2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.02.05 (Sun)

東北海道は美しくワンコは可愛い

こんばんわ。
立春は過ぎたそうですが、
厳しい冷え込みが続く釧路です。

イタリア雑誌記者の同行は無事に終了いたしました。

道央大雪のためJRが動かず、一列車遅れての釧路入りとなり、
予定していたスケジュールをカットする羽目になりましたが、
ギリギリで世界三大夕日の一つと言われる「釧路の夕陽」には間に合いました。

DSC_3799.jpg

完全に落ちてしまう寸前、雲の隙間から太陽が顔を出してくれました。
「北海道入りしてから、ニセコ、登別と雪降りばかりで太陽を見ていないの!」
と、こんな隙間からの太陽でもたいそう喜んでくれました。

DSC_3801.jpg

夕陽鑑賞スポットの幣舞橋は、
中国、台湾、香港のお客様で大混雑。
(真冬の釧路でこの橋にこれだけの人が
たむろしているのは混雑と言ってよいと思います)

釧路以外の訪問地では、すべてホテル内の夕食となっているそうで、
(彼らは関係機関に取材のためのサポートを求めたので、スポンサーによって
宿泊先や飲食の場所が限定されるのです)
釧路では、せめて釧路らしいもの、又、街の雰囲気を少しでも感じていただくために、
外に出てのお夕食としました。

DSC_3805.jpg

お連れしたのは、私のお気に入りの「炉ばた しら〇ば」です。
本業はフードライターだというお二人、流石でした。
勧められるものは、何でも食べてみたいし、
何が入っているのかわからないと、必ず何が入っているのか?
味付けは何をベースにしているのか?等と質問してくるのは当然としても、
このお店の食材のグレードの高さをその舌で理解したらしく、
日本には何度となく来ているが、こんなに新鮮で、しかも美味しいお刺身は初めて食べた、と大絶賛。
女将の出す料理すべてに関心を持ちそして感心して、
「女将は料理人を超えた芸術家だね~」と、
お世辞なのか本音なのかわからないコメントをしておりました。

日本酒も女将が勧めるまま、いったい何種類飲んだでしょか?
全部釧路の地酒福司のものですが、
男性のフードライターは、この時期限定の「しぼりたて」が一番お気に入り。
女性は一番辛口の「北輝光」が一番と言ってました。
私はこの女性と好みが一緒のようです。
「しぼりたて」は味わいが複雑すぎて(味が統一されていないような)、
私は苦手なのです。
シンプルにすっきりした味わいが飲みやすく美味しいと感じるのです。

翌朝は、釧路湿原釧路川下りです。
朝はマイナス23度まで下がった釧路湿原の中。
我々がカヌー体験中もマイナス18度だったそうです。

DSC_3829.jpg

「冷え込みが厳しければ厳しいほど美しい」という東北海道の冬の定説どおり、
寒さを忘れる美しさ!!!
冷え込みのおかげでけあらしが発生して、
川岸は霧氷、霧氷、霧氷・・・・
時間が経つにつれ、けあらしは消えて、
霧氷は音もなくさらさらと頭上に降ってきます。

DSC_3817.jpg

川面に張った氷にはフロストフラワーが咲いています。

DSC_3812.jpg

私の未熟なカメラワークではその美しさを捉えられず残念。

冬のカヌーは2回目の私も、あまりにも厳かで幻想的でこの世のものとは思えない美しさの中で、
いつまでもいつまでもカヌーで漂っていたいと思うほどでした。

DSC_3855.jpg

私の担当は、この阿寒国際ツルセンターまで。
しっかり丹頂も見て、大満足で、阿寒湖に向かいました。
その後も、お天気に恵まれ、彼らが希望したものはすべてカメラに収めることができたようです。
今日、東北海道の最終日では、網走で流氷もバッチリだったようです。
(Y課長、空の上で頑張ってくれたかな?)
イタリアでは3年ほど前から日本旅行がブームとなっているそうですが、
東京、京都、奈良、大阪のいわゆるゴールデンルートがメインで、
「北海道」の認知度はまだまだ低いそうです。
彼らの記事に期待しましょう。

ohisasibridesu.jpg

お久しぶりのリョウ君です。
寒くなってからお家の玄関に入れてもらっていたようで、
全然会えなかったリョウ君。

DSC_3862.jpg

なでなでし放題~グイグイ身を寄せてくれてなんとも可愛い~~
東北海道はワンコも可愛い!

明日から数年ぶりに関東へ出張です。
立春が過ぎましたが、東京近郊の皆様、
まだ冬のオーバーコートを着ていらっしゃいますよね?
まさか「もう春よ~スプリングコートよ~」なんてことはないですよね?



21:29  |  その他  |  コメント(11)

2017.02.01 (Wed)

お別れ二つ

こんばんわ。
松の実です。
2月です。
雪がしんしんと降っています。

中国大陸はじめアジア各国では、春節休暇の中、
皆さんの街でも海外からの観光客であふれているのではないでしょうか?



ありがたりことに北海道の端っこの釧路にもたくさんお越しいただき、
先日の「SL冬の湿原号」運行開始日にも、
中国大陸、香港、台湾のお客様が大勢乗車されていました。
ある中国大陸からの若いカップルは大阪に入って北海道に渡り、
合計11日間の旅だそうです。とても楽しんでいる~とコメントをくださいました。

私は、ここのところお別れが続き、少々落ち込み気味です。


mabusii.jpg

普段のお買い物は、某イトー〇ーカドーを利用することが多い私です。
ハイジさんが愛してやまない「イ〇ン」のほうが徒歩圏内なのですが、
私にとっての品揃えの良さと某イトー〇ーカドーのM店長の頑張りに応えたくって
車を転がして毎週通っています。
M店長は釧路産のサバを初めとする海産物や、
東北海道産の食材、お菓子類などを高く評価してくださり、
全国展開するチェーン店にもかかわらず、スーパーコーナーには
「店長おすすめ!」のポップとともに地元産の製品をどこよりも豊富においています。
そのバリエーションは観光施設である「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」や「和商市場」よりも
多いかもしれません。

<DSC_3619.jpg

鮮魚コーナーでは、釧路港産のものには、オリジナルのシールが貼られてます。
地元企業でもここまでしてくれるところはそうそうありません。


そのM店長が東京へ移動となってしまいました。
とてもとても残念で寂しく、又、この店長の奮闘に
我々釧路市民、私のような関係者は十分に応えることができたのか?と
自問するこの頃です。

安売りのババシャツを見ている時(私は釧路ではめったにババシャツは来ませんが、
台北や香港の出張には必ず持っていきます)、バーゲンのストッキングを選んでいるときに限って、
何故かM店長に見つかり「松の実さん!お世話になっております。今度〇〇の企画を
考えました。又よろしくお願いします」などど声をかけていただいていました。
いつも、ババシャツやストッキングを持ちながら、「店長~もう少し違うものを見ているときに
声をかけてください~」と呟き、最近は店長が回りにいないのを確認してから、
素早く買うようにしておりましたが、この次からはゆっくり選んでも声はかからないのですね。

M店長はご栄転ですから、あきらめもつきますが、
どう考えても理不尽、神様を恨みたくなるのが、
3日前の朝に飛び込んできた訃報でした。


DSC_3373.jpg

11月の上海の出張をご一緒した網走市役所のYさんが47歳の若さで急逝されたというのです。
とても優秀で、出世も早かったYさん。
仕事に対する姿勢も真摯且つ的確に動ける頭の良い方でした。
上海の出張もとても有意義だった、又来年一緒に行きましょう、と、お約束したのに・・・・

猫派のYさん。
もちろんお家にはニャンコがいて、家族全員猫派で、
文字通り猫かわいがり。
中学3年生のお嬢さんの3者面談で、お嬢さんが「将来に猫に関係することがしたいです」と
おっしゃって、担任もYさんも「猫に関係する・・・・て。獣医とかトリマーとか言うのならまだしも」と、
苦笑いしかありませんでした・・・と。
「ウチの娘、なんだか子供というか幼いですよね~」と困ったふりをしつつ、
ウチの娘可愛いんです~と言っていたYさん。

これからまだまだ彼がやるべき仕事も山ほどあり、
守るべき家族もあるYさんがどうして逝かなきゃいけないのか?

網走の観光推進に尽力し、これからもするはずだったYさんが
あちらに行って引っ張ってきたのでしょうか?
昨日、網走にこの冬初の流氷が観測できたとニュースになっていました。

00015_l.jpg

網走の本格的冬観光の幕開けです。

私もまだ、流氷観測船から流氷を眺めたことはありません。

皆さま、機会がありましたら、釧路にお越しの際は、
網走まで足を延ばしてみてくださいませ。

CIMG0902.jpg

明日、明後日と又ご案内の仕事に就きます。
イタリアからのお客様です。
釧路、阿寒湖、弟子屈、網走と冬の東北海道の取材の旅です。
網走では、Yさんがきっと良い取材ができるように計らってくださるでしょう。

DSC_3795.jpg

イタリアからのお客様、明日以降この東北海道をレンタカーで周るというのですが、
大丈夫でしょうか?
ハンドルが逆な上にこのアイスバーンです。
明日、明後日は私が自分の車で先導するのですが、
正直それも心配~~~~~不安・・・・・・

ではでは、無事終了のご報告ができますように!

23:00  |  その他  |  コメント(8)

2017.01.26 (Thu)

雨はイヤーッ!!!

こんばんわ。
松の実です。
生きています。
今日、道央のある方からブログを更新しないのか?
ものすごく忙しいのか?とお問合せをいただきましたが、
決してブログが書けないほど忙しかったわけではありません。
何というか、ただ息をしながら現実逃避をしていたというか。

futta.jpg

今年の冬は、雪が多いです、寒いです、美しいです、
これぞ東北海道を感じさせてくれる毎日です。
まだ3度ほどしかまとまった雪は降っていないと思うのですが、
なんせ、冷え込みが厳しいので、溶けていきません。
庭の雪もこんなになってしまいました。

今朝はマイナス19度でした。

霜と雪のはな

職場前の松には雪と樹氷の花が咲き、

いつかのフロントガラス

私の車のフロントガラスにも氷の花、
フロストフラワーの基の花が咲きます。

DSC_3758.jpg

ここまで冷え込むと蓮の葉氷も厚く張り、
お昼になっても溶けません。
氷の上で鴨が日向ぼっこしていました。

どこの飛行機

どこまでも青い空に飛行機雲がくっきりと描かれます。

あまりにも寒くて太陽が出ている日は、
外にでてもすぐに「寒い!」とは感じません。

今日、私は、午後2時から一時間ほど外回りをしましたが、
寒いとは感じないままに事務所に戻りました。
事務所に戻って30分ほどしてから、歯が痛くなり、
体の中から冷気を感じました。
正しい釧路の冷え込みです。

私は、このような冬の毎日を心から愛するのですが、
なのになのに、明日の天気予報は☂☂☂
☂だけは勘弁です。
せっかく白で覆われて汚いものも隠してくれているのに、
積もった雪が☂で灰色になり茶色になり、
道路はぐちゃぐちゃのズルズルのヌルヌルになり、
現在の圧雪アイスバーンより遥かにブレーキの利かない、
ハンドル操作の制御ができない状態になります。
降るのなら雪❄⛄でお願いします。

もうちょっと多い

ね~茶々、茶々も雪のほうが良いよね?



現実逃避で、台北に行ってました。
今回は、梅の花が見られることを期待していたのですが、
私が行くまでの台北は半袖で過ごすほど温かったそうです。
梅って一度気温が下がらないと咲かないそうですね。
で、梅の花は見られず。
北海道から私が寒気団を運んだようで、
到着した翌日から寒くなりました。

DSC_3641.jpg

何も紹介せずとも、台北帰りのご報告に
このワンコは欠かせないと思いまして。

一日目より寒くなった2日目。
ワンコの寒さ対策も上も下もしっかりとしていました。
もちろん、毛布の下には一日目と同じ洋服が着せられていました。

本州各地も大雪だったり冷え込みが厳しかったりのようですね。
風邪などひかないようにお気を付けくださいませ。


そうそう、もうすぐ過年です、春節です。
新年快楽!
万事如意!


20:59  |  東北海道  |  コメント(12)

2017.01.07 (Sat)

今年もどうぞよろしくお願いいたします

こんばんわ。松の実です。
あっという間にお正月休みも終了し、
今さらではございますが、「今年もどうぞよろしくお願い致します」

お正月はいかがお過ごしでしたか?
私は、完全に飲んだくれておりました。
(でも、太陽さんがあるうちはいただいておりません)

nondakure.jpg

1日2日は家から一歩もでることなく、
(庭のすずめさんにエサを撒くときだけ外に出ました)
食べて、読んで、見てを繰り返し、
あっという間に夕方になり、詰めたお重を並べるという2日間でございました。

ozouni.jpg

私の人生の記憶が始まっている頃から我が家では、
3人しかいないのに朝食は、
各自が好きなものを好きな時に食べてきています。
父はずーっと、少なくとも50数年間トースト、牛乳、野菜を、
自分で用意して自分で食べていますし、
私はここ数年、バナナとヨーグルトとコーヒーという朝食です。
ただし、母がいる頃から元日だけは、
「お雑煮」を揃っていただきます。
母も茶々もいなくなり、たった二人ですが、お雑煮だけはいただきました。

これがお雑煮~?という愛想のないものですが、
取りあえず「食べる」ということに意義がありますので(あるか?)
もくもくといただきました。

3日後半からお天気が崩れ、
4日は雪が降りました。

isshinnfuran.jpg

庭のすずめさんのためのエサですが、
今年は毎日ハトとカラスもやってきます。
ハトも生きる為に必死なんですね。

待っている

でも、ハトが食べている間、
スズメさんたちはこうやって電線に止まってずーっと待っているんです。
仲良く一緒に食べてくれると良いんですけどね。
スズメさんが食べている時はハトはお構いなしにやってきて、
この間はハトがスズメさんを威嚇しているのを見てしまい、
仕方がない事とは言え、がっかり。


hanabiramochi.jpg

頂き物の、「はなびら餅」を食べて、お正月は終了しました。

ピリッとしないお正月を過ごすと、
仕事始めもピリッとしませんね。

いつまでもねていたい

いつまでもいつまでも、この茶々のようにくったりと寝ていられたらどんなに幸せでしょう?
贅沢を言うのであれば、茶々の体温感じながら、茶々の寝息を聞きながら。

20:11  |  その他  |  コメント(10)

2016.12.31 (Sat)

2016年大晦日

こんばんわ。
松の実です。
大晦日です。明日はもう新年、2017年、平成29年です。
一つ又トシをとるわけですね。
ただ、時間の流れだけはみんな平等に流れているわけですから、
皆さん、一緒にトシをとりましょう~


aosora taiyou kearashi hasunohakoori

今年の冬は、とっても冬らしくて、良い感じです。
連日、マイナス10度以下が続いて、昨日朝も、
すっきり晴天、青空のもと、釧路川には蓮の葉氷がサラサラと流れ、
けあらしが発生していました。
これぞ私の愛する冬の釧路の朝です。

雪は好き

雪もこのくらい積もって白い世界となっています。

一人忘年会からおじさんおばさん忘年会を終え、
翌日は釧路市で、こだわりの肉牛農家を営むご夫妻との忘年会でした。
繁殖から肉牛として農場を去るまで、輸入飼料を使用せず、放牧と国産穀物のみで
育てているのです。

会場は「オルディネール」、私が思う釧路一美味しいエゾシカ肉がいただけるお店です。

yuruneno.jpg

十勝のユリ根の冷たいポタージュと仙鳳趾の牡蠣。
マスターが、そのまま別々に召し上がっても良いのですが、
是非、牡蠣をスープに入れて食べてみて!とおっしゃいます。
う~ん、ちょっとそれは気持ちが悪い・・・・お腹壊しそう・・・と思いつつ、
素直で小心者の私、アドバイス通り、エイッと牡蠣をドボン~
今まで食べたことのない味、美味しさ。
子供のころ、生ハムとメロンの組み合わせが想像できす、???だったのが、
大人になっていただいて、その美味しさにびっくりしたのと同じ感覚でした。
もう一度食べたい!

絶品エゾシカ

絶品エゾシカ、いつも通り、いつも以上に美味しかった~
この日は、ノンアルコールだったのが悔やまれます。
ブランド肉牛農家のご主人、「イヤ、シカ肉でこの味だされたら、
牛肉の立場がなくなっちゃいますね・・美味しいです」と。
(イエイエ、ご主人のアンガス牛もいつまでもいつまでも食べていたい美味しさでございます)

このエゾシカを年内にもう一度食べたくて、
最後の忘年会もこのお店をリクエストした私。
ご一緒いただいたのは、たまにコメントをくださる「そみさん」でした。

そみさんは、私の地元釧路での数少ないお友達の一人、
そして、心から尊敬している方です。
年下ながら、そして華奢と言うよりは弱弱しくさえ見えるのに、
ワンコニャンコのため、街のため、町内会のため、
大人になってからもう一度勉強したいという方々のために
毎日忙しい日々を送りつつ、自分の勉強もしっかり続けているのです。
「退屈が一番の幸せ」の私とは正反対です。


前菜盛り合わせ

まずは前菜盛り合わせ。
盛り付けも美しく、ニンジンのピクルスの美味しさが印象に残っています。

で、エゾシカです。
エゾシカのローストは、モモ、ロース、ヒレとチョイスでき、
私たちはモモ肉を選びました。

DSC_3584.jpg

エゾシカはちょっと・・・と思っている方に是非、
ここのエゾシカローストを味わっていただきたいです。
エゾシカへのイメージが一変すること間違いなしです。

美味しい数々の忘年会も終わり、
お正月は炊事をしないぞ~という意思表示のための重箱も詰め終わりました。

無題

茶々のいない4度目の新年です。

大切な家族とのお別れのあった方、
新しい家族を迎えた方、
いろいろあった今年もあと3時間です。
新しい年が皆さまにとって素敵な年となりますように!
17:37  |  その他  |  コメント(16)
PREV  | HOME |  NEXT