2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.01.08 (Tue)

茶々の最後などを2

こんばんわ。
茶々に面白くないと言われ、
コメントでライタ-交代のリクエストが出されてもしつこく
今日も茶々の飼い主の松の実です。

2012年夏


母が亡くなった時も、ちゃんと陽は上り新しい朝が来たように
茶々が息を引き取った朝もやっぱり明るくなって新しい日となりました。

私はすることもなくただ、横たわる茶々を撫でていました。
9:30になったらペット霊園に電話しなくちゃ、
とだけ考えていました。
何故かその日のうちに御骨にしてしまいたかったのです。
茶々は30日か31日に逝ってしまうような気がしていた私は
茶々の実家にペット霊園を紹介していただき、
年末や元旦に逝った場合の対応はどんなものかを伺っていました。
茶々の死をメールでお知らせしたたたこさんから連絡をいただき、
たたこさんも茶々の様子が極めて最後に近いと判断し
私の代わりに色々と調べていて下さったことを知りました。
ワンコ友達とはありがたいものですね。

ペットメモリアルつるい

教えていただいた「ペットメモリアルつるい」さんに電話すると
男性職員が出てくるのは明日からですが、
私で良ければ霊園を開けさせて頂きますよ、
と女性スタッフがおっしゃるのです。
申し訳ないとは思いましたが、
午後4時にとお約束させていただきました。
一緒にお花を入れてあげようとお花を買って帰ると
たたこさんが大きなお花を持ってきてくださっていました。
たたこさんは、一緒にペット霊園に行くよ!と言って下さいましたが
私は何故かここは私一人が行くべきでは・・・という思いにとらわれ
ドナドナで使っていたケースに茶々を入れ助手席に乗せて
一人車を転がしていきました。

相変わらずつまんないわね

時間よりも15分ほど早く着いたにも関わらず
若い女性スタッフがすでに、お部屋を温めてくださっていました。
この女性スタッフが素晴らしかったのです。
こちらの気持ちにそっと寄り添ってくださるのです。
一度泣いてしまった時も、見て見ぬ振りでもなく
感傷的にこちらの感情にそいすぎるわけでもなく
極めて自然な絶妙な距離感なのです。
私も接客業に関わるものとして、
このようにお客様と接することができたらな~と思う
尊敬すべき女性スタッフさんでした。
茶々は予定時間よりも早くに焼きあがりました。
スタッフさんのお話では、
筋肉質なワンコやガンなど腫瘍のあるワンコは
少し時間がかかるそうです。
茶々は毛皮が焼ければ後は骨!状態でしたからね。

ひねりも工夫もなし

骨を拾うのもスタッフさんがものすごい勢いで
手伝ってくださり、箸使いが下手っぴな私はすぐに
「もういいです、後はそちらで処分してください」と言ってしまう始末でしたが
「もう少しがんばりましょう」と励まされてしまいました。
母や叔父の時の火葬場の対応に疑問を持っていた私は
ヒトの火葬よりもワンコのほうがずーっと丁寧で且つ温かみがあるって
どういう事?と不思議でなりませんでした。


暗い道をまた一人、御骨になった茶々とともに
お家に帰って来ました。
何故かホッとしました。

お花に囲まれて

「ペットメモリアルつるい」は我が家のお墓のある「北斗霊園」の
道路を挟んだお向かいにあります。
私の気持ちが落ち着いたらなるべく早く
ここの合同供養塔に入れようと思っています。

Read moreで、茶々が我が家を出る時の画像を載せております。




【More・・・】

この姿で我が家をでる最後です。

御骨になりに行きます

花がなければ普通に昼寝してるか
ドナドナが嫌で下向いているようですよね?


[広告] VPS

フワ~ッ!退屈な日記2、終わった?
23:50  |  その他  |  コメント(31)

Comment

1番かな?
ちょっと考え込みましたので 違うかな?

松の実さん スゴイな~っと 改めて尊敬しております。

茶々ちゃんと一緒に 霊園へ、、、の 道中
霊園での事
御骨になっての 帰り道、、、

経験した事ある方は 皆さん 一瞬にして
その時に 戻ると思いますが

私も その時に戻りまして また涙です。

茶々ちゃんの霊園は お母様のお向かいなのですね。
良いですね~素敵ですね~
いつも一緒!って 感じがします。
松の実さんの お気持ちが 落ち着いたら、、ですね。
どうぞ お急ぎになりませんように、、、
ゆっくりでも 茶々ちゃんは 怒らないと思いますので、、、。

茶々ちゃんは 本当に幸せな一生だったと思います。
飼い主孝行な子 頑張った子 愛しい子。

たたこお姉さまを羨ましく思っています(笑)
BOSS母 |  2013.01.09(水) 00:50 | URL |  【編集】

茶々ちゃんの穏やかな旅立ちのお顔、
ピンクのチューリップがよく似合ってます。
なくなったのがお正月だし、どうされたのかなぁと思っていたら、
ちゃんと霊園をあけてもらえたんですね。
対応の素晴らしい方にも巡り合えたようでよかったです。
ペット霊園が松の実家のお墓のすぐ近くにあるのもいいですね。
私もいずれはペット霊園の共同墓地(供養塔)に入れてあげようと思っていますが、 
よく知らない馴染みのない場所にペット霊園があるので少し躊躇しています。
いつも行くパン屋さんの裏手なんで、近いんですけどね^^
Lee |  2013.01.09(水) 01:00 | URL |  【編集】

松の実さん、凄いなぁ~。一人でよく頑張りましたね。
我が家の愛犬は自宅前まで来てくれて、目の前で火葬してもらいました(埼玉県では色々と事件があったので)我が家の愛犬は死後硬直もなく、本当に眠ってるようでした。火葬する方も「こんなワンコは初めてです」って驚いてました。ブラッシングしてお気に入りの洋服着せて、赤ちゃんの頃から大事にしてた、テディベアも一緒に‥。
お骨は未だにお家におりますが、私が亡くなったら一緒に、してもらう予定です。(勿論、今のコも)
コナツ |  2013.01.09(水) 01:41 | URL |  【編集】

茶々チャン!!
チューリップとてもお似合いですよ
さすが女の子
めちゃめちゃかわいいよ

松の実サンとの最後のお出掛け…
きっと色々なお話したことでしょう

茶々チャン!!
やっぱり私あなたが大好きです
さくぴょん |  2013.01.09(水) 02:04 | URL |  【編集】

家を出る時ってたくさんの思いが
押し寄せてきますよね。
茶々さんの顔が寝顔のようで
本当に頑張ったね おやすみって
言いたくなります。私も茶々をこうして
花で飾って旅立させたことを思い出します。
心あたたまるペット霊園での一コマ
私も胸が熱くなりました。
ぽんず |  2013.01.09(水) 04:27 | URL |  【編集】

お家を最後に出る時の茶々さんと
動画のフア~の茶々さんがリンクしちゃって
明日も日記で、こんばんは~と言ってくれそうな感じを抱きました。
私もその時は、うーん・・そろそろ?
霊園には、一人で行くことになりますが、
最後のデートだと思ってます。
あ、タクシーだと思うのでドライブってとこでしょうか。
茶々さんの口を動かすクチャクチャの音も聞けたので、
今日はいい夢を見れそうです。
ありがとうございました。

のんこ。 |  2013.01.09(水) 04:28 | URL |  【編集】

おはようございます

松の実さんの1人で行かなくてはの気持ちが霊園のスタッフの方に伝わったんですね。言葉じゃないんだよね。携わってるからこそスタッフの方にも茶々ちゃんの人生がどうだったのか松の実さんの気持ちが感じ取れたんだと想いました。それは一心同体で時を重ねてきたからだね。良かった。
今朝も寒いけど顔晴るかぁ(^з^)-☆
 |  2013.01.09(水) 06:04 | URL |  【編集】

松の実さんの今までの茶々さんへの愛情が、霊園のスタッフさんに伝わったのですよ。きっと。
その光景を想像して朝から涙でした。
michiko |  2013.01.09(水) 06:30 | URL |  【編集】

松の実さん、おはようございます。

我がことのように親身になってくださった、たたこさんも
霊園の女性のさりげないけれど暖かな対応も
茶々さんを見送る松の実さんにとって
どれほど心が慰められることだったでしょう。
人の心に寄り添うことは、とても難しいようで
それがごく自然にお出来になる方もいらっしゃるのだと思います。
そして、それは皆さんがおっしゃるように
松の実さんのお気持ちがちゃんと通じていたと言う事なのでしょう。

お家を出て、霊園に向かう茶々さん。
本当に寝ているようです。
行ってらっしゃい、と言って差し上げたくなりますし
ふぁ~のお顔、行って来ま~すって言ってるみたいに見えます。
emihana |  2013.01.09(水) 06:46 | URL |  【編集】

茶々ちゃんの最後のお顔を
見ることができて、良かったです。

目閉じて、安らかなお顔をしていますね。
もーちゃん |  2013.01.09(水) 07:52 | URL |  【編集】

「なぜかホッとしました」でドッと涙が出ました。
私ね、松の実様・・・茶々様の旅立ちあまりにあっぱれ!で泣いてなかったの。

今、松の実様の事を思う私がいます。
ありがとうございます<m(__)m>どんなに今まで癒されていましたか・・・。
茶々様はもちろんですが、松の実様の言葉・・・ですね。ホントに素敵な方ですね。
ゆりまま |  2013.01.09(水) 09:18 | URL |  【編集】

おはよー
今日は(冷えたけど)雪も降ってなくて時々太陽さんが出てます。

茶々様の最後の写真、本当に寝てるようですね。
ピンクのお花がとても似合ってます。
素敵な霊園に出会えて良かったね!
スタッフさんも素晴らしい気配り!
近かったら、うちもお世話になりたかったよ。

松の実さん、お身体は大丈夫ですか?
ちゃんと食べてる?寝てる??
ボーっとしてないですか???
車の運転、気を付けてね~

ボビーまま |  2013.01.09(水) 09:29 | URL |  【編集】

霊園のスタッフの方がとても良い方で茶々ちゃんも安心して旅立てたのですね。

もちろん松の実さんも心が癒やされたことでしょう。
茶々ちゃん本当にいつものように眠っているみたいです。
亡くなってしばらくすると本当に穏やかなお顔になるんですよね‥

お骨は松の実さんの納得のいくまで側に置いてよいと思います。
私なんて四年経ちますがまだ家にありますから。
多分、私が生きてる間は離せないと思います。
桜ママ |  2013.01.09(水) 10:00 | URL |  【編集】

茶々君のはからいですね

霊園の対応って、本当に大きいですよね
先代のことを重ね合わせて
毎日ブログを読むのが日課でした
素晴らしい女性スタッフさんですね
これも茶々君の
心優しいはからいでしょう
茶々君の亡くなってから
何度もコメント書いたんですけど
時間かけて沢山書き過ぎて
送信するときにはエラーが出て送れませんでした
なにやってんだか・・・
ふらっしゅまま |  2013.01.09(水) 10:32 | URL |  【編集】

たたこさんの存在、大きいですね。
心強かったですね。

松の実さん、私もきっと、一人で向かったと思います。
最後のお別れまでは、本当に短い時間しかないから、いっぱい言葉をかけ、じっと見届けたいと思います。

対応も素晴らしいペット霊園ですね。

実は、私もイザという時のために、トドのを探し始めています。
ペット霊園なるところがありますが、全く違うんです。
個々にお骨にしてくれるところはなく、1週間後に取りに来るですって。

混載焼ですよ。
どのように、それが自分の愛犬なのか。。。
神のみぞ知るですよね。

サイトを見ても、オプションの金額が大きく書いてあって、サービスについては分かりません。

トドには失礼ですが、これからの霊園探し、今の最大の課題です。
絶対にクリスマス休暇、その他の休暇はお休みでしょう。または、金額倍額だと思います。

茶々ちゃんのイメージ、ゴージャスで優しい、可憐なチューリップさんと一緒でしたね。
とても心地良さそうですよね。

お顔を見る限り、お目目を閉じて、寝ているようです。
本当に安らかだったんだなと確信しました。

トドまま、今日はまた、涙がカム バック。

松の実さん、私もきっと、一生ね、「どうして、
ここにあの人がいないのだ~」って自問が続くと思います。
そうやって、悲しみが和らいでいくのかなって
思うんですよ。

茶々ちゃんの大あくびで、ちょっとニッコリできました。

じゃ、茶々ちゃん、トドままも大あくびしてるから、寝るね。
お休みなさい。

トドまま |  2013.01.09(水) 12:02 | URL |  【編集】

霊園のスタッフさん、コロやジジの火葬の時もステキな人たちでした。
コロが発作を起こしたときから、もしもの時はと調べていました。
でも、先にジジがお世話になってしまいましたが…

ジジの時も、コロの時も、最期の感覚や姿、心境、空気…今も鮮明に覚えています。

茶々さんのことも、松の実さん、きっと鮮明に残っているかと思います。
でも、それってきっと、これからも魂ではつながってるって事なんだなと、今は思います。

お母さまも、茶々さんも、そして松の実さんも
みんなつながっています。いつも一緒です。
ただ、その感触として存在しないだけで。

でも、いちばん深くつながっていますよ。

可愛いピンクのチューリップと一緒に
ひとあし先に、春を感じてる茶々さんですね。
とても穏やかで幸せな寝顔でお引っ越しでしたね。
コロたす |  2013.01.09(水) 12:57 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2013.01.09(水) 14:42 |  |  【編集】

コメントありがとうございます

BOSS母さんへ
いつも母のお墓参りに行く時、
横目で「やはりここかな~」と見ていた霊園です。
とりあえず私が生きている間は
家のお墓と茶々とを一度にお参りができると思っています。
偶然、茶々の実家が教えてくれたのも
たたこさんがももちゃんでお世話になったのも
こちらでした。
人よりずーと良い対応でした。
by松の実


Leeさんへ
私も正月休みにはいる前から不安で・・
亡くなった日と霊園によっては
玄関などの寒いところにおいておいてくださいと
言われるケースもあるようです。
とても良い所で本当に安心しました。
そして、つくづく無理してでも
2日にお骨にして良かったです。
そうでなければ父の件で、
いったいいつになってしまったか・・・
by 松の実


コナツさんへ
釧路はまだそういった業者さんがないかと思われます。
最近はぼちぼちと増えてきているそうですね、
ペット一緒に入れるお墓が・・・・
我が家のお墓はそのタイプではなく
入れるのは人だけなんです~
なのでせめて距離的に違いところで
助かりました。
by松の実


さくぴょんさんへ
あら~愛の告白でしょうか?
もう茶々はあちらに行ってしまいましたしね・・・・
やはり茶々にはチューリップかな?と
思いました。
これが夏だったらお庭の花を入れてあげられたんですけどね。
買ってきた花でがまんしてもらいました。
二人っきりのドライブ、楽しかったですよ。
路面状況が悪かったのですが
茶々がなんとかしてくれると、思っていました
by 松の実


ぽんずさんへ
そうですね・・・冷静なつもりでしたが、
家をでる瞬間「さ~茶々行こうか」と言った自分の言葉に
愕然となって感情がこみ上げてきました。
茶々はこの家とともに生きたものですから・・・
この家に住んで20年、最初に母がいなくなり
今茶々がいなくなり・・・
by 松の実



のんこさんへ
私は茶々と二人っきりで、最後のドライブができて
良かったと思っています。
若いころ、両親と茶々とで車で5分の
公園に行きました。
窓を開けて、身を乗り出し風を感じている茶々の姿、
年取ってから、病院は嫌じゃ~とギャンギャン言っていた姿、
どれも懐かしいです。
by 松の実


姫さんへ
連日のマイナス20度・・・
そして青空、釧路の冬ですね。
子供の頃の冬を思い出す今年の冷え込みです。
茶々は生まれたところも「ワンコ命!」の
素晴らしいところで生まれたのですが、
最後の最後も良い所でお空に向かえました。
by 松の実


michikoさんへ
そのあたりはわかりませんが、
あの女性スタッフさんが素晴らしいのは確かです。
一緒にいて緊張感を与えない人って羨ましいです。
私はどちらかというとその反対なのです。
今日も寒~い釧路です。
by 松の実


emihanaさんへ
そうなんですよね~
押し付けがましくない、かと言って冷たくならずに
人の心に寄り添う方、そういう天性の才能を
お持ちの方っていらっしゃいますよね。
もちろん、色々な経験を積むうちに
ソレができる方もいらっしゃいます
私はそれがどちらかと言うと苦手なので
羨ましいと心から思いました。
茶々「じゃ~ねっ」って言っているようですよね。
by 松の実


もーちゃんさんへ
最後の顔をご覧いただき有り難うございます。
それがですね・・・茶々、実は目は開いているんですよ。
父が一度閉じさせたのですが、
だんだん開いてきちゃって・・・
私は茶々が開けていたければ
そのままで良いじゃないと思っていました。
「茶々の目、閉じてあげたから」と
わざわざ言う父が正直鬱陶しかったです。
by 松の実


ゆりままさんへ
ひゃ~っ!私のことをおもってくださり
ありがとうございます。
何故、ホッとしたんでしょうね・・・
ホッとしたのもつかの間
この半日後、父がドデ~ンとひっくり返ってくれるわけです。
茶々が何が何でも2日中に御骨に!と
させたのでしょうか?
by 松の実


ボビーままさんへ
ここ数年の釧路としてはめずらしく
ここ数日最低気温がマイナス20度近くまで
下がっています。
そして青空です。
私の子供時代の冬のようです。
茶々、可愛い寝顔ですよね!
この霊園は良かった。
ヒトの火葬場も見習って欲しいです。
寝ています、食べています、飲んでいます。
ぼーっとしています。
でもぼーっとしているのは以前からです。
by 松の実


桜ママさんへ
まだ茶々が旅立つという心配が要らないくらい昔に
何気なく拝見したワンコのHPに
最後の最後、火葬場があまりにも侘しく汚く、
こんなところで愛するワンコを焼かなくては逝けないのか、
情けなくなったと書かれていたのです。
こんな事ならちゃんと調べておけば良かったと後悔されていました。
そうならずに済んで、ヒトより遥かに丁寧で温かみのあるところで
本当に良かったです。
満足しています。
私は独り身なので、少なくとも私がしっかりしているウチに
茶々をこの世での最終地に移して上げるつもりです。
by 松の実
松の実 |  2013.01.09(水) 15:22 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ふらっしゅままさんへ
お久しぶりです。
茶々を応援ありがとうございました。
何かふらっしゅっままさん、いつもと文体が違いますね・・・
最後の最後も良い所に巡りあえて感謝しています。
ダメ飼い主でしたが、
茶々に罪はなく、茶々はいっぱい一緒に暮らす人間のために
頑張ってくれたので、神様がその一緒に暮らす人間にも
心優しくしてくれたのかもしれません。
あのエラーって何か理由があってでるのでしょうか?
私も出ることがあります。
いつも「コレ私のブログなのに、エラー?」って憤慨しています。
by 松の実



トドままさんへ
私も準備が良い方だと思っていますが
トドままさんも準備が良いですね~
トドさんはまだまだ若いから調べておくにこしたことは
ありませんが、ゆっくり~で良いと思います。
ああ、でも具合悪くなってから調べるのは嫌だ~という方もいらっしゃいますね。
ちなみに茶々は26000円でした。
この中に骨壷とカバー?が含まれています。
ワンコの大きさでかかる料金も違うようです。
相場がどのくらいがわかりませんが、
正月2日に開けていただいてこの金額は
安いと思いました。
家に帰ってきて、私と同じ息をして
抱きしめるものがいないというのは
とても手持ち無沙汰です。
by 松の実


コロたすさんへ
最後の最後にがっくりしたくありませんから、
やはり調べおくことは重要ですね。
私もたたこさんが同じ所を使っていたので
迷うことはなかったです。
いっぱいお留守番もさせて、
寂しい思いもさせたけど、
最後の瞬間からお空に上るまでは
ずーっと一緒でしたし、二人っきりでした。
茶々との時間を噛み締めることができて
良かったです。
いつか又茶々に会えると信じています。
by 松の実
松の実 |  2013.01.09(水) 15:57 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

鍵コメさんへ
昨日も鍵コメで同じようなことを
後悔されている方いらっしゃいました。
私は先生のおっしゃった言葉に賛成です。
以前、茶々がもうずーとシャンプーしていなくて
くっちゃくって~と書いたら、
「洗ってはいけません」「絶対シャンプーしてはダメです」と
シャンプーして一緒に暮らしたワンコの死期を早めたと
後悔している方からコメントをいただきました。
シャンプーは老犬の体力を消耗させるとわかっていても
その時シャンプーしたのは、そのワンコ自身が
「洗って欲しい」「きれいにしてほしい」と何らかの方法で
飼い主に訴えたのでは?と信じています。
なので、鍵コメさんのワンコも
同じように「飲みたかった」し「美味しかった」んだと思います。
神がかり的なこと、超自然的なことにはあまり興味もありませんし、
信じているわけでもありませんが、
今回、茶々の旅立ちを目にして、
これは一緒に暮らしたワンコと飼い主だけが
分かり合える何らかの方法でこの1週間の物事が
セットされていたんだと考えています。
普段の私であれば、わざわざ正月2日に私のためだけに
霊園を開けてもらうことは遠慮していたと思います。
(そこまで図々しい人間ではないつもりです。)
翌日は普通どおりに対応していだけるのがわかっているのですから・・・
でも、結果的に茶々を御骨にしていただき、
翌朝、父が倒れた。。。と(笑)
あの時茶々を焼いていなければ・・・
私は全く何の余裕もなく、まいっていたことでしょう。
色々後悔はありますが、最後まで一緒にいられたことを
もっと良い方に考えても良いかなと思う私は
自分に対して甘すぎでしょうか?
by 松の実
松の実 |  2013.01.09(水) 16:12 | URL |  【編集】

引き続き茶々ちゃんの最期の事をお知らせ下さってありがとうございます。

茶々ちゃん、普段と変わらないようで…ホントにネンネしてるみたいです。

ペット霊園の女性スタッフさんも素晴らしい方で~良かったです!

そして何よりもたたこさんが色々と助けて下さり感謝感激でしたね。

松の実さん今日はお休みでしたか。自宅にお独りだとやはり自然と涙涙でしょう。
どうか少しずつ前進されて下さいね!

ゴン太 |  2013.01.09(水) 16:20 | URL |  【編集】

こんばんは。

茶々ちゃんが虹の橋を渡ってから、父が亡くなる前から亡くなって、その後の頃を思い出しています。

茶々ちゃんがお母さんが眠っているそばにいられると聞いて、何だかものすご~くホッとして温かくなりました。

松の実さん、体調管理大丈夫ですか?私の様に皮下脂肪なさそうなので、お気を付けくださいませ。

追伸…私も黙っているだけでこわ~~~く見られるので、居るだけで安心させられる人って羨ましいです。
ある意味若い時より怖さ倍増しているかも…。
two leaves |  2013.01.09(水) 18:08 | URL |  【編集】

お久しぶりです。
今日はモモの月命日で、どうしても気になって久しぶりにこちらにお邪魔しました。
茶々さん、虹の橋に旅立たれたのですね。
茶々さん本当によく頑張りましたね。
松の実さんもね。



スマイル |  2013.01.09(水) 18:20 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ゴン太さんへ
地元には友人といえる人はいない私です。
茶々つながりでたたこさんとお知り合いになれて
色々と助けていただきました。
心より感謝しております。
そうですね・・・お家にいると確かに茶々のいない寂しさを感じ、
茶々のことを考えてしまいます・・・
ただ、1週間経って私も少しは落ち着いたので
もう少し茶々への思いに浸っていたいな~と思うと
父の病院に行く時間だったりします。
そして病院では父の弾丸トーク・・・・
父の頭は自分のことだけでいっぱいっぱいで
病院生活を楽しみ?茶々のことなどこれっぽちもないようです。
で、私はまた気が滅入るわけです。
by 松の実


two leavesさんへ
え~っ!two leavesさんのほうが骨と皮だけでしょう?
私は健康診断後、正月に入る前はなんとか体重を維持していたのですが、
この1週間ですっかり肉とお水を体につけました。
忙しさにかまけてそれほど食べていないとおもっても
たまに口にいれる高カロリーのものがよくないようですね。
そうそう、私もどちらかというと人に緊張感を与えるタイプ!
two leavesさんは美人なのもちょっと近寄りがたいというか
邪魔しちゃいけないような雰囲気を醸し出していましたよね。
by 松の実



スマイルさんへ
長い間、茶々の応援をありがとうございました。
茶々はほんとうによく頑張ったと思います。
私は茶々に介護されていたんだな~と
気が付きました。
今日はモモちゃんの月命日の宴会でしょうか?
by 松の実
松の実 |  2013.01.09(水) 19:33 | URL |  【編集】

松の実さん
そして、茶々ちゃん。

こんばんは。

松の実さんの日記、
拝見いたしました。

茶々ちゃん、素敵な松の実さんがいてくれて
安心して旅に出発できたでしょ。
頑張って、頑張って
頑張った茶々ちゃんに大きな拍手はもちろんだけれど
茶々ちゃんを想う松の実さんの
大きな愛が伝わってきました。
松の実さんにも、大きな拍手です。

茶々ちゃんを想う松の実さん
松の実さんを想う茶々ちゃん。
お2人の相思相愛で、誰も入りこむことのできない素晴らしい関係。
頭がさがりっぱなしのルビーです。

松の実さん、
素敵な愛をありがとう。
そして、茶々ちゃん。
可愛い可愛い大きな愛を、ありがとう。

ジュンちゃんを通して
茶々ちゃんと松の実さんに出会えたこと。
改めて、とても幸せです。
これからも、時々の茶々ちゃんの日記。
楽しみにしていますね。
(まだ言ってます。。。あきらめの悪いルビーですから)

~霊園のスタッフさん、素敵ですね。
温かいです。
札幌の、ある霊園は動物=お金と思って
経営しているところが、本当にあります。
最近、その酷い話ばかり聞いていたので
こんなに飼い主さんとワンコちゃんを想う霊園が、スタッフさんがいるんだと
知って、感激しました。
でも、私も思います。
松の実さんと茶々ちゃんの温かさが
スタッフさんに伝わっていたんでしょう。
茶々ちゃん、これからもルビーは茶々ちゃんが大好きですよ。
ルビー |  2013.01.09(水) 21:29 | URL |  【編集】

茶々さんのチューリップとの写真、いつものようにねんねしているみたいですね。

霊園の方の対応が良くて本当に良かった!
それにおうちのお墓とお向かいなんて、いいですね。「つるい」にあるようですから、霊園の上にタンチョウヅルさんが飛んでいたりすることもあるのでしょうか?

私はチップの見送りは一人では行かれませんでした。夫の運転で、兄嫁にもついてきてもらったんですよ。

火葬にしてもらったお寺は実家の近くで、子ども達が小さい頃には毎年初詣に行ったところなので、親しみがありました。
チップより5ヶ月ほど前に亡くなった兄のところのわんこがそこで火葬にして、とても良い対応だったと聞き、パンフレットももらってありました。
やはり、そのときが来たら、最良の旅立ちをさせてあげたいと思っていたので・・・
遺骨はどうしようか決断出来ず、まだリビングにいます。(兄のところもです)

お父様の弾丸トークは、松の実さんへの気遣いではないんですか~?
チップママ |  2013.01.09(水) 22:50 | URL |  【編集】


茶々チャン、たたこサンやご実家のご縁で本当に良かったですね。

お休みにも関わらず心のこもった応対、場合が場合なだけにお姉さんのお心遣いが嬉しかった事でしょうね。

きっと、頑張った松の実サンと茶々チャンに天国のお母さんからの粋な計らいでしょう!!

茶々チャン、本当に眠ってるみたい…きっとお空でもお花畑をパトロールして号令かけてるかな!?


私は文太が旅立つ2年位前から良心的に火葬してくれる所を探し始め、市営で火葬してくれる所でお願いしました。

綺麗な装飾も無く質素な所でしたが火葬に立ち会う事も出来、収骨も出来て応対してくれたおじさんもとても親切な方でした。

火葬の時間も私の気持ちが落ち着くまで時間を気にする事無く待って下さいました。


茶々チャン、文太がタキシード着たら一緒にベル薔薇ごっこしてくれるかな!?(笑)
ブンタ |  2013.01.09(水) 23:02 | URL |  【編集】

こんばんわ。
最後の茶々さんに、さようならっと合掌が出来、良かったです!
最後までキレイな茶々さん。いつものよう眠ってるみたい。白雪姫のよう。
(目、閉じてるように見えます。開いたまま逝くのは、この世に未練がある・・と言ったりしません?接着剤で・・とういう人間さんもおられるようで。だから、茶々のとき、気になって!
筋力低下?脳の異常?痩せたために眼球が落ち込み、まぶたが自然に開きやすくなった?よく分からないですが、最後の方の自然なお顔の茶々。。
見つめているような視線は、忘れないで欲しい・・とか、見守ってるからね・・と勝手な解釈しました。)
火葬は立ち会いですか?
真心のこもった所で、丁寧な火葬ができましたね。茶々さんも、大満足だね~♪
鶴菊 |  2013.01.09(水) 23:05 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ルビーさんへ
ペット霊園は大事ですよね。
最後の最後に「こんなところで・・」とは思いたくないです。
釧路はまだ数が多くないと思うので
選択もあまりないのですが、
札幌あたりは結構な数がありませんか?
良くないところは淘汰されていくと思います。
私が利用したところは
全く異業種の親会社があるということでしたが
ペット霊園だけで経営ってきびしくないでしょうか?
釧路あたりだとウチのBOSS1のように
お庭に埋める~という選択もまだまだありですから~
毎日寒いですね~
by 松の実



チップママさんへ
お寺で火葬してくださるのですか?
ちょっと不思議~と思ってしまいましたが
結構一般的なことでしょうか?
将来茶々の骨が行く事になる霊園は
おっしゃるように鶴居にありますから
タンチョウが供養塔のある丘の上を
飛ぶこともありますね。
私はなるべく私自身が元気でしっかりしているちに
茶々の御骨を最終地に移してあげたいです。
今、漠然と思うのは1年後なんですが・・・
by 松の実



ブンタさんへ
ペットのためだけの市営の火葬場なのでしょうか?
それは進んでいますね!
建物は質素でも清潔であれば良いですよ。
母が亡くなった時はまだ釧路の火葬場が古い頃で
なんとも暗く惨めな気持ちになりました。
火葬場って釧路市民なら必ず一度は使うところなのだから
もっとお金をかけてちょうだい、と思っていました。
今は、釧路市もバ~ンと立派な火葬場となったそうです。
最後の場所は大事ですよね。
ベルばらごっこはタキシードではないんですよ~
18世紀フランスの軍服か貴族の礼服か・・・?
ワンコ達そのままでもコロコロと楽しくやっていますね。
by 松の実


鶴菊さんへ
白雪姫って王子様が来ると毒リンゴの毒が
解毒されるんでしたっけ?
眠れる森の美女は王子様のキスで眠りから覚める?
茶々は目は開いていましたよ~
なのでなおさらいつものように
ただおひるねというか佇んでいるように見えました。
ブンタさんのコメントでも考えたのですが、
「立ち会い」の火葬って
いわゆるヒトと同じパターンのことでしょうか?
ブーってお釜に入っていくのを見送って
別室で焼き上がりを待つスタイル?
茶々と私はコレでした。
当初1時間15分くらいと言われたのが
茶々はものの30分で焼きあがりました。
早く終わって良かったです。
お姉さんも早くに帰れるし~って思いましたよ。
by 松の実
松の実 |  2013.01.09(水) 23:48 | URL |  【編集】

たたこさん、風邪は良くなられたでしょうか?

お家を出る茶々さんの画像、いつものように
ちょっとチャームポイントの八重歯がきらりと光っていますね?
上手く文字にして伝えるのがヘタで申し訳ないのですが、
『何故かその日のうちに御骨にしてしまいたかったのです。』と
思われたのはやはり茶々さんによって松の実さんは動かされたように感じますし、
松の実さんはそのことを自分の思いとして自然に動かれたような気がします。
最後の最後まで息がぴったりでとても微笑ましく羨ましいです。

祖父が亡くなったのは私が小学2年の時でした。
恐ろしいほどのオンボロ火葬場でお骨を上げる時、
ひとかけらのお骨が床に落ちました。
すると職員がサッと箒と塵取りで片付けてしまい、
母はとても憤慨して猛抗議していました。
今は市が誇る立派な超近代施設となって、スタッフの方も
とても教育が生き届いているように感じました。
それもそのはず運営は民間の業者さんですからね。
人も動物も同じ命ですから、愛しい命として
対応して下さった女性スタッフさんに感謝ですね。

火葬場って絶対に必要な施設なのにいざ建て替え等になると
近隣住民の猛反発にあうことが多いとテレビで放送していました。
自分も含め人間って勝手ですね。

松の実さん、もう立派な老犬介護の大先輩ですね。
これからもご指導宜しくお願い致します。

ハイジ |  2013.01.10(木) 20:27 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます

ハイジさんへ
茶々のきらりん~可愛いでしょう?
私も叔父の時、似たような経験をしました。
叔父は骨格が立派なヒトで、
頭も大きかった。
で、骨になってもやっぱり大きかったのです。
その骨を壺に入れる時、いきなりスタッフの方が
箸でガシガシと親の敵を取るような勢いで
割りはじめたんです。
皆、目がテンでした。
で、茶々も、体の骨はやはり弱っていたのでしょう、
ボロボロでしたが頭はしっかりきれいに残りました。
あの素晴らしい女性スタッフさんが、
「茶々ちゃん、頭がきれいに残りまして
このままの形ですと大きな壺になってしまうのですが・・・」
とおっしゃいました。
私はもちろん、ガシガシと小さくしてくださいってお願いしました。
結果は一緒でも一言あるかどうかで全くこちらの思いはちがいますよね。
たたこさん、どうしたでしょう?
熱でウンウン唸っていたらどうしよう・・・
by 松の実
松の実 |  2013.01.10(木) 22:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |