と。
一緒にいられたのはほんとに良かったと思っています。
ブログ、ゆっくりで良いのでまた楽しみにしています。
cherry |  2013.01.07(月) 23:53 | URL |  【編集】

bさんへ

花子さんの記事を教えていただきありがとうございます。
あきさんもひかるちゃんも元気そうで何よりです。

私は眠っていましたが茶々は眠っていたかどうか・・・・
なんたって見ていないのです。
でも苦しんではいないと思います。
bさん、残念!
茶々、短い指ともつかない指をクロスさせて
バッテン印作ってんですよ!
松の実 |  2013.01.07(月) 23:54 | URL |  【編集】

茶々さん、最後までアントワネットだわぁ
威厳と気品をもって、ちゃんと、自分で決めて、旅立っていったんでしょうね。

一瞬眠った時に、お母様が迎えにこられたのかも・・・

私も、ブログはしてないんですけど、mixiで最後の様子を日記に書いて、(涙ボロボロでしたけど)
少し冷静になることができました。

そして、読んでくれたワン友達から、優しいコメントをいただいて、
何とか持ちこたえていたような気がします。

ゆっくり、無理しないで、進んでいきましょう。
みんな、同じ気持ちで、松の実さんに寄り添っていますからね。
ケンタの姉ちゃん |  2013.01.07(月) 23:57 | URL |  【編集】

まこさんへ

私も少なくとも茶々は与えられた寿命を
全うしたと思っています。
その時に立ち会わない(立ち会えない)、
あると思います。
私はそれを覚悟していました。
結果的に最後まで一緒にいられたのは
ありがたかったと感謝してます。
残念ながら「その時」はわからなかった
へっぽこ飼い主でありましたが・・・
その時がわからなくても
立ち会えなくても
その寿命がつきるまで
一緒に暮らすことが一番大切なことだと思っています
松の実 |  2013.01.08(火) 00:01 | URL |  【編集】

あっ、それからね、ゴン太さんのおっしゃる通り、
あの写真、ケンタにそっくりですよーー!!

光栄でございます(笑)
ケンタの姉ちゃん |  2013.01.08(火) 00:04 | URL |  【編集】

茶々ちゃんではなく初めての松の実さんの日記、
何度も何度も読み返して涙が溢れてきます。

茶々ちゃん最後に栗きんとんの餡、美味しく頂けたのですね。
そして松の実さんと添い寝をしての
見事としか言いようのない天晴れな旅立ち、
本当に茶々ちゃんは松の実さん思いのステキな
ワンちゃんです。

虹の橋では尊敬する花子先輩やお友達と
もう仲良くされてるみたいですね。
オレンジのバンダナをしてちょっとしつこいワンコがいたら
小龍だと思うので遊んであげてね!

最後の写真の雄叫びカッコいい~
茶々ちゃん大好き!
こたつ |  2013.01.08(火) 00:07 | URL |  【編集】

リョウくんちさんへ

リョウくんちさんのワンコさんは
息を引き取る時、ちゃんとわかったのでしょうか?
皆さん、「わからなかった」コメントくださった方が
数名いらっしゃいまして
素人でわからないのかな~と思った次第です。
確かに!老犬ワンコと暮らすとみんな
アブナイヒトになりそうです!
松の実 |  2013.01.08(火) 00:07 | URL |  【編集】

茶々ちゃんではなく初めての松の実さんの日記、
何度も何度も読み返して涙が溢れてきます。

茶々ちゃん最後に栗きんとんの餡、美味しく頂けたのですね。
そして松の実さんと添い寝をしての
見事としか言いようのない天晴れな旅立ち。
本当に茶々ちゃんは松の実さん思いのステキなワンちゃんです。

虹の橋では尊敬する花子先輩やお友達と
もう仲良くされてるみたいですね。
オレンジのバンダナをしてちょっとしつこいワンコがいたら
小龍だと思うので遊んであげてね!

最後の写真の雄叫びカッコいい~
茶々ちゃん大好き!
こたつ |  2013.01.08(火) 00:08 | URL |  【編集】

お仕事無事に終えられたのですね。
茶々さんも立派。
そして松の実さんも立派です。
でも頑張り過ぎるとその反動がどどどーと来るので
深呼吸して、お酒を少々いただいてこの時を乗り越えて下さい。
おこがましいけれど松の実さんのお母さんになった気分の応援歌でした。
michiko |  2013.01.08(火) 00:59 | URL |  【編集】

はじめまして

ジュンママさんのブログから来ました、ごまです。ホッケのお礼を言わなきゃと思いつつ、今ごろになり、ごめんなさいm(__)m
茶々ちゃん、頑張ったよ。よく、頑張ったよ。松の実さんも、頑張りました。すごいと思います。私も、介護をしましたが、2週間くらいで、ともちゃんは、旅立ったので、介護をしたと言えるか、どうか、わかりませんが?
茶々ちゃん、虹の橋で、遊んでいるかな?ガウガウ、みんなに吠えている白いわんちゃんがいたら、ともちゃんと思うから、よろしくね。
ごま |  2013.01.08(火) 01:43 | URL |  【編集】

もーちゃんさんへ

最後のあくびの画像は1年くらい前でしょうか?
セーターを来ているので、
年取ってからのものですね。
最近はあくびもあまりしていませんでした。
茶々はけっこう辛辣なんです。
柴女子はそういう傾向がありますよね
松の実 |  2013.01.08(火) 08:06 | URL |  【編集】

ルカママさんへ

大丈夫です。
ちゃんと夜道を病院から運転して帰っています。
今朝も7:30でマイナス19.7度。
ストーブの設定温度を低くしても
気温が低くボン・ボンと燃えています。
節電は無理です~
私はあの最後の朝の茶々と二人っきりですごした1時間半は
茶々との最後の宝物になりそうです。
その割には最後の瞬間もわからなく
しばらく判断がつかず、ごめんね~ではあります。
松の実 |  2013.01.08(火) 08:18 | URL |  【編集】

小太郎さんへ

私も父も、冗談で「死ぬことを忘れた茶々」なんて言っていました。
茶々が一番の理解者だったかどうかはわかりませんが
茶々が一番私に近く寄り添い支えであり生きがいであったことは
間違いないです。
この20年、家に帰ってくると最初に
茶々を抱っこして一日のストレスを取ってもらっていたのが
今はできない・・・
なんとなく家に帰ってきた感じがしないんですよね。
父のこと、今は正直真面目に「ボケ」を心配しています。
父自身にそのことへの緊迫感が薄れていることが恐ろしいです。
松の実 |  2013.01.08(火) 08:28 | URL |  【編集】

ミキィさんへ

そうかもしれません。
茶々のプレゼントだと思っておきましょう。
寒いですね~
こう寒くてはタンチョウもずーっと川に
浸かっていたいのでは?
例年以上に冷え込むこの冬、
いつも以上に節電を強いられるとは・・・
松の実 |  2013.01.08(火) 08:31 | URL |  【編集】

ハイジさんへ

はい、飼い主に似ず、
しっかり旅立ったと思っています。
ただし、無知な飼い主がその瞬間を
わかってあげられなかったという・・・
本当に1月1日をご機嫌で過ごしてくれたのです。
感謝です。
松の実 |  2013.01.08(火) 08:36 | URL |  【編集】

ルビーさんへ

どうぞ茶々を抱きしめてあげてください。
茶々は抱っこ好きでしたから。
老犬期の一時期を除いて
この20年間、テレビ前が
茶々の居場所でした。
ここから茶々はいつも私達を監視していました(笑)
寒い時はストーブ前に移動していましがた
茶々はストーブとは向き合わず
顔はやはりリビングの中央に向けられ
私達を見ていました。
その存在が家に帰っても
いないのはお家ではないようです。
松の実 |  2013.01.08(火) 08:43 | URL |  【編集】

つまさんへ

覚えています。
そのトキの件。
ぶうこ姫のサイトに紹介されていましたね。
そうですか・・・ワンコ界もだんだんヒトの医療に
いろんな意味で近くなっているのですね。
茶々とのあの1時間半はなかなか良いものだったと
思えます。
松の実 |  2013.01.08(火) 08:48 | URL |  【編集】

cherryさんへ

本当に1月1日はいつも以上に体調もよさそうでしたし
ちゃんと食べたし~だったのです。
そんな日を過ごせて良かったです。
そして最後の二人っきりの1時間半も
なかなか良い時間だったと思っています。
お母様、幸せです。
なかなかご本人が望んでもできない場合もあるなか
お家でその時を迎えられたのは素晴らしいことだと思います。
私も無意識に母と比べてしまったのか
ワンコって茶々ってお家で逝けるんだ~と
考えました。
松の実 |  2013.01.08(火) 08:53 | URL |  【編集】

ケンタの姉ちゃんさんへ

不思議というか勝手というか・・・
茶々のことを不意に聞かれたりすると
「うっ」と涙がでそうになるのに、
自分のことしか頭にない、
茶々がいたことさえ忘れいるような父を
見ていると腹がたっったり、
茶々を思うと辛い時間でもあるのに
でも、その辛さに浸っていたかったり・・・
こうしてパソコンに一人向かう時間が
この4~5日は一番心静かな時間かもしれません。
プリンスケンタさんが聞いたら
気を悪くしませんか?
ケンタさんのフェアリーのようなふわふ感は
茶々にはないんですよ。
松の実 |  2013.01.08(火) 09:01 | URL |  【編集】

こたつさんへ

なるべく感情を入れずに経過と事実を
なるべく冷静に書こうと思ったのですが
ダメでしたか?
茶々からは面白くな~いのダメ出しがありましたが。
男の子ワンコってちょっとしつこいのが
モテるワンコの条件なのでしょうか?(笑)
男の子ワンコの飼い主さんのコメントでは
結構多かったような・・・(笑)
北海道、冷え込んでいますよ~
経済も冷え込んでいるけど、
気温が半端ではなく低いです。
松の実 |  2013.01.08(火) 09:16 | URL |  【編集】

michikoさんへ

一日目は無事にクリアです。
今日は遅番なので、もう少ししたら
出勤準備をして出ていきます。
今日は外に出ていく仕事があるので
気分も紛れることでしょう。
明日は年末の留守番勤務の代休なので
今晩はゆっくり美味しいお酒をいただきます。
松の実 |  2013.01.08(火) 09:24 | URL |  【編集】

ごまさんへ

初めまして。
ホッケ???とびっくりしました~
夏に皆さんとお集まりになった時ですね。
ほんの少しで、お恥ずかしい限りです。
介護と言っても、寝たきりになってからの茶々は
手がかからなかったです。
もちろん、お尻から出血したり
青っ洟を出したりの体調の変化はあり
そのたびにこちらが青くなりましたが、
その前のぶっ飛び時代から比べると
穏やかでじんわり茶々を感じられる良い時間でした。
松の実 |  2013.01.08(火) 09:28 | URL |  【編集】

何度も何度も読ませてもらいました。

旅立ち方って、人間でもそうですが、自分の思い通りにできるわけじゃありませんよね。
そう考えると、茶々ちゃんの最期は100点満点だったと思います。
松の実さんと後頭部同士をくっつけて、最期まで松の実さんを感じながら、本当に安心しきって穏やかに旅立ったんでしょうね。
松の実さんだけじゃなくて、茶々ちゃんも旅立ちの瞬間がわからなかったんじゃないかなぁ。
茶々ちゃん、姿はなくなっても、ずっと松の実さんと一緒にいると思っていると思います。

茶々ちゃんのことを書いて、少しでも気持ちが落ち着くなら、いくらでも書いてくださいな。待ってます。
izumi |  2013.01.08(火) 10:43 | URL |  【編集】

松の実さん

お父さまのお世話、お仕事、お疲れ様です。
茶々さん 身支度をすっかり整えてもらって
まさに眠るかごとく次世へと旅立ったんですね。
理想的です。いいな~
最後のお写真に泣き笑いしてしまいました。
松の実さんにやられました。

私の(半端な経験からの)勝手な解釈ですが、
生ききった人やわんこの気配は
余り感じられないかもしれません。
もしそうならこちら側は寂しいですが、
おめでとう!ですよね。

Hanako |  2013.01.08(火) 14:48 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2013.01.08(火) 20:14 |  |  【編集】

松の実さん、こんばんわー!
泣いてませんかー!・・泣きましょー!
お酒、飲んでますかー?
私、飲んでますよー!・・泣いてますよー!
冬は、熱燗ですよね~、熱燗の最初一口前にくしゃみが出るのは、私だけでしょうかー?(太陽見ても出ますー)

お空の茶々さん、こんばんわー!
楽しくやってますかー?
もう、寝ちゃったかな~
美人茶々さん、モテモテでしょうねー!

釧路、寒いですかー?
三重、昼間は暖かでしたよー!
お空の上は、どうでしょうかー?

うちの父、ボケてますよー!ボケたもの勝ち?
歩けないから、徘徊しないのが救いかなー?
本人名義の通帳から、現金が引き出せずに苦労してますが!カードの暗証番号分からないし、この世の中、印鑑あっても無理で。金融機関の方から、裁判所へ行って下さいって・・・。
こんな事にならない為にも、その辺は、しっかりとね!(ゴメンなさい!松の実さんには、無縁のお話ですね!)

茶々さんは、タイトルどおりじゃなきゃ~、っとおひるね気分で逝ったんだよ・・本当に何をとっても、スゴイ子です!
宗教団体、立ち上げたら、即、入団しますので、よろしくお願いします~!

このブログが開く限り、コメント書いちゃいますよー!
 
鶴菊 |  2013.01.08(火) 21:21 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

izumiさんへ
そんなに何度も読んでいただいて
ありがとうございます。
茶々からは面白くないとダメ出しがでていますが・・・
茶々もその時がわからなかったのであれば
まだこっちにいる気分でしょうか?
うーん、そんなことはないようですね・・・
最初の日こそ、茶々の気配を勝手に感じて
オロオロしていましたが、
茶々は母と楽しくしていると思います。
もう少しだけ書かせてくださいね。
by 松の実



Hanakoさんへ
亡くなった次の日こそ、茶々の気配がして
幻覚・幻聴のオンパレードでしたが
父のことがあったせいか、
今は殆ど感じません・・・
おっしゃるように寿命を全うしたので、
きれいさっぱりあちらに行ってしまったのであれば
それはそれは良かった!です。
母も喜んでいることでしょう。
父のお世話はしていませんが、
正直イライラします・・・
by 松の実



鍵コメさんへ
そうでしたか・・・
そんな経緯があったのですね。
いつも鍵コメントでいただきますが
今日のコメントは皆さんも読めるものだったと
皆さんから色々な励ましをいただけたのでは?と思いました。
確か、「今日もまったり行こう~老犬介護ときどきパン日記~」の
ももえさんががくっと弱ってしまったのも
あるきっかけからだったと記憶しています。
どんな飼い主も後悔することの3つや4つはあるのではないでしょうか?
それはヒト同士でも同じだと思います。
私は結婚しませんでしたが、
夫という存在があったら、
彼に対してずーっと後ろめたく思う5つや6つはあって、
それでもお互いになんとかやっていくのかな~
と想像しています。
ワンコは文句を言わないので、こちらがひたすら
後ろめたい思いにとらわれますが、
少なくとも、鍵コメさんのワンコは
今も一生懸命生きているのですから、
これから後悔することが一つでも少ないように
ちょっとだけ頑張ると良いのではないでしょうか?
私は茶々が寝たきりになった後も
バレエに行くときは、
茶々が待っていてくれなかったら後悔100だなと思いながらも
バレエだけは行ってました。
これからの時間が穏やかにゆっくりと温かく流れますように。
by 松の実


鶴菊さんへ
私、泣いていませんよ。
お酒はこれからです~
今はとにかく父親がボケる前に
このままではダメだ~と気がついて
自ら退院してくるのを待っています。
医者はもう退院して良いと言っているのです。
ボケた者勝ちというのは
大変失礼ではありますが、
当たっていると思います。
ワンコと一緒にして大変恐縮ですが、
茶々があそこまで淡々と頑張れたのは
ボケたからだと確信があります。
だから食べられたのです。
でも何故か体力が落ちていくに従って
昔の賢く頑固でタカビーで、でもヒトの心に寄り添う気遣いー
の茶々に戻って行ったように感じました。
金融機関の件、教えていただきありがとうございました。
by 松の実
松の実 |  2013.01.08(火) 21:48 | URL |  【編集】

茶々さんは松の実さんが傍にいたから安心して旅立ったんでしょうね。
茶々さん、午前3時に松の実さんを起こしたのは、しっかり感謝の気持ちを伝えるためかな。
茶々さん、その瞬間を感じさせないように松の実さんを眠りに誘ったのかな。
これも茶々さんの優しさなのでしょう。
普段どおりに過ごし、大好きな甘いものも食べて、最期は大好きな松の実さんの傍で旅立つ、見事です。
茶々さん、”面白くな~い”って、まぁ抑えてください。
松の実さんはまだお辛い中報告してくれてるんですから。

私はツバサの死を受け入れきれませんでした。
間違いなく私の腕の中で最期を向かえたのですが、横に寝かせると呼吸をしているように見えたし、鼓動も感じたように思いました。
やっぱり認めたくなかったのが本心です。
ツバサの兄貴 |  2013.01.08(火) 22:43 | URL |  【編集】

松の実さん
茶々ちゃん。

こんばんは。
松の実さん、釧路は寒いんですね。
札幌のマイナス8℃でも
鼻水が出ちゃうルビーですが^_^;
釧路に行ったらどうなるんだろう~~

そんな釧路の様子とか・・・
松の実さんの近況・・・
これからも
時々・・茶々ちゃんがお話しをしてくださいね。
どうでしょう??

明日は、お休みなんですね。
ゆっくり茶々ちゃんを傍に感じながら
お酒、のんでくださいね。
茶々ちゃん、見つめているかな。同じ場所で・・・。
ルビー |  2013.01.08(火) 23:29 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2013.01.08(火) 23:55 |  |  【編集】

コメントありがとうございます

ツバサの兄貴さんへ
昨年一年間、いつ茶々が逝っても仕方がない、
大往生だと、自分に言い聞かせてきました。
12月25日あたりから「いよいよか?」と思わせる茶々の状態に
正直、動揺しました。
それでも旅立ちが皆さんもコメントくださるように
比較的穏やかなものだったせいか
今は茶々の旅立ちを受け入れているつもりです。
でも母の死から年をおうごとにその寂しさが
増しているように茶々の死も
これからだんだん、何故?や嘘!?と言った
感情が出てくるのかもしれません。
それでもなんとか「茶々は20年一緒にいてくれたのだから」
と茶々への感謝を思い出して
乗り越えたいと思います。
by 松の実



ルビーさんへ
茶々、いませんね・・・ここには。
母やお空のみんなと楽しくやっているようです。
釧路は今朝も7:30でマイナス19度くらいでした。
子供の頃の阿寒の冬を思い出す寒さです。
明日はゆっくり休もうと思うのですが
茶々がいない今、仕事でも休みでも変わらないですね・・・
ところでルビーさんは釧路にいらしたことはありますか?
by 松の実


鍵コメさんへ
私も父にはいつも腹を立てていました。
何故、このくらいのことができない?
何故お父さんと同じ生命あるものを
そうやって放っておけるって・・・
それでも今思えばいないよりはマシでした。
鍵コメさんのワンコ、立てないとは言え
まだまだ元気なんですよね・・・
立ちたいって言うんですよね・・・
茶々はぶっとび時代は酷かったのですが
立てなくなると、ストンとつきものが落ちたように
寝たきりの状態を受け入れたので
具体的なアドバイスができず申し訳ないです。
自分を一番大事にしてゆっくり過ごしてください
by 松の実

松の実 |  2013.01.09(水) 01:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |